1か月半ぶりの更新となってしまいました。
忙しい&ネット環境も整っていなくて、なかなかね…
(これもスマホ経由で投稿してます)

明けましておめでとうございます。
無事、日本に帰ってまいりました。

とりあえず今回から、ピンクラオお散歩編に突入します。
タイのコロナ規制下、お散歩にかこつけて、今までなかなか周れなかった近場の微妙な?お寺を手当たり次第に周ってましたので

、微妙なスポットも多いです。
温かい目で見守ってあげてください。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

10.5.21

Pratu Lae Kamphaeng Phranakhon / Bangkok

次は、民主記念塔を北上していきますよ。


しかし、この辺、王様グッズ?のお店がかたまってるみたいですね。


みんなわざわざこの辺まで買いに来るのかな?



ああ、見えてきましたよ、次の目的地が。


ということで、こいつですよ、お巡りさん。


ええっと…
プラトゥーレガムペーンプラナコン(ประตูและกำแพงพระนคร)…
門とプラナコン城壁、それともプラナコンの門と城壁みたいな感じなのかな?
もちろん、英語の案内なんて、微塵もございませんよ。


これが門の部分。


流石に上には登らせてくれないようですね。


仕方ないので、門の向こう側に行ってみましょう。


何もないのね。


一応、反対側からの、門の様子。


そして壁…
もうちょっと取り繕おうとか、ないのかな?


ちなみに、ここの正面には、プーミポンアドゥンヤデート前国王が出家、修行していたお寺として有名な、ワットボウォンニウェートラートチャウォラウィハーン(วัดบวรนิเวศราชวรวิหาร)があり、その中には、高僧アボットさん博物館なるものもあるみたいなんですが…
やはりコロナ禍のあおりを受けて、有名寺は閉鎖中の模様で、ここも例外ではないようです。
残念。


May/'20
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
そもそも観光地として認知されてないよね、ここ。
まあ、最近気まぐれに比較的新しい砦や要塞などを周るようにしているって流れで寄ってみただけですからね。
人にはとてもすすめられるものではありませんよ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°45'36.2" N
100°30'05.8" E

 

※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

3.3.21

Pom Mahakan(Mahakan Fort) / Bangkok

運動目的のお散歩なので、もちろん次の目的地までも歩いて移動ですよ!
ということで、橋を渡って…


ああ、見えてきましたよ、プーカオトーンが。
ちなみに当然ですが、スマホ画像オンリーです。


いや、久しぶりに行ってみたくてね~
ってか、こっち側から入って来るの、初めてだよね。


山頂部アップ。


って…
閉まってるし!
そういえば、ワットポーなど、人の集まるお寺は閉鎖されてるんだっけ…
ちぇっ、つまらんよね。


仕方がないので、次の目的地に行くとしましょう。
って、すぐ近くなんですけどね。


これこれ。
いつも王宮方面に向かう時に、横目で眺めていたんですけど、わざわざ来ることになるとは思ってませんでしたよ。


ええっと、ポーンマハーカーン(ป้อมมหากาฬ)、マハーカーン砦って感じですか。


しかし…
入り口どこよ。


と思ったら、隠れていただけで、すぐそこでした。


ええっと…
さっきより名前長くね?
と思ったら、ただ単に、ポーンマハーカーンレガムペーンプラナコン(ป้อมมหากาฬและกำแพงพระนคร)、マハーカーン砦とプラナコン城壁って書いてあるだけか。


ということで、お邪魔します~


まあ、あまり観光地と認知されていないのか、ちっとも人いないですね。
せっかく整備されているのに。


地図発見。


いろいろ書いてあるけど、まともに何かあるの、①の砦部分だけなんだけどね。


ということで、その砦部分。
なんかピンクっぽく見えるのは、カメラがショボイせいではなく、周りの地面が赤いタイルで敷き詰められてて、それが反射して写りこんでいるからです。


ええっと…


これ、中に入ったり、登れたりしないの?
つまらん…


じゃあ、今回はすぐ目の前にあるローハプラーサートはスルーして、次に行くとしましょう。
去年来たばかりですしね。


May/'20
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
観光客のいない度合いが、すべてを物語っています。
だって、中に入れないなら、外から車窓越しに眺めても変わらんよね。
もうちょっとアトラクション的な仕掛け用意してほしいものです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°45'20.3" N
100°30'20.0" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

24.2.21

Wat Sitaram / Bangkok

2020年5月5日…
5連休なのに、旅行も出来ないというイライラを解消すべく、今日は王宮エリアからピンクラオ方面に向かって、運動目的のお散歩をするべく、2番のバスに乗り、王宮方面に向かいますよ。
ざっと8km強…
かなり運動になりますよね?
痩せるかな?


ラチャプラソン交差点を左折~
いや、一応2番のバスに乗ってるよアピールです。


ということで、バスを降りて、まずやって来たのは、こちらのお寺。


ワットシターラーム(วัดสิตาราม)って言うみたいですね。


ええっと、あの奥の大きな建物辺りが、メインの部分かな?


あ、すぐ脇に古そうなお堂があったよ。
なんかイチデジの調子がおかしいな…


当たり前のように、お堂は開いてないので、とりあえず遠くから眺めるだけ。



では、奥の本堂っぽいところに行ってみましょう。
…う~ん、シャッター押しても、シャッターが切れなかったり、いきなりシャッター切れたり…
もしかして壊れた?
確かに5年間、酷使しまくったけど。


これ、ラーフーさんベースの模様かな?


ガーディアンさん。


内部には、仏像は当然として…


なかなかデカい立像がいるよ!


というか、坐像も一緒だよ。


サイドから…
というか、あまりにも自由にシャッターが切れないので、イチデジはあきらめて、今回のお散歩は、スマホのカメラで撮影します!
イチデジとスマホカメラの画像、縦横比が違うので、すぐにわかりますけどね。
この辺りはちょっと混ざっていますけど、すぐにスマホの画像だけになりますよ。


ということで、気を改めて、立像と坐像を正面から。


立像さんに…


坐像さん。


足元にはお約束の象と猿が。
つ~か、仏陀どれだけ巨人やねん。


で、立像と坐像の間には、ホッとするサイズの高僧像が。
まあ、ルアンプートゥアットさんかな?


で、そのトゥアットさんの正面に、見どころの涅槃仏が寝転がってます。
ちなみにこれがイチデジ画像で…


こっちがスマホ画像。
明るい所なら、スマホでも遜色ないかなと思ってたけど、やっぱり解像は甘いですかね。
一応Xperiaだから結構マシな方だと思うんだけど…


一応アップも。
ああ、ここからの画像は100%スマホっす。


脇の立像レリーフ。


そして、別の高僧像さん。
やはりトゥアットさんの模様。
というか、さっきの涅槃仏といい、これといい、なんとか財団さん寄付しまくりですね。


立像と坐像を逆側から…


では、なかなかご立派な本堂をのぞいてみるとしますか。


まずは土台部分から…
まあ、何もないね。


では、本丸をば…


…まあ、開いてないよね、やっぱ。
だから参拝客来ないんだって!


後はぐるっと本堂を一周して、次に行くとしましょう。
ああ、ちなみにこれは北側です。


いくつも像が並んでいますが…


まあ、普通の方々ですな。



まあ、こんなもんかな。


奥に観音像もあるようだけど、まあいっか。
大したことなさそうですし。


あ、豚いた。


May/'20
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
涅槃仏と、2つの大立像、坐像が見どころですかね。
でも、立地的に厳しいのかもしれませんが、もう少し大きいとね~
どれも10m程度って感じですし。
実際、観光客はおろか、参拝客もほとんどいませんでしたよ。
まあ、ガンガン寄付してくれるパトロンがいるから構わないのかな?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°45'19.2" N
100°30'38.1" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、 マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいで す)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用す る”パクリ行為”は固くお断りいたします。