ここを含め、あと2か所で、とりあえず中部タイも終わりです。
次どうしようかな~って思ってましたが、とりあえず今まであえて避けてきた、バンコク有名4大観光スポット(めちゃくちゃ偏見ですけど)をUPすることにしました。
そのあと、北タイ編に突入します。
(断言。だってもう用意始めてますから)

ツイッターで更新情報、再訪情報などつぶやいてます。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

1.3.15

Wat Sam Wihan / Ayutthaya

お次のスポットは、すぐ西にあるローカル市場を突っ切って、アユタヤ島の北に渡ったところにあります。
(と、簡単に書いていますが、本当に市場の人混みを掻い潜るように抜けていかなくてはならないんですよ~)
お寺の名前はワットサームウィハーン(วัดสามวิหาร)というようです。
まあ、かんばんの上の写真が、なにがあるかを物語ってしまっていますが…
とりあえず入ってみましょう。


駐車場側から入って、まず最初に飛び込んでくるのは、この本堂(多分)です。


だって結界石あるんだもの。
でも入り口が閉まって…


と思ったら、裏口が開いていました。
では、お邪魔しま~す。


ということで、本堂内部です。
まあ、閉め切っているわけですね~
お絵かきの最中のようですし。
絵の題材はジャータカのようです。


こちらがご本尊様のアップです。
アルカイックスマイル…
というには、含み笑いというか…
ちょっと不気味な笑みですね。
光背(を模した絵)はこれで完成なんでしょうかね~


で、描きかけのジャータカ。
主に上の段は完成していて、下の段は…
ってことはなさそうですね。
なんせ、足場が上の段を描くための位置にありますし。


で、本堂を出て、すぐ斜め前に、結構デカい仏塔が建っています。
まあ、境内が狭いせいもありますが、煉瓦むき出しで草木が生い茂っている感じが、如何にも東南アジアのジャングルにひっそりと建っている遺跡っぽくていいですね。
この辺、めちゃくちゃローカル居住エリアですけどね。


で、あえて見て見ぬふりしてましたが、仏塔の正面には、簡易的な東屋があり、その下に白い奴が安置されています。


正面視です。
まあ、サイズは…
5m程度ってところでしょうか。


こちらも、なんか悪だくみをしていそうな、不気味な笑みをしています。
でも、降魔印なんですね。
悪魔をサクサク降魔印でやっつける快楽を覚えてしまったのでしょうか…


で、その奥には、ちょっとショボ目のウィハーンが建っています。
でも、タイ人はほかに目をくれずにこちらに向かっているようなので、何かあるんでしょう。


内部は…
うっ…
柱で何も見えない。


ということで、柱をよけて無理やり撮った写真です。
涅槃仏自体は20m程度なんですが、柱の位置が最悪なのでしょうね。


とはいえ、地元民に愛されているようで、手の届く範囲は、金箔ですごいことになっています。
でも、足の裏はそれほどでもなかったですし、みんなの体の悪いところが、腕と体の横側に集中してるということ?
というか、一部の顔に金箔を貼った猛者はどうやったんでしょう…
身長3mぐらいあるのかな?


別の角度から。
枕を縫うようにして腕を通していますが、そこまでして、この涅槃のポーズを取りたかったんでしょうかね。


柱が多いとはいえ、金箔を貼るために、涅槃仏のそばまで登れる仕様になっているのは、カスタマーズファーストな感じでいいですね。


後ろから見ると、頭と枕と腕が一体化しているのがわかります。
悟りを開くのには、これぐらい座してしないといけないってことですね。


で、涅槃の周りには、いろいろと飾ってあるのですが…
これ、もしかして仏陀の頭のとがった部分?


こっちは無造作に置かれていますが、やはりアユタヤ時代の遺物なんですかね…
仏塔も古そうでしたし。


Jan./'13
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
仏塔(しかも古そう)あり、大仏あり、涅槃ありと、なかなか楽しめそうなスポットです。
なんでこんなにマイナーなのか…
やはり、住宅地過ぎて、近づくのが難しいのでしょう…
(と、勝手に思っています)
まあ、ほかのアユタヤの大部分とは、ちょっと毛色の違うお寺なんで、遺跡に飽きた時のおつまみ的に楽しむといいかもしれません。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 14°22'13.92" N
100°34'22.24" E


24.2.15

Wat Senasanaram Ratworawihan / Ayutthaya

お次は、アユタヤ島にある、ローカル屋台街(夜になるとずらっと並ぶところ)の道を挟んで反対側に、涅槃仏があるとのことでやってまいりました。
(ちょっと奥まっているかな?)
名前はワットセーナーサナーラームラートウォラウィハーン(วัดเสนาสนารามราชวรวิหาร…正直自信なし。GoogleMspに従いました)と言います。


こちらが本堂…
と思いますが、ともかく閉まっているので何も言うことはありません。


とりあえず、本丸の前に周りを拝観し、心を落ち着けましょう。
こちらはウィハーンといつもセットの仏塔です。
さすがに現役のお寺なだけあって、金ぴかですが、規模で言ったら大したことありません。


で、こちらがその涅槃仏を安置しているお堂のようですね。
もうすでに窓越しにチラ見えしてますよね。


ということで、ご本命の登場です。
まあ、サイズ的にはぼちぼちといったところでしょうか。
なんせ、ウィハーンのサイズが20m弱と言ったところのようですし。


とはいえ、ご尊顔を含め、全体的に出来栄えは良さそうですね。
さすがに歴史があるのかどうかは分かりませんが、古都の由緒あるお寺っぽいです。


よく見ると、目が螺鈿細工で出来ています。
ちょっと凝っていますが、こうやってみると怖いです。
目尻とかもしっかりと再現されていますし…
目やに溜まりそうです。


足の裏はもちろん偏平足で曼荼羅けです。


これは…
赤子を取り上げている仏陀にも見えますが、赤子の方が仏陀?
ともかくあまりお目にかからないようなシチュエーションですね。


Jan./'13
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
涅槃がすべてです。
ただし、小ぶりですが涅槃仏自体は、なかなかの出来栄えなので、パッカーの人が夕食を早めに市場で頂こう…
な~んて時には、寄ってあげてください。
(ここは夜の屋台が有名らしいんです。2回ぐらいしか来たことないですが)
あまり遅いと閉まっちゃいそうですが。


Google earth 座標(分かるやつだけね)

 14°21'48.64" N
100°34'23.61" E