つーことで、チェンライ編に突入です。
まずはワットロンクン再訪ですが、次は地獄です。
そのあとも、チェンライ続くんですが…
後半だれるんだよね~
多分後半は、さらにいっぱいアップします。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

20.1.18

Wat Huai Prasit / Chiang Rai

パーンの街の中心から西に4km向かった片田舎…



田んぼの真ん中の、小さな集落の中に、ワットフアイプラシット(วัดห้วยประสิทธิ์)というお寺があります。



入口からしてこんな感じの、なかなかすごそうなお寺ですね。



まずは、左側の弥勒様から。
なんか、妙に表情豊かで、ちょっと好感持てます。
おへそは相変わらず穴空いていますが…
あそこに賽銭入れるの?
かなり難しくないですか?



弥勒様の脇には、ワイする人たち…
と、同列に、よぼよぼ爺さんが。
明らかに一人だけ場違いですよね。



こちらは、反対側のお坊さん。
もしかして、入口の左右を守っている、阿形吽形に見立てているんでしょうか。
そういわれると、確かに弥勒様は口あけていて、お坊さんは口閉じている…



お坊さんの足元にも、当然のように同様の方々が…



で、弥勒様の後ろには、これまたなかなかの大きさの、ピンクガネーシャ様が。
なんか、乳首に思い入れでもあるんでしょうかね。



その横には、このような立像と、その奥に本堂?があります。



脇にいた、プラメートラニー様。
ピンク基調の塗装と言い、顔の表情、ふくよかな体など、作り手の愛が感じられます。
しかも、服は本物なんですね。
妙にリアルだと思ったよ。



本堂入口のナーガ様。
濃紺のボディーはちょっと珍しいですかね。



で、こちらが本堂。
白基調で、シルバーがチラ見えしているところや、装飾にこだわりがあるところなど、同じチェンライのワットロンクンを意識しているのかな?




本堂内部はこんな感じで、シンプルです。
床のライオン絨毯も少し気になるところですが…
ご本尊が5連仏陀タイプなんですね。
安置の仕方も変わっています。



さて、その本堂のずっと先の方に、大仏様が見えていますね。
とりあえず奥の方に進んで行ってみましょう。



本堂裏手で隠れて見ていた人。



大仏様の周りには、ちょこちょことコンクリ像が立ってますね。



向かって左側。
う~ん、奥からガネーシャ、緑のおっさん、へんな親子…で、金色のはインドラ神?エラワンに乗ってるし。



その後ろの建物には、これまた微妙なサイズの仏像が並んでいます。
でも、あまりタンブーンされていないようですね。
さすがに、この辺はお寺の最奥なんで、みんな来ないのですかね?



で、メインの大仏様。
台座なしで20mぐらいですかね。
これ、ぶっちゃけ裸に見えません?
左手首のところ以外、服と肌の境目がほとんど見えない…



アップ。
目、完全につぶっちゃってますね。
ほとんどは、半分、もしくは全開だと思うのですが、完全に閉じちゃっているのはあまり見た記憶ありません(多分)。



その大仏の、向かって右側には、クディ…僧坊らしきものがあります。
でも、横の看板には、…株式会社って書いてあります。
どういうこと?
とりあえず、入口開いているんで、のぞいてみましょう。



なんか、お坊さんがお説教したりするような雰囲気ですが…
奥の、ガラスの窓の付いた、あの箱は!



やっぱり棺&ミイラさん+金箔でした。
この高僧の方、死んだあとミイラになるって知っていたんでしょうかね?
自分だったらいやだなぁ…
偉くないですけど。



さて、最奥部まで来たので、反対側に行きつつ、入口の方に戻って行きましょう。
道端というか、コンクリで舗装されたエリアの脇には、何の意味があるのかわかりませんが、コンクリ像が点在しています。



猿人…かな?



こんな感じに、通路に沿ってコンクリ像が並んでいるところも。
というか、手前に座っている人、何気に怖い顔してますね。



こんな、様々な人種のコンクリ像が並んだ先には…



動物エリアに到着します。
みんな後ろ向きなのは、私が奥から入口の方向に向いているからですね。



いきなりのエリマキトカゲ男。
日本では忘れられていますが、タイでは現役の様です。



ブロントザウルス…かな?



謎の原人たち。
違うのかな?



こちらは…
なんの恐竜さんでしょう。
だいぶ造形が破たんしています。



T-レックス?
チンチンしているみたい…タイだけに。



ガズィーラ!…じゃないのかな。



トリケラトプス…
ではなくて、トカゲかな?
手に持っているのは骨ですかね。



ん?
ちょっと雰囲気が変わってきましたね。
人型が増えてきましたよ。



まあ、これを人と呼んでいいものなのかはわかりませんけど。



ライオンに乗ったヴィシュヌ神?
だって、チャクラム持ってるし。



これは、さすがにシヴァ神ですよね?
一応特徴とらえていますし。
敷物の模様がの潔さが素晴らしいです。



象さん。
造形はそれなりなんですが、圧倒的な塗りのひどさ…
似せようとか、気概が全く感じられません。



謎の集団。
何をやっているかはさっぱり…
あ、真ん中の木、作りものなんですね。



ただの楽器を演奏する人なんだと思いますが、肌の白さと、黒/赤の目のせいで、ゾンビにしか見えません。



今度は白い猿人。
目が赤いのは、アルビノだから?



ん?謎のトンネルがありますね。
上のドリアンみたいなのは何でしょうか…



え?
ナロック…
向こうに行くと地獄ってことでしょうか。
行ってみましょう!



で~ん!
って、ただの涅槃のシーンじゃないですか。
さっきのドリアンの正体は、あの後ろの…閻魔様?(サワン…天国行きの通路もあったし)



で、その右手には地獄絵図が広がっているわけですね。
こちらは罪人をしょっ引いているところ。



閻魔様の御裁きの図。
でも、閻魔様優しそう…
ちょっとアラブ系の血が入っているのかな?



犬に吠えかけられているお嬢さん。



って、こんなんじゃ、犬も吠えたくなりますよね。



こちらは、多数の〇〇人間が、お坊さんに救済を求めているところですかね。



地獄鍋…
だと思う。
でも、プールみたいですね。



斧を持って拝んで…
何をしたいんでしょう。



新種の虎発見。
これ、赤いのを目と見るか、眉毛としてみるかで、だいぶ印象変わりますね。
え?無理あるかな?



うわぁぁぁ…
彼女の叫びを代弁してみました。
これ、寄生虫にやられている奴ですかね?
創造力が試されます。



ああ、葉っぱが邪魔ですが、真ん中のお嬢さんだけ、顔の描き方も違うし、普通の人なのかな…



と思ったら、お仲間さんでした。



こちらは、地獄というか、ただナイフで女性を脅しているだけですよね?
二人とも目がイッちゃってますが。



皆さん寄ってたかって袋叩きに。



でもこれ…どういうプレイなんでしょうね。



禿鷹に啄まれている罪人と、舌を抜かれている罪人…
まあ、みんな最後はこうなっちゃうのかな。



首吊り地獄に、酔っ払い地獄…
というか、見ただけでは、どういう戒めを示しているのかわからない地獄多すぎ!



こちらは、嘘つき君、舌を抜かれるの図ですね。
さすがに分かりやすいです。



手前のやつも、後ろのやつも、ただ単に暴力を振るっているだけですよね。



おお、これは大酒のみの人に対する罰っぽいですね。
死ぬほどお酒を飲ませる地獄…
って、現実にありますよね?体育会系の宴会なんかだと。
むしろ酒豪の方には天国?



捕まって、諦めちゃった罪人かな?
生きる気力はまったくなさそうです。



煮え湯地獄ですね。



煮え湯は、こちらの鍋で作っているようです。
残念ながら、私のような心の清らかな人間には見ることが出来ないようです。



こっちは、煮え湯に手を突っ込む地獄?
他の地獄であまり見たことの無いシーンが結構ありますね。



コーヒー飲ますぞ地獄。
だって、マグカップだし。



じゃんじゃん解体中。



ギロチン地獄。
でも、この角度では何が起きているか分かりませんね。



こんな感じにサクサクっすよ。



謎のミュータント。
ドラゴンボール超とかに出てくるあのお方でしょうか。



なんだか、急にほのぼのとした雰囲気の人達が現れますね。
まあ、目だけですけど。



逆さ地獄。



仰向け地獄…
つ~か、死体?が放置してあるだけですよね、これ。



で、この地獄でひときわデカい像がこれ。
おそらく、他の地獄寺でいうところの、巨大ピーにあたるようです。
座っているタイプで思い出すのは、パヤオのワットシコムカムあたりですが…
自立させられなかったのでしょうか。



というわけでもなさそうですね。
つがいの方は、ちゃんと直立していますし。



謎の衛兵が、通り道の両側で睨みを利かせていますね。
どうも、ここが本来の地獄の入り口だった模様。
まあ、裏から周ってきたからね~



罪人を、今まさに捕えてしょっ引くところですかね。



閻魔様の御裁き…
あれ?最初の方にも似たようなシーンありましたよね?
ちょっと違うのかな?



で、こちらは地獄ツリー。
ツリーの高さの割には、ちょっと地味ですよね。



下の方にしか、罪人がいないからでしょうか…
ちなみに、下のタイ語は、罪人の地だそうで。



って、良く見たら上にも結構罪人いますね。
白くないので、地獄ツリーの色に溶け込んでいたようです。
まあ、きっと高いところに手が届かないんで、色を塗らなかったんでしょう。
タイらしいです。



こちらは地獄鍋。
最初のに比べると、だいぶ鍋っぽいです。



だいぶ長い時間煮込み続けたのか、具の方はだいぶ融合が進んでいるようです。



薪はやぱっり人骨なんですね。
しかし、骨と言えば、頭がい骨と大腿骨…
やっぱステレオタイプですよね、これ。
アバラとか尾てい骨とかあってもいいじゃん。



ん?知らない間に天国に迷い込んだかな?
これは、釈迦の瞑想を、魔王の娘が誘惑するシーンですかね?
全身緑の人が、魔王の娘ならですが。
しかし…
なんで、お釈迦様はお面付けているんでしょうか。



お坊さんによる説法…
ですよね、周りの人、普通の人っぽいし。



こっちは罪人ですよね?
目が赤いし。



こんなにガタイの良い弥勒様、初めて見ましたよ。
9等身ぐらいありそうですかね。



仏陀と密談。
この虎柄の人達、仙人だと思うのですが…
仏陀の弟子→仙人になったってこと?



ということで、改めて地獄を正面から。
う~ん、あまりにいろいろな物がありすぎて、頭が混乱しちゃいましたよ。



Apr./'16
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
地獄もなかなかの規模ですし、それ以外の大仏をはじめとする巨大像や、その他コンクリ像も盛りだくさんで、素晴らしいです。
唯一の欠点は、交通手段だと思いますが…
まあ、チェンライから、パーンの街までは、公共交通機関もありますし、そこからはモタサイとかをチャーターしてくるのが無難ですかね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 19°32'31.46" N
 99°42'09.36" E