Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

1.7.19

Wat Mahathat Wachira Mongkhon / Krabi

象さん本堂から、17kmほど西…
もう、パンガー県との県境まで5kmも無いような僻地にやってきました。
この辺りに、新しくてものすごいお寺が出来たと聞いたのですが…
多分ここかな?



あっ!
見えてきましたよ。
目的の仏塔が。



ようやく門に到着~
しっかし、めっちゃ広そうで、めっちゃ客多いよ…
お寺の名前は、ワットマハタートワチラモンコン(วัดมหาธาตุวชิรมงคล)だって。
これ見よがしに、新国王様の肖像画が飾ってありますが、”ワチラ”の文字、国王様から拝借したのかな?
モンコンは吉祥とかいう意味だし…
おもねってる?



広い境内のど真ん中に立っている、ひときわデカいブッダガヤ風の仏塔が目を引きます。
思いっきり逆光で厳しいんですけど…
なんで北向きに作るの!



最初に現れるガーディアン。



ご主人様とははぐれてしまったのかな?



その後ろには、子エラワン象が土台になった、街灯が立ち並んでいます。


正面にやってきました。
しかしこれ…
本物のブッダガヤよりもでかいんだけど…
ええんか?



ちょい斜めから。
いや、目の前の中ボスを片づけてから進みたいですから…



こんなんでも、ぼちぼちな大きさですよ。



土台はプララーフーさんでいっぱい。



仏陀…でいいのかな?



その後方の、エラワンさんモニュメント。
これもライトが仕込まれているけど、街灯?



ようやく回廊入口の前までやってきました。


怖いよ~



色々と装飾がコテコテですが、真新しいので色鮮やかです。



え?
金取るの?
ここで靴を脱ぐのは、致し方ないにしても、なんで外人だけ50バーツ…



と、多数の障害を乗り越えて、ようやく回廊内に侵入しましたよ。



さすがにここまで近づくと、仏塔も画角に収まりませんね…



縦にして撮ってようやくこんな感じです。



回廊内には、こんな感じにぐるっと一周、ずらりとお坊さん像が並んでいます。



ちょうど角からの、仏塔の眺め。
やっぱり、角度ふった方がかっこよく見えるかな?


回廊の屋根もかなりこだわっていますね。



写真に納まる、ギリギリまでよってみました。
これ以上は無理っす!



入り口脇を守る、ピンクエラワンさん。
これも上の写真で確認してもらうとわかりますが、ただの街灯の土台です。



入り口はこんな感じ。
それぞれの窓から、仏陀がのぞいています。
なんか、一般参賀みたい…



脇のヤック君。
それでは中に入るとしましょうかね。



入り口脇のレリーフ。
これもしかして、ヴィシュヌ神?



じゃあ、まさかこれはシヴァ神とか?
ヒンドゥーの神々も、タイ仏教にかかると、ただの門番扱いですか。


中は…
めちゃ混み!
足の踏み場もない、とまでは言いませんが、人の波をかき分けて…
という表現が大げさでないぐらい凄いです。



ご本尊様。
ご本人は比較的シンプルですが、厨子を含めて、周りはめっちゃ派手です。



そして、仏塔の周りの壁には、ぐるっと絵が描かれています。
しかし、なかなか見事で見ごたえがありますね~



上部の立体レリーフも…



柱も…



これでもかと言うぐらいのこてこてな装飾になっています。



では、せっかくなので、ぐるっと1周、絵を見ていくとしましょうか。





…邪魔だな~
向こうには「この日本人お祈りもしないで、うろうろ写真ばかり撮って…キモッ!」って思われているかもしれませんが。



細かいな~
レリーフも、絵も。




あ、プラメートラニー様、発見!



雄姿をご堪能あれ。










あ…



地獄やで~








これでおしまいっと。
いや~広いから絵も多い!
侮ってましたよ。



これは厨子のレリーフ。



しかし、皆さん全方向から熱心ですな~



私は、ご本尊様だけ拝んで撤収するとしましょう。



さてっと…
後は広い境内に残った場所を、順番に見ていくとしましょうか。



ええっと…
あれ、本堂かな?



あの階段から上に行けそうですね。



って、あれ?
閉まってる?



って、よく読んだら、開けたら扉閉めてねって書いてあるだけでした。



ということで、本堂正面。
さっきの仏塔と打って変わって、人が寄り付かない…
私の姿を見て、もう一組のタイ人が来ただけでしたよ。



う~ん、こんなところまで、芸が細かい。



でも、入り口はシンプルですね。



扉は金かかってそうですが。



内部は、窓全開なのもあって、結構明るく、比較的シンプル…
って下半分だけど。
上半分は、全面の絵も含めて、どちらかというと派手目ですよね?



ご本尊様。
気持ち大きめですが、まあ、可もなく不可もなく…
と言った感じでしょうか。


で、ご本尊様からの、本堂内の眺め。
さっきの仏塔の絵もすごかったですが、ここのやつも同じぐらい凄くないですか?



とりあえず、お約束のプラメートラニー様無双。



入り口上部は、天界から降りてくる仏陀…



地獄やで~!



ああ…



こっちも!
意外にこの絵師、地獄絵が好きなのかな?



さてっと…
後は、途中にあるものを見つつ、あそこのお坊さん像の方に向かうとしましょうかね。



とりあえずあれから…
もう、どちらかというと寂れているような雰囲気?



ところで、途中のこれ、微妙に動物の形に彫った椅子?



なんか中途半端…


で、お堂は閉まってる…
ああ、さっきと同じシステムですか。
お犬様対策かな?



まあ、わざわざ中に入ってみるほどでもないようですけど。



こちらはちょっとだけ人気のスポットのようですね。
たくさんの人が参拝中のようです。



ああ、お坊さんが奉られているんですね。
一番手前のお方が、ルアンポートゥアット(หลวงพ่อทวด)さんだということはわかるのですが、他の方は…
いや、台座に名前が書いてあったから。



と、ようやくたどり着きましたよ。
さっきの高僧像。
これ、もしかしてさっきのルアンポートゥアットさん?



…なんか、えらく色禿げていません?
このお寺の中では、かなり古い建造物なのかな?



アップ。



そして、下から見上げてみました。
リアルさは、ちょっと低めかな?



でも、コブラの方は、蛇が苦手な人にはヤバいぐらいテカテカで…



ちなみに、すぐ近くでなんか作ってたけど…
もしかして、高僧の立像の足の部分とかかな?
楽しみですな。



Dec./'18
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
事前の調査では、ブッダガヤ風のでかい仏塔があるお寺…
ぐらいのつもりで行ったのですが、いや~すごいすごい。
お寺自体も素晴らしいですし、客の人数もすごい…
これからどんどん人気のスポットになること間違いですので、今の、まだすいている?間に訪問したほうがいいスポットですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  8°31'35.7" N
 98°43'11.8" E



0 件のコメント: