今回のスポットで、チェンマイ編終了です。
その次は、プチバンコク近郊編(3スポット)、ラン島再訪編(3スポット+1再訪)を予定しています。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.4.12

Wat Thep Mongkhon / Amnat Charoen

アムナートチャルン市街のど真ん中、中央市場のすぐそばに、およそ観光客が寄り付かないようなお寺がひっそりと建っています。
(とりあえず…私が行ったときには、タイ人参拝客すらいませんでした)
もちろん、リサーチした上で来ているんですが…
入り口からして、なんとも寂しい感じです。



入り口を入ってすぐ右に、こんな入り口があります。
メインはもうちょっと先なんですけど、とりあえず寄ってみますか…



中は、森の雰囲気を壊さないよう?仏陀やその他小物が設置されています。
まあこの程度のようです。



こちらの、なんとか雰囲気を壊さないよう?木の幹を模した小屋は…
トイレでした。
ちょっと期待しすぎましたかね?



ということで、気を取り直して境内に。
ここが中央ロータリー?のようです。



その奥の、微妙に船を模したと思われる花壇の船首に掲げられている看板に、ワットテープモンコン(วัดเทพมงคล)と、お寺の名前が書かれています。
さて、とりあえず本堂っぽいものがある、右側から攻めてみる事にしましょう。



ロータリーのすぐ脇には、早速プラメートラニー様が、今日もせっせと髪を洗っています。
しかし…
パステル調の色彩は、ちょっと安っぽく見えますね。



隣には、仏陀もいますが…
このサイズでは、さすがに参拝客の気を引くことが出来ないのか、あまりタンブーンされている様子はありませんね。



で、こちらが本堂っぽい建物です。
小さいですし、閉まっていますし…
タイのお寺の本堂は、相変わらず参拝客を拒んでいますよね。



でも、本堂周りには、いろいろな像が取り囲んでいるんですよ。
たとえば、このすごいカラーリングのナーガ様。
神々しいというより、むしろ毒々しいです。



超適当な…
トラですかね?
このまま本堂を反時計回りしましょう。



本堂左側は、仏陀(お釈迦様ですかね?解脱前っぽいし)が、ずらっと並んでいます。



サイズはたいしたこと無いんですけど、これだけしつこく並ぶと…
飽きますよね。



で、本堂裏を守護するのは、このマヌケなお顔のシンハです。
しかし、正面側のナーガ様よりもでかいってどういうことでしょうか?



本堂右奥には、こんな方々も…
こちらはちょっと古そうですね。



本堂右側にも、しつこいぐらいに仏陀が並んでいます。



あ、スジャータさん発見。
ってことは、ここから釈迦の生涯を表しているんでしょうかね?



確かに、”お釈迦様誘惑される”のシーンや、”お釈迦様出家”のシーンも続きます。
でも、確かにさっきまでの仏陀ゾーンは、釈迦の生涯とは違ったはずなんですけどね~
ということで、本堂周りはこんなものです。



次は、ロータリーの左手を攻めて見ましょう。
こちらもタンブーン場のようですが、ちょっとしたお堂のようになっているようです。
こちらも仏陀がいっぱい並んでいますが…



仏陀以外の方々も勢ぞろいしています。
タイなのに何でカンガルー?なんでしょう…
って、後ろの恐竜を目の前にしては、たいしたことのない問題ですよね。



こちら、何か微妙におかしいと思ったら、お尻まで黒いからみたいですね。
そういう目で見ると、黒タイツはいている変態みたいに見えます。



で、階段上の…
あれ?高僧の像ですね。
まさか、仏陀の集団を従えるほどエライって訳でもないと思いますが…



左には、さらにいろいろな像が並ぶエリアが広がっています。
相変わらず仏陀もいっぱいいますが…



こっちのエリアはそれ以外の像もたくさんあったりします。



結構しっかり作りこまれているのですが、何故か少し不気味です。
よく見ると皆さんの前にプレートがかかげられています。
こちらのお方は…
プラメー…パソップかポーソップかよくわかりませんが、なんか偉そうな名前のようです。



こちらは、特徴のない服を着た男の人。
なんとも冷ややかなお顔をしているのですが、その前で繰り広げられているのは…



こんな感じの、地獄鍋。
この底の浅い鍋のどこに皆さんの下半身部分が収まっているんでしょうね。



反対側からの写真です。
プレートには、”地獄の国”と書かれています。
国にしてはちょっと小さいですね。



こちらの、一人で寂しそうな人は、きっと閻魔様なんでしょうね…



その横では、何故か出産の場面が展開されています。
プレートには…
コンクート(産む人?)って、そのままじゃん。



こちらの方は、いかにも罪人って感じで分かりやすいですよね。
実は、この人の写真を見てここに来ようと思った、ある意味運命の人です。



こちらは老人の人ですね。
プレートにも、コンケー(老人)と書かれていますしね。



こちらの寝たきり老人?は、コンチェーップ(痛い人)だそうです。
何が痛いかはわかりませんが、とりあえず緑の服が、妙にリアルで気になります。



こっちは、コンターイ(死んだ人)だそうで…
まあ、見たまんまですね。



こちらは、例の巨大ピー…
だと思います。
この地獄の中では、当然最大なんですが、せいぜい等身大程度です。
ペロートと書かれていますが、よくわかりません。
Google様のご回答は”精霊”となっていますが、お化けの名前の一種なんでしょうね。



エボラ出血熱地獄でしょうか?
それとも、バイオハザード地獄?
どちらにしろ、死亡確定のようです。



この辺りは、○○人間、前世を悔いて懺悔する”エリアのようです。
きっと前世では、牛泥棒でもしたんでしょう。
なんとなく牛に見えないのは、耳が垂れているからなのか、角が上を向いているからなのか、肌色をしているからなのか…
ともかく、牛になりきれなかったようですね。



こちらの鶏人間は、前世でかなり悪いことをしたのか、鶏度がかなり高めです。
胸の辺りまで赤に染まったあたりも、努力の跡が伺えます。
…が、残念ながら、ここの地獄はこんな程度のようで…残念です。



ところで…
アムナートの街はぶっちゃけめちゃくちゃ小さく、中心のはずのこの辺りも、まともな食堂(もちろんタイ向けのですよ!)ほとんどありません。
選択肢もほとんどないので、メイン通りに並ぶ屋台街でのお食事になってしまいます。
まあ、幸い屋台は充実しているのと、傍にセブンイレブンがあるのとで、ビールには困らないのが唯一の救いです。
とりあえず、旨そう(に見えた)パッタイ屋台で、オードブルをば…
味は、まあ普通ですかね。
でも、入れ替わり立ち替わり客が来て、おっちゃんと子供、めちゃくちゃ忙しそうでした。



で、メインディッシュは、やっぱりチムチュム(イーサンタイスキ)です。
こんなのでも100B程度(飲み代除く)とくれば、BKKで食べるの馬鹿らしくなってくるのも分かりますよね?
でも、本場のは、辛い!
BKKで食べると、だしは甘めなんですけど、ここのはだしから辛いです。
もちろんタレの方も、イーサン風味の激辛です。
でも、旨いんですよね~
日本でタイ料理食べて、旨い旨いと言っている人たちに、食べさせてやりたいものです。



Jan./'11
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
正直なところ、コンクリ地獄寺としては、ちとレベル低いです。
あまり地獄っぽくないですし、コンクリ像サイズ自体も小さいので、かなり地味な雰囲気です。
他のコンクリ像が多いので、何とか雰囲気を保っている…といった感じでしょうか。
ただ、とにかく立地がすばらしい!
街の中心の市場から、500m程度で行けてしまう立地の良さがあるので、何もないこの県では、当然行く候補に上がるべきスポットになりえることでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

15° 52'01.22" N
104°37'18.24" E


より大きな地図で 変スポ を表示

16.4.12

Phuttha Uthayan La Phra Mongkkhon Ming Muang / Amnat Charoen

さて、今度はアムナートチャルン市街からちょい北に行ったところにある、おそらくこの県一有名なスポットです。
ああ、見えてきましたよ。
公園の正面中央に、大仏が鎮座していますね。



名前はプッタウッタヤーンラプラモンコンミンムアン(พุทธอุทยานและพระมงคลมิ่งเมือง)と言います。
何か長い名前に見えますが、簡単に訳すと、仏陀公園とミンムアン吉祥仏(とでも言うのかな?)という、2つのことを繋げて言っているだけだったりします。
この案内によると、台座から先っちょまで20mほどあるようですね。



下から眺めてみました。
天気が良すぎて、空の青さに負けているように見えますが、実際に見ると、想像以上にキラキラと光り輝いています。



もう少しアップにしてみました。
なんか、表面がうろこみたいですが、金ぴかタイルを全面に貼り付けてこれを表現しているみたいですね。
丁度、ここと一緒の手法ですね。
しかし、なんとなくご尊顔が真央ちゃんみたいですね~
いや、真央ちゃんがこっちに似ているのかな?(ファンの方すいません。私もファンですんで許してください)



で、真央ちゃんの後ろには、タイ人のタンブーン魂を一身に受けるべく、小ぶりの仏陀が安置されています。
たしかにさっきのは、一般ピープルには手が届きませんでしたからね~



ということで、これでもかと言うぐらいタンブーンされまくっちゃってます。
ただ、周りに金箔売り場が無いためか、金箔は顔の周り以外は控えめのようです。
(まあ、ここお寺じゃないみたいですしね)



ところで、隣のこれなんでしょうね?
とても仏陀には見えません。
むしろ見た目はリンガに近いですが…



反対側にも、もう1体あります。
こっちは…気のせいでしょうか?
なんとなく顔っぽい形跡が残っているように見えます??
それとも気のせいですかね?
まさか、敬虔なタイ人信者が、ご尊顔を嘗め回すように触りまくった結果、磨耗してこうなった…
なんてことは無いと思いますけど。



Jan./'11
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
ぶっちゃけ、大仏以外たいした物ありませんが、まあ、アムナートチャルン自体、何もない県なんで、これでも指折りのメジャー観光スポットだったりするわけですね。
ここの利点は、すぐ近く長距離バスターミナルがあることです。
(とは言っても500mぐらい南ですけど)
ただ…
通常はバスターミナルではなく、街の中心の4差路付近でバスの乗り降りしちゃうんで、このメリットも、ないも同然だったりしますけどね。
ちなみに街の中心からは4kmほどあるはずなので、素直にモタサイ使って行きましょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

15° 53'29.69" N
104°37'19.08" E


より大きな地図で 変スポ を表示

10.4.12

Wat Tham Seng Phetlang / Amnat Charoen

ということで、こちらはワットタムセーンペットラーン(วัดถ้ำแสงเพชรล่าง)といいます。
確かにボンから見て、南東なんで、下とも言えなくもないですが、こちらも山頂っぽいところにあったりします。



なんか、境内には微妙なものもちらほらとあったりするのですが…



ここに来た理由は、これですよ、これ。
こいつをふもとで見て、一発で寄ってみることにしたんです。
まあ、こうしてみると、10mちょいって所でしょうか…



お顔のアップ。
といっても、引いたアングルで写すほど、境内が広くないんで、どうしても下から見上げたアングルになってしまいます。



で、足元には、一応メインであろうと思われる、タンブーンポイントがあります。



内部はこんな感じに、小さい仏陀、普通の仏陀が、ぐるっと一周とりかこんだ配置になっています。



一応、正面と思われるところに鎮座している仏陀です。
とはいっても、たいした大きさでもないですけどね。



横には、こんな感じにお坊さん(高僧?)の廟も建っています。
心なしか、仏陀のところよりも力が入っている気がしますが、気のせいですかね?



ああ、一応プラメートラニ様もいるでよ~



Jan./'11
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、メインの立像が唯一最大の見所って感じです。
遠くからも目立つので、ややもすると、先の涅槃よりもすごいかと勘違いしてしまいますが、間違いなく涅槃のほうがかっちょいいです。
ちと遠いので、公共交通機関で来るのは無謀かと思いますが、モタサイなどなんらか乗り物がある場合は、ハシゴするのも良いかと思います

Google earth 座標(分かるやつだけね)
たぶんこの辺り…

15° 53'20.64" N
104°44'10.44" E



より大きな地図で 変スポ を表示