今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

26.2.10

Wat Nam Tok Thammarot / Rayong

お正月の南の島ツアーで、もう魂が抜けきって…
1月は何もしませんでしたね(出来なかったんですけど)。
ということで、ちょっと英気を養いに、修行に行くことにしました。
いや~トゥッ・ムーさんのブログ「アライナ!.....泰国生活記 」に、未知なる地獄が載っていたんで、これは行かねば!と思い立ったしだいなんです。
ということでやってきましたよ、入り口に。
最初から期待させてくれそうな雰囲気がありますね。


門の脇はすでにこんな有様。
ちなみにここはワットナムトックタンマロット(วัดน้ำตกธรรมรส)というようですね。
チョンブリとラヨーンの県境付近にあるのですが…
パタヤとか、一般ピープルの行くようなところからは50km以上離れています。


じゃあ行ってみましょう。
柱の髑髏模様とか、なかなか期待できそうです。


境内はこんな感じで、いわゆる天国を現していると思われるコンクリ像で埋め尽くされています。


あ、これは天国じゃなく人界ですね…


休憩所からしてこのデザイン。
かなりのハイセンスです。


あ、怪しげな建物が見えてきました…
え?見えない?
え~っと、立仏の後ろに一応あるんですよ。


ということで、屋上。
(下は講堂のようでしたが閉まっていました。)
なんともいえない不思議な世界を構築しているようです。
基本は天国なんでしょうか…


こんな感じで仏陀関係で埋め尽くされています…


と思ってましたが、裏に回ったらこんな有様でした。
どう取って良いのでしょうか…
とにかく下半分は地獄で、上は天国なんでしょうね。
一部である地獄絵寺の絵と同じ構図を立体で表現したかったんでしょうか?


しかし上の方々下の惨状無視なんでしょうか…
それともこの構図に無理があるんでしょうか…


さて、このお寺、めちゃくちゃ広いみたいで…
こっちにはこんなドラゴン参道があります。


じゃんじゃん行っちゃいましょう。


上には仏陀様が鎮座していました…
まあ、普通ですね。


こっちの建物…なんでしょうね?
周りのきのこの休憩所はタイではよく見ますよね?


でも、この階段のこれ、何でしょう…


屋上はやはり天国…はぁ…
じゃなくって!
忘れていましたよ、今回の目的は地獄じゃないですか!


ということで、地獄の入り口に移動。
なんともシュールな門ですね。
ちょっとみえませんが、これを越えるとつり橋があって、その向こうに地獄がある構造のようです。


ということで、こんな感じ。
中心には、おそらく10Mぐらいありそうな、巨大ピー(♀)。
他の地獄ではなかなか見られない、独特のカオス感を持っていますね。


橋の袂にいるの…なんでしょう…


これ、なんと言う生き物でしょう?
造詣が独創的過ぎてコメント難しいですね。
とりあえず手裏剣刺さっちゃってます。


う~ん、でろんでろんな感じが出ていて、素晴らしいです。
ここは、中心に巨大ピーが立っていて、その下の小山?がこんな感じに地獄を表現しているみたいなんですけど…


さすがに理解するのは難しそうです。
まだ悟りには程遠いのでしょうか…
これだけ地獄道に精進しているんですけど。


しかし、他の下手(失礼)な地獄の造形でも、なんとなく「人間」かな?と分かるんですけど、ここのはどう見てもエイリアンにしかみえません。


あ、腹芸の人だ。
でもここの地獄にかかるとこうなっちゃうんですね…


こ…これはっ…(ノーコメント)


実は同様の島…地獄がすぐ隣にもうひとつあるんです。
こっちの入り口のは、さっきより少しだけ人間の原型をとどめているようです。


こっちの巨大ピーは、先ほどのと対になっているんでしょうか…
ちゃんと♂になっています。
でも、両手に罪人をつかんでいる構図は一緒のようです。


?一瞬アリスの世界に紛れ込んだかと思いました…
なわけないですね。


うわっ…
コメント難しいですね。


もうこのあたりになると、何を表現しているのかを理解することすら困難です。
後ろの女性はセクシーポーズとっているんでしょうかね?


このトラ人間、ケンタウロスみたいでかっこいい!


Jan./'10
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
まちがいなくラヨーンではサメット島と並ぶ屈指のスポットになりえるでしょうね。
地獄のどろどろ感も、他ではない感じで十分に楽しめます。
残念なことに、実はここ、もっと広いんです。
奥のほうに大仏とかも見えたんですけど…
いろいろと事情があってじっくり全部まわること叶いませんでした。
私がいけなかったところも、「アライナ!.....泰国生活記 」に載ってますので、興味のある方はそちらをご参考に。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 00'16.78" N
101°25'48.00" E


View 変スポ in a larger map

22.2.10

Shark Point Diving / Phuket

さて、南の島編最後になるのが、このシャークポイント。
と言っても、さっきのアネモネリーフの、少しだけ南だったりします。
(おそらく100mとかそんなもの)
アネモネリーフは完全に水没していましたが、こっちは一応岩礁が飛び出ていまして、一応灯台にもなっています。
(まあ、Googleさまには写ってませんけど)
ということで、エントリーしましょう。
やはり近いだけあって、アネモネリーフ同様、イソギンチャクはいっぱいありますね。
写真が青いのは設定を間違えたからなんで、無視してください。


もちろんクマノミ君もいますよ。


こっちはトマトアネモネフィッシュ…まあ、クマノミですね。


あ、サワラ(多分)だ!
おいしそう…


さすがにシャークポイントの名を冠しているだけあって、トラフザメ君もしっかりいますね。
2mちょいぐらいでしょうか…
それでも人間様と比べると、やはりでかいですね。


ああ、普通のくまのみ(厳密には違うんでしょうけど)もしっかりいます。
でも…イソギンチャク見当たりませんね。


こっちはアネモネリーフと違い、結構ハードコーラルもあったりします。
もちろん魚も結構いますね。


あ、ツバメウオ君だ。


Jan./'10
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
おそらく、ここも結構すごいんでしょうけど、さっきのアネモネリーフで感動しすぎちゃったんでしょうね。
あと、濁り具合がひどくなったのも敗因でしょうか…
それでも、今回見れたのはごく一部ですし、おそらく本来はもっとすごい場所じゃないかと思われます。
く~っ…なんで大潮に当たっちゃったんでしょうね…残念です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
分かるわけないです。
でも、ピピ島のかなり近くです。
ドクマイ島との中間ぐらいでしょうか…

18.2.10

Anemone Reef Diving / Phuket

そろそろ海に飽きてきたかも知れませんが…
もう少し趣味の世界が続きますよ。
ということで、1月2日はちょっと沖に出て、アネモネリーフなるポイントにダイビングに行くようです。
しかし、大潮前後なのか知りませんが、かなりの波。
(昨日よりひどい)
同乗の方も、酔い止め飲んでいたんですけど、リバースされていました…
まあ、そんなことは置いておいて、早速潜りましょう。
リーフ(つ~かピナクル?)には、イソギンチャクや、トサカみたいな、いわゆるソフトコーラルがびっちりです。
ちょっと濁っているのは、やはり波が強いせいでしょうか…


う~ん、あまり気にしたことなかったのですが、ソフトコーラルが多いところって、あまりハードコーラル(いわゆる石サンゴ)あまり見当たりませんよね…
やっぱり両者で縄張り争いとかあるんでしょうか…
まあ、今回はちょっと大物を見る、とのことなので、もっと潜っていきましょう。


あ、いましたいました。
トラフザメ(レオパルドシャーク)君です。
3mぐらいありそうです…
ちょっくら正面に回ってみましょうか。


うわっ!
襲ってきた~
じゃなくって、逃げたんですけど。
おそらく急速反転できないんでしょうね。
ひそかにおなかにコバンザメ飼っています。


しかし、さすがにメジャーなポイントだけあって、魚もサンゴももっさもさいますね。


もちろん名前の由来のアネモネ(イソギンチャクね)と、それをねぐらにしているクマノミもいっぱいいます。


アジの群。
旨そうですね。


こっちはイカ。
ああ…おなかすいてきました。


カイメン(多分)の中で戯れているフグの仲間。
名前は知りません。


こっちはおなじみミナミハコフグ。
ちょっと逃げちゃって、奥に向いちゃってますが、後ろの小さなトサカもワンポイントになって、いいですね。


あ、岩かと思ったら魚でした…


と言っている間に、リーフの一番上付近に戻ってきました。
あらためて見ると、本当にイソギンチャクでびっちりですね。
タオのチュンポンとか、サウスもすごかったですが、ここもかなりキていますね。


しかもお魚もっさもさ…
?奥に何か大きなものが泳いでいますね。


あ、こんなところにもトラフザメが紛れ込んできています。
小魚を捕食しに…ということはなく、おそらくプランクトンを食べに来ているんでしょうね。


ん?


おいおい…


ぎゃ~襲われる~!


ああ…行っちゃった…
ダイバーが取り囲んでいて、逃げ場がなくなっちゃったんですね。
ごめんね。


うう…しっかし本当にスズメダイすごいですね。
手を伸ばせば触れそうな感じです。


あ、まだいたよ。


あ、ああ…行っちゃった…


ということで、元に戻りますと、アネモネリーフの名に恥じぬぐらい、というか、ひどいところはこんな感じでこれでもか!と言うぐらいイソギンチャクだけがびっちりと埋め尽くしています。


もちろん住人もいっぱいいますよ。


はぁ…ため息ばかり出ますね。
こんなすごいところ、すぐ側にあると良いのに…
(パタヤとかじゃね~行ったことないけど)


Jan./'10
評価
★★★★☆:その地方(北、南、東北、中央)に行ったらぜひ!お勧めです。
寸評
まあ、ダイビング経験の浅い私が評価するのはなんですけど、大物(ジンベイとかマンタとか、マグロ系とかね)狙わなければ、おそらく100人中ほとんどの人が満足できそうな気がします。
とにかく魚が多い!イソギンチャクもトサカも多い!小物も多い!
ちょっと濁っていたのが残念ですけど、もう少しコンディションのいいときならおそらく素晴らしい景色が見られたのでは?と想像しちゃいます。
しかも、運がよかった…というより、おそらくもともといるんでしょうが、トラフザメも結構いましたし…
(何匹か写真にも写っていますが、固体が違います)
実は次はその名も「シャークポイント」なんですが…
どうなることでしょう…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
分かるわけないです。
でも、ピピ島のかなり近くです。
ドクマイ島との中間ぐらいでしょうか…