Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.3.20

Wat Kudi Sung / Ayutthaya

ワットメーナーンプルームから、北東に700mほどのところの道の脇の茂みの向こうに遺跡がありますよ。
何て名前なんだろう…
と思ってストリートビュー見たら、一応看板あったよ。
名前は、ワックディスーン(วัดกุฎีสูง)だそうです。



遺跡はこのお堂と…



こっちの変わった形の建物から構成されているようです。
でも、場所的に考えると、これ仏塔なの?



仏塔なのか良くわかりませんが…



あちこちに穴が空いていて…



あれ、窓っぽいよね?


なんか良くわかりませんね~



まっいっか。
次はお堂の方を観に行くとしましょう。



でも、どう見ても裏口だよね…
大体西側から入ってきてるし。



正解!



ということで、改めてお堂正面から。
仏像様に屋根を付けてあげるのも、タイ人の優しさだと思いますが、遺跡の景観は台無しです。



一応ご本尊様。
もちろん新しいものなんでしょう。



こっちの、手前のやつが、元のご本尊様の痕跡なのかな?



では、お堂の正面側に出てみましょう。




めっちゃ民家の目の前じゃん。



この小っこいやつらも仏塔なのかな?



遺跡を正面から見たところ。



結構レリーフ残ってますね。



お堂を斜め前から。
では、次行きましょう。



Aug./'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
恐らく修復等はあまりされていないと思いますが、その割には状態が良いですね。
特に仏塔?の方は、他であまり見られないタイプのもののようですし、これを見に来ても良いかも、
とはいえ、規模も小さいし、民家の脇で落ち着かないしで、よほど遺跡好きじゃなければ、来る必要は全くなしです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°22'21.7" N
100°34'28.0" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: