南イーサンクメール遺跡めぐり編も、2日目の話に入りました。
やっぱり半分ぐらい遺跡かな?
まあ、温かい目で見守ってやってください。

南イーサンクメール遺跡めぐり編の後は、カラシン編と続く予定なので楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

7.12.19

Wat Khao Sala Atunthanajaro / Surin

高僧霊廟寺から、西に15kmほど…
お隣のスリン県の、南の山際にやってきました。
あそこの門が、目的のお寺の入り口のはずなんですが…



あ、コブラと仏陀。
コブラって、仏陀とどういう関係?
それはそれとして…
肝心のお寺は、ここからまだ2kmほど先なんですよね~
ともかく行きましょう。


 ん?
なんか、人工的な岩みたいなものが見えてきましたよ。



分かりますか?
ナーガさんの顔が、人工岩から飛び出しているんですよ!



ああ、お寺の名前は、ワットカオサーラーアトゥンターナジャーロー(วัดเขาศาลาอตุลฐานะจาโร)って読むのかな?
難しい…



ということで、あんぎゃ~!
ああ~人が飲み込まれていくよ…



デカい~っ!
そして、鼻の穴が1つしかない…



ナーガの舌。
では、私もナーガに飲み込まれるとしますか。



ナーガの胎内は、こんな感じにかまぼこ状の筒みたいな感じになっていて、床は階段ではなく、傾斜が続くという構造になっているようです。


周りに描かれているのは…



仏教関係の絵ですよね、まあ…



でも、絵が描いてあるのは、入り口付近だけで、後は殺風景な光景が延々に続きます。
書きかけなんでしょうね。
しかし、遠いよ~



ねぇ、ま~だ~?
この傾斜が微妙に足に響きますよ。



採光&換気用の窓。
でも、外の景色はずっとこんな感じっす。



おっ?
まさか出口の光とか?


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
出口や!



って、めっちゃ車走ってるじゃん。



ナーガクンの尻尾と…
肛門だよね。



象さんの模様が怖い…



ちなみに、今登って来た、ナーガ君の胴体。
こんな感じに、一直線…
もう少しつづら折りとかにしてくれると助かるんだけどね~



とりあえず、人が集まっている、あっちの方に行きましょう。



こちらの仏塔は…
柵からして閉まってるし。



到着~
なんかだだっ広いスペースだけが、無駄に広がっています。


う~ん、景色良いですな~
ってほどでもないかな?
まだ、少し低いからでしょうか。
そして…何もないね。



ん?
仏塔の脇に、ジオラマ池がありますね。



スントンプー関係かな…



断髪の義でした~
ってことは、このスアデーンはお釈迦様で、脇の水没君は従者ってこと?



それで、この先なんですけど、こんな感じに2手に分かれているみたいです。
両方行く余裕はないので…
もちろん、大仏様のいる方をセレクトです!
でも…



これ、歩いて行く距離じゃないよね…



ということで、あっという間に麓に戻ってきました。



そして、ナーガ君の脇に続く登り道で、上まで行っちゃいましょう。


おっ、1つ目の見どころらしきもの発見。
タイ語もそう書いてありますが、写真だけでもすぐわかりますね。
仏足石ですな。



こんな道を200mほど進むと…



あっ、なんかドームがあったよ。



結構頑張ってますが、ドームで守らないといけないぐらいのものなのかな?



その、ドームの中央にデカい石がありますが…
これが、仏足石かな?



う~ん、確かに仏足石のようですが…
見えん!



角度変えようがダメなようです。
見ること前提じゃないのかな?


お次は…
さらに何kmも先に、こんな表示がありましたよ。
ええっと、ルアンポータンジャイ(หลวงพ่อทันใจ)と、ジャオメークワンイム(เจาแม่กวนอิม)…
仏像と観音像ですな。
まあ、行ってみましょう。



いきなり、こっちにお尻向けてる観音様に遭遇しちゃいました。



正面から。
これ、石を彫って作ってあるのかな?



子分。
いつもの子供じゃないんですね。



その先には…



磨崖仏じゃん!
めっちゃヒンドゥー的な…
でも、”仏”じゃないかな。
磨崖デバダーとか?



おっ、なんか奇岩がありますよ。
これも、プープラバート歴史公園とか、プーパーテープとか、サオチャリアンとかと同じような、自然のものなのかな?
これ1つしかないですが…


でも、タイ人の皆様は、そんな奇岩、巨石等には興味がないようで、せっせとタンブーンにいそしんでいます。



せっかく、目の前にこんな絶景が広がっているのにね~
そして、あの奥には、カンボジアの大地が広がっていると…
といっても、まだ何kmもありますし、国境で崖になっていて、カンボジアはその下なので、視界に入ることはないんですけどね。
ロマンですよ、ロマン。



で、その巨石の脇には、涅槃仏の磨崖仏、いわゆる『磨崖涅槃仏』(多分私の造語)が、そして奥にはホワイト仏陀が鎮座しています。
あの、白いやつが、ルアンポータンジャイさんかな?



とりあえず、磨崖涅槃仏。
まあ、明らかに新しいものなので、ありがたさは低めかな?



そして、ルアンポータンジャイさん。
まあ、サイズも造形も中途半端ですね。



では、この崖に沿って、もう少し奥に行ってみるとしますか。



あ、また磨崖仏あった…



断崖の上で瞑想するお坊さん像…



つ~か、ここからの景色が一番きれいじゃん。
邪魔な木々もないしね。



さらに修行中のお坊さんエリアが続きます…



これで最後かな?
それで…


あとは、大仏様だよね~



う~ん、台座詐欺かな?
全体の3分の2がナーガ君じゃん。



ちょっと下ぶくれですな。
…平安時代なら、あるいは…



せめて、もうちょっとデカかったらね~



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ナーガスロープが圧巻!
この発想は、日本じゃなかなかありませんからね~
いろんな意味で。
ただ…
ナーガスロープを見たときが、興奮最高潮で、あとはどんどんトーンダウン…
まさに、竜頭蛇尾を具現化したようなスポットでしたよ。
ぶっちゃけ、そのナーガスロープを堪能するだけでも十分かも。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°25'53.0" N
103°56'02.3" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。