気まぐれで、MyMapのアイコンを一新しました。
もとのイメージとは、あまり大きく変わっていないと思います。
また、”タイの遺跡でまったり”のページに、遺跡専用マップを追加しました。
探しやすくなったでしょうかね。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.3.09

Wat Phrathat Chang Kam Worawihan / Nan

ワットプーミンから見て交差点の斜向かい…東北側に仏塔が見えています。
まあ、見ての通りまだ7時半前…時間も早いのでよってみましょう。


ここはワットプラタートチャーンカムウォラウィハーン(วัดพระธาตุช้างค้ำวรวิหาร)と言うようで、一応先のワットプーミンと並ぶほどの有名なお寺のようです。
一応第3等級の王室仏教寺院だそうです(Wikiより)。


お堂が2つ並んでいるのですが…こっちが本堂でしょうか…??でも結界石ないや…
ともかく中を覗いてみましょう。


真っ赤な内装とピンクっぽいじゅうたんがかなりタイ人の趣味?を反映しているかのようです。
(タイ人の女の子のピンク色好きは日本人には理解できないぐらいひどいです)


ご本尊様は数m程度ですが、わざわざライトアップされているのも手伝ってなかなかいい感じでしょうか…


周りの壁は先の3寺と同様、壁画が描かれて…いたようですが、今はもうぼろぼろで、何が描いてあるのかすら分からないほどです。
修復とかしないんでしょうか…
というか、ロ○プラによるともともと瞑想の邪魔だって言うんで、漆喰で塗り固めてあったのを除去したらしいので、そのときのダメージがそのままなんでしょうね。


こっちは横並びのもうひとつの方です。
こっちも朝早いというのにバンバンに扉が開いています。


中はと言うと…外観から想像するよりずっと幅が狭いかんじですね。
壁は今までと違い真っ白(表面がフラットじゃないんで模様が見えますが…)。
その奥に、ガラス張りの厨子(なんでしょうか)に収められた立仏があります。
どうもこれが有名?な話の、”白人が買って持ち出そうとし、落としたら中から金の仏像が出てきて…結局売らなかった”と言うちょっとさぎっぽい説話のヤツのようです。
(でもロン○ラだとクディに安置してあるって書いてあるけど…これなのかな?)
金とはいえ、多分純度はそんなに高くないんでしょうね…バンコクのワットトライミットもそうですし。
しかし無用心ですよね~


本堂の裏には、表からも見えていた仏塔があります。
北タイ式の仏塔の様式から外れない程度の、無難なデザインです。
ちょっとだけ基部で支えている象さんは気になるところですが…


境内の奥にはちゃんと簡易タンブーン場所も設置されています。
が、どっちにしろ朝早すぎるのか、お寺の人間以外誰もいません…はぁ。


その横の小さいお堂は…ああ!結界み~っけ!
ってことでこれが本堂のようです。
…なんで本堂だけ扉閉まってんだよ~~


Feb./'09
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
歴史のある第3等級の王室仏教寺院で、曰く付きの黄金仏がある…と言う以外は、ごくごく普通のお寺のようです。
上記二つを取ったら、もう個人的にはほとんどお勧めするところがないぐらいですね。
ただ…ともかくワットプーミンのすぐ側なんで、予定に絡めるのはすごく簡単ですけど。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

18° 46'34.74" N
100° 46'19.88" E


View 変スポ in a larger map

27.3.09

Wat Phumin / Nan

ナーン県で一番有名なお寺…といったら、多分真っ先に名前の出てくると思われるお寺…
このワットプーミン(วัดภูมินทร์)は、先のワットミンムアンからさらに東へ5分ほど…ちょうどナンの県庁所在地中心南側にあります。


正面から見るとこ~んな感じ。
何でも、ここの建物は19世紀に建てられたものらしく、昔1B札の図柄になったこともあるぐらい有名なようです。


正面入り口を近接撮影。
なんで入り口が北を向いているのか…まったく分かりません。
ナーガは写真の見た目よりだいぶでかいです。
ということで早速中へ入りましょう。


早朝ってことで、参拝客はまったくおらず、本堂内を一人独占状態です。
ともかく、これが有名な四面仏陀(って名前かどうか知りませんが)です。
でも、あのムアンボラーンにもこの四面四体像(っていうんでしょうか?)があるらしいです。
しっかし、後で日中にも寄ったんですけど、まったく電気つけてくれないんで、中真っ暗です…


周りの壁一面には、これまた有名(だと思う)な壁画が360度取り囲んでいます。


…絵の意味は良く分かりませんが、上のヤツは、どうも入滅の様子っぽいですね。
もう仏陀の面影あまりありませんけど。


これが、一番有名?な絵です(だって、タイ語ガイドの写真これだけだったし)。
間男の体の刺青は、ビルマの一部の部族の風習らしいです。
こんな感じで、説法だけでなく、当時の私生活などが描かれているようです。


鼻血ブー!
かと思ったら、槍の飾りでした…


こっちは…蛇に人が食われています…
昔はこんなことあったんでしょうか…


な~んて思っていたら…
ああ!地獄ハッケン!(さすがにこの一角だけのようですが)


楽しい楽しい釣堀だ~


こっちは鳥人間でしょうか…
鳥への変化もレベルがあるようで…


人間のごった煮ですね。
何気に踊っているあんちゃんが持っている足…残酷です。


こっちの親爺は…江戸っ子なので多少熱いお風呂も平気なんでしょう。
しかし…この絵をみると、昔見た食人族の映画を思い出しちゃいます…うぇ…


こっちも微妙に、罪を犯した成れの果てのようですね。
少なくとも中央上の人はお稲荷さんが…


もちろんその下も負けじと…
左の…地獄によくいる手がデカイ人…
タイ人団体ツアー様のガイドが、やっぱり手を押さえながら「でっかくなっちゃった~」見たいな事説明していました。
もちろん団体様も笑っていました。
やっぱりこの手の地獄はタイ人にとってあまり戒めになっていないんでしょうね…
こんな親の姿を見たら子供は…やっぱダメダメ負のスパイラルに陥っていますね。


ということで、思いもかけず堪能してしまいましたが…
真の目的はここにあらず!
実は敷地の片隅にこんな微妙なドーム型の建物があるのですが、中には…


ああ、地獄ツリーだ!
他ではなかなか見られない建物内の地獄のため、サイズが小さいのがちと残念です。


水魚のポーズ地獄でしょうか…
何されているかちょっと分かりにくいですが、とりあえず何故か後ろに西洋のドラゴン(龍じゃないでしょう、これ)がいます。
最初カラスかと思ってました。


こっちはお約束の地獄鍋。
他の地獄と違い、何故か同類の○○人間が料理を作っています。
それとも遊んでいるだけ?
そういう目で見ると、なんか鍋の中の人も楽しそう?


こっちは、ウソツキ君の舌を抜いているところでしょうか…
後ろは…バンパイヤのくい打ちでしょうか?
いずれにしろ杭を打っている人はラリっているようです。


こっちにも地獄ツリーが…しかも逆さ貼り付け状態。
でもさっきと同じく定員一名のようです…罪人も執行人も。
って感じでいっぱい地獄があるようですが…


所詮小さなドーム。
全体写してこんなもんです(つまりさっきまでの写真がほぼ全部を網羅しているわけですね)。
なぜ天井にお坊さんが張り付いているのかはまったく不明です。


ちなみにここは閉まっていますが昼間はタンブーングッズ売り場でした。
でも、なんか建物いい感じですね。


Feb./'09
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
まあ、お寺としては有名さの割にはちょっと寂しいかな?って感じを持ちました。
(四面四体像はちょっといいかも)
でも、コンクリ地獄と地獄絵を併せ持っているあたり、なかなかにくい演出です。
ただ…コンクリ像もっといっぱいあったほうが良かったな~
残念です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

18° 46'28.46" N
100° 46'17.58" E


View 変スポ in a larger map

25.3.09

Wat Ming Muang / Nan

さっきのワットシーパントンから、大通りを東に歩くこと5分程度のところに、このワットミンムアン(วัดมิ่งเมือง)があります。
看板自体は取り立てて普通なんですが…


こんな感じで入り口から礼拝堂から、ラクムアンが収まっている廟まで、ほぼ真っ白です。


手前のてっぺんに四面仏?がくっついているのがラクムアン(多分)で、奥が本堂のようです。
なんかちょっとワットロンクン(チェンライ)意識しているのでしょうか…?


ということで、これがラクムアン。
かなりぎっしりとデコレーションされています。
廟の中央には、黄金の○○がそそり立っています。


4方の入り口の脇には、計8体の…何でしょう…ナーガに喰われているヤックでしょうか…


これが中央の柱。
よく見るとやはり先っちょが四面仏になっています。
廟の内側とかも、エラワンやら孔雀やら、これでもかというほど装飾されています。
上手い下手はともかく、ここまでくると結構すごいものですね。


ラクムアンと本堂の間には、何故か1ヶ所だけ(たしか)結界石があります。
他はみんな本堂のすぐ側にあるのにこれだけ離れています。


で、こっちが本堂。
この角度から見ると分かりますが、屋根の上だけは一応オレンジの瓦のようですね。
入り口手前は、ピカピカに磨かれた石でラクムアンのところまで敷き詰められていて、ここは土足厳禁エリアになっています。


テーマは例のワットロンクンとはえらい違いですが、こっちも仏教説話と思われるレリーフが、これでもか!と言わんばかりに、壁から柱から全部埋め尽くしています。


お堂の外回りも、しっかり仙人の爺さん(さすがに虎柄かどうかはこれでは分かりません)が一周取り囲んでいます。


軒下にも…入滅の様子でしょうか…
生首気持ち悪いですが、木の葉っぱとかかなり細かく作りこまれています。


これは柱の部分…ヤギでしょうか?
何も肛門まで再現しなくてもいいでしょうに…


手すりにも…
と思ったら、”レリーフに触るな”の看板が…
まあ、確かに壁に無理やり粘土をくっつけたような作りですしね。


つ~ことで、無理言って?中に入れてもらうことに成功。
中はこんな感じで天井、壁、壁画から仏像まで、ともかく床以外は派手派手のようです。


ご本尊さま?はこんな感じで、ちょっと垂れ目なこと以外は小さめですし普通のようです。
後ろの壁画も、結構派手な色彩ですが、絵自体は結構しっかり描かれています。


どうなんでしょう…これもどっちかというとさっきのお寺のように、ナン県の昔の生活の様子が描かれているっぽいですね。
(後で出てきますが、見覚えのあるお寺の絵もちらほら…)


Feb./'09
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
ちょっとお寺の規模はアレですが、コテコテのレリーフは十分見るに値します。
お堂の中も派手派手ですが、なかなか見ごたえありです。
知名度のなさは、新しい?からかと思いますが、ちょっともったいないですね。
(タイ語のナン県ガイドの地図にすら名前が載っていなかった…)

Google earth 座標(分かるやつだけね)

18° 46'19.53" N
100° 46'09.13" E


View 変スポ in a larger map