Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

9.3.20

Wat Cherng Tha / Ayutthaya

次にやって来たのは、ワットチェーンター(วัดเชิงท่า)というお寺。
実は前に一度来たことあるんですけど、こちらの記事に、プチ遺跡扱いで、まとめて載っけただけなんですよね。
だから、写真1枚で、文章も4行のみ…
当時は、ガイドブックに紹介されている遺跡に非ずんば、遺跡に非ず的な感じだったんでしょうね、きっと。
ということで、今回、1つのスポットとして、1人前に扱うことにしました!



ちゃんと説明書きもあるよ。
英語は読めると思いますので、興味がある方は各自解読願います。



それで、問題の仏塔部分ですが…
前と近い角度で見てるんですが、尖塔部分、ちょっと変わった?
ああ、今は北東方向から見ています。



では、まずは北側から見ていきましょう。



結構漆喰残ってますね~



北側の小部屋はこんな感じ。



レリーフも、程度の差はあれ、顔だけは確実に破壊されています。




北東側から…



ところで、最初から3番目の写真にも、こいつがちらっと写っていますけど、なんでしょうね。
説明書きがありますが…



ああ、ホーラカン(หอระฆัง)、鐘楼ですね。



言われてみると、確かに鐘突き堂だね。



こっちは、ほぼ東側。



小部屋、狭っ!




さらに南に抜けていきましょう。
ちなみに右手に見えているのは、礼拝堂っぽいです。



礼拝堂の周りのエリアには、いろいろ小物が点在しています。



この辺りから、北側を見てみました。
仏塔の南側に礼拝堂がくっついているわけですね。



これは、礼拝堂の西側。



ところで、さらに南になんかあるようですよ。



ええっと、中の壁画が見どころっぽいですね。



このお堂が古いものなのかな?



あ、説明書きあった。
Sermon Hall(สาลาารเปรียญ)…
説法部屋みたいな感じ?



ちなみに目の前は、川で、その向こう側は、アユタヤ島って感じです。



あ、入り口開いてた。
じゃあ、入ってみますか。



おお…
なかなか古そうですな。



だいぶ禿げてるけど、蒔絵的技法で作られてるのかな?



奥側から、入り口方向を眺めてみました。
なんか、この周りの壁画が有名らしいですね。



めっちゃボロボロだけど。




しかし、惨い状態ですね…







では、遺跡の続きを見ていくとしましょう。



あらためて、礼拝堂の正面です。
でも、これ登れないよね。



一応説明書きも。
プラーンプラターンレウィハーン(ปรางคืประธานและวิหาร)。
主仏塔と礼拝堂ってまんまじゃん。



とりあえず、正面から仏像と仏塔を…



って、横側に入り口あんじゃん。



ということで、礼拝堂内部の様子です。



そして、改めて、仏陀と仏塔を…



左右のレリーフも見ておきますか。



この仏像の後ろの壁、もしかして昔は大仏様がいたのかな?



穴の中は、特に何もなし…


そういえば、仏塔の西側に、お堂がありますよ。



ええっと、The ordination hall(อุโยสถ)…
ああ、本堂ですな。
アユタヤ後期の代物ってこと?



まあ、そういわれると、確かに古そうな感じ…



そして、中はシンプル…
つ~か、開けっ放しでいいの?



礼拝堂の西側の壁。



で、仏塔北側…
1周完了!



せっかくなので、お寺エリアもさらっと見ていきますか。



ちょっとかっこいいですが、作りかけっぽいですね。



池の中もこんな状態っす。



脇を固める…
誰?



で、真ん中。



やっぱ、プラメートラニー様は、これぐらいセクシーじゃないとね。



あとは…



これぐらい?



Aug./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
最初の訪問時は、本当にひどい扱いでしたが、こうやって改めてみると、なかなかな遺跡ですね。
もちろん、旅行者がわざわざ来るようなところではないですが、アユタヤ遺跡に、4回5回と来ている猛者なら、来る候補にしてもいいでしょう。
まあ、入場料が無料なのも利点ですが、逆に言うと、有料な遺跡に比べると、どうしても劣ってしまうとも言えますね。
ちなみに、ここ、タクシン大王ゆかりのお寺(何か月か駐留していたことがある?)らしいのですが…
個人的にはそこ重要じゃないんで省略です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°21'43.7" N
100°33'19.4" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: