BTS沿線めぐり編、始まりました!
とは言っても、3か所+1再訪のみで、内容的にはしょぼいので、おそらく今日明日で全部アップしちゃうと思います。
その後は…
たーれっくさんと巡るラチャブリ日帰り編、そして正月休みのクラビ編と続く予定です。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

17.6.19

Jao Pho Thap / Samut Prakarn

ワットバーンドゥアンナイの次にやってきたサムロン駅。
そこから裏路地を通って、インペリアルワールドの裏手に向かいます。



…雨も降っていないのに洪水だよ~



裏の道、3109号線に出てきました。
この辺りのはずなんですが…


ああ、あそこっぽいですね。
それで、安平衆合ってなに?
中国語でも、引っかからないんですけど…
それとも、安平象合?



ええっと、ここの名前は、ジャオポータップ(เจ้าพ่อทัพ)でいいのかな?
そのままだと、きっと老本頭公って意味だと思うけど…
まっ、いっか。



境内。
結構な街中だと思うのですが、なかなか広いです。



う~ん、かっこいい…かな?
まあ、かわいらしいと言えばかわいらしいとは思いますが。



ドラゴンポール。
ここのは金ぴかなんですね~



入り口の狛犬さんも金ぴか…


柱も金ぴか…



まあ、いいか。
とりあえず中に行ってみましょう。



相変わらず中華寺はごちゃごちゃ感が半端ないですね~



インスタ映え?



相手は仏陀じゃないけど、何をお祈りしているんでしょうね。



奥のお方はもちろん、本頭公。
上に書いてあるし。



でも、髭もじゃの人を見ると、みんな関羽に見えちゃいますよ。


ま、関羽は関羽でちゃんとこっちにいるんですけどね。



見分け方は、赤面かどうかって感じ?



こちらは財神爺…



お金の神様だそうですね。
関羽もそうですし、皆さんお金大好き…
俗世にまみれていますね~



他にも色々いるようですが…
どうでもいいですよね。



あ、小っこいお坊さんの像がいっぱい!
(伏線準備中…)



さてっと、あとは何があるかな~



観音様…
赤い説明書きによると、”白衣観音大士靈感神咒”だそうで…
そんな長ったらしい名前があるんですね。



こちらは、彌勒佛祖って書いてありますね


まんまでした。



こちらは…



玄天上帝って書いてありますが…



どうでもいいですね。
私もあまり興味ないですし。
ということで…



このお寺に来た目的は、あれっすよ、あれ。



あの、建物の上から睨みつけてくる、あの爺さんです。
でも、その前に…



ちょっとだけ寄り道ね。



ダブルテープタンチャイさん。




ええっと、あそこの階段から上に登れそうですよ。


建物に対して、微妙に斜めに座っているんですね。
お行儀悪いな~



階段の前は、こんな感じのタンブーンポイントになっています。



で、その正面が、こんな感じに階段に…
意外に高いな~



ということで、屋上に到着~
なかなかかわいらしいデザインの台座に座っていますね。



正面から。



ええっと、ルアンプートゥアットさんだって。
ワットフアイモンコンのと同じ人なんですね。


アップ。
出来はワットフアイモンコンのやつ方がずっと良いみたいですが。



ちなみに、こちらはさっき入って来た方。
ずっと先の方に、BTSサムロン駅があります。



で、北の方向。
奥の白いデカい建物が、インペリアルワールドで…
その手前、運河の向こう側にもお寺の続きっぽいものがありますよ。
後で行ってみましょう。



ルアンプートゥアットさんの横からのお姿。



穴開いてたけど、さすがに何もなさそう…



で、北西方向に…


ほぼ約西側。
このあたり一帯は、完全に湿地なんですね~
駅近で、デパートもあって、立地的には悪くないんですが、建物を建てるのに向いてないのかな~?



では…



予定通り、運河の北側エリアに向かいましょうか。



こうやって、橋で直接向かうことが出来るみたいです。



あそこですね。



後ろを振り返ると…
当たり前ですがルアンプートゥアットさんだけが飛びぬけています。



これが入り口…
ってか、結局直接入れなかったってことです。



ええっと…
合義慶佛堂
慈善団体の物件ってこと?
まあ、面倒くさいので、ここではこのまま同じ寺扱いしますけどね。


中は…
あんまり参拝客がいる雰囲気無いですね…



とりあえず左の塔?



虎と一緒のおねーちゃんが少し気になる…



上に登ってみましょうかね。



ええっと…



空っぽじゃん。



ここからの、ルアンプートゥアットさんの眺め。
こっちが少し高くなったので、見晴らしも少し良くなったようで…


奥は…



まあ、いろいろあるっぽいですが、個人的に中華寺の興味は低めなんで…
暑いし。



あ、これが合義慶佛堂っすか。



中は…



3兄弟入りました~
名前も、三賽佛だって。
台湾分のページで見る限り、真ん中が釈迦如来、両側が薬師如来と阿弥陀仏…
らしいです。



あとは…



哪吒三太子だって。
私は知りませんが、西遊記とかに出てきた、托塔李天王(毘沙門天)の3男だとかなんとか…
詳しくはWikiでも見て確認してみてください。
ではまた!



Dec./'18
もちろん、一番の見どころは、例のルアンプートゥアットさんですね。
こんな街中にいきなり現れるんで、インパクトが…
ってほど大きくはないんですけど、それでも場違い感はあります。
しかも…なんで中華寺に!?って感じ。
あとは、まあ中華像もボチボチあるんで、それはそれで楽しめなくもありません。
でも、まあそんなもんでしょうか。
ただ、なんせBTSの駅から徒歩圏内で、そばに涼しいデパートや病院もあるので、涼む場所にもトイレにも困らないのは良いですね。
初タイの人でも楽々これますよ。
ここを選ぶかどうかはともかくね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°38'58.7" N
100°35'33.3" E