みなさまあけましておめでとうございます。
昨年は更新も滞る中、このようなマイナーなブログを閲覧していただきありがとうございました。
本来なら、昨年中にランカムさんも含め、あと11か所UPし、年始は昨年同様地獄寺から始めようかと思っていたんですが…なかなか難しいですね。
気力の続く限り、巻き返しをはかってみますので本年も温かく見守ってください。

あと…こんなページがあるんですけど…
内容的に、Google Mapのマイマップからの自動生成みたいですが、1ページに全スポットが表示されるんで、意外に便利かも。

ツイッターで更新情報、再訪情報などつぶやいてます。
マレーンポーのツイッタ

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

25.1.15

Wat Phra Phutthabat Khao Sai / Phichit

場所は一気にピチットへ。
幹線道路?11号線の、ペチャブンとの県境近くにワットプラプッタバートカオサーイ(วัดพระพุทธบาทเขาทราย)という山寺があります。
名前の通り、仏足石を安置したお寺のようです。


見ただけでお腹いっぱいになりそうなくらい、長い階段です。
しかも、目的地が階段の途中にあるため、どうしてもこれを登らねばならないようです…


ゼイゼイ…
ということで、彼が見えてきましたよ。


Google様の定規で測ると、30mオーバーあることになっていますが…
本当かなぁ~?


こちらがご尊顔です。
とぼけたお顔をして、すべてを見守っているのでしょう。
首のしわが妙にリアルです。


…はぁ…
まだ先は長いようですね。


涅槃仏の後ろ姿です。
いえ、ちゃんと自分の足で登ったぞ!という実績作りのための写真です。


ふぅ~
ようやく山頂が見えてきましたよ。
このあたりに来ると、下からよく見えないようなもの…
例えば、手すりとかは省略OKになるようなことも、しっかり見えちゃいます。
上の方こそ危ないんで充実してほしいところですが。


これが山頂の…
モンドップには見えませんが、仏足石を安置しているお堂のようです。


屋根の上には、かなりかわいらしいサイズの仏陀が鎮座していますが、登り口がないため、ちょっと近寄れないようです。


で、下のテラス部分。
建物の周りには、いろいろと仏陀や高僧の像が並べられています。
壁が黄色いからか、ちょっと明るい印象を受けますね。


内部も壁をぐるっと囲うように仏陀が並んでいます。


で、この狭い入口の奥に仏足石が安置されているわけですね。
すでにチラ見えしてますし。


ということで、こてこての金泥で塗りたくられたここが、仏足石を祭ってあるところみたいです。
結界のように張りめぐらされた蜘蛛の巣…って、逆か…
ともかく、この蜘蛛の巣状のやつ、むっちゃ邪魔です。


仏足石は…
ちょっと地味ですね。
金箔のつけられ方もいまいちですし…
地元の人たちに愛されていないのでしょうかね。


…と、外を見ると、ちょっと飛び出たところに、立像が立っています。


まあ、10m弱といったところでしょうか?
一人だけ屋根のないところに立って、どこを眺めているのでしょう…


って、何にもないですね。
山と…足元に少し見える道は、山門のあたりまで続くう回路です。


せっかくなので、パノラマってみました。
建物の雰囲気伝わりますでしょうか。


ということで、お堂から登ってきた階段を見下ろしてみると…
う~ん、我ながら頑張りましたね。
というか、ここ降りなくてはいけないんですね…
はぁ。


Jan./'13
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
涅槃と、頂上のお堂が唯一無二の売りです。
どちらもそれなりに見ることができますが、強くアピールするものは感じられませんね。
もう少しインパクトがあるとよかったんですけど。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 16°09'29.27" N
100°37'43.22" E


19.1.15

Wat Nang Phaya / Phitsanulok

ということで、ピサヌローク中心にやってまいりました。
朝っぱらから人でごった返しているピサヌロークNo.1の大人気のお寺Wat Phra Si Rattana Mahathat
それを横目に、道をはさんでお隣のお寺、ワットナーンパヤー(วัดนางพญา)にお参りしましょう。


場所が良いからなのか、単に境内が狭いからなのか、道から入ってすぐ本堂が構えています。
お隣さんの人気の余波をかって、こちらにも結構人が集まってきているようですね。


ということで、本堂です。
比較的新しそうに見えますが、タイは古いお寺でも、極彩色に塗りたくるからな~


入り口ではみんなが寄ってたかって、布袋様に金箔を貼りまくっています。


で、本堂内部。
内装も、ご本尊様もなかなか見事なんですが…
なんかお隣のお寺のご本尊とそっくりですね。


アップです。
横に写真を並べて比べると、ちょっとだけディティールを含めた荘厳さが落ちますが、単体で見れば全然OKです。
むしろ背景にも金色を多用している分、タイ人的にはこっちのほうがいい?


で、壁には仏陀の生涯が描かれています。
絵のレベル的には平均よりも上といえるでしょう。


こちらは仏陀生誕の図で…


こっちは、釈迦の夜逃げの図ですね。


宮女がだらしなく寝ているわけでは…むしろ奥さん?行儀よく寝てるんですけどね~


本堂以外にも、境内の壁なんかに、こんな…ラーマキエンくさい絵もあったりします。
しかも、意外に出来が良かったりします。


本堂裏には、ひっそりと古そうな仏塔が建っていますが…
さすがにタイ人は見向きもしませんね。
一応ここを抜けると大通りに抜けるんで、タイ人も全くここに来ないわけではないのですが…
ご利益のないものには興味ないんでしょうね。


Jan./'13
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、半分は立地の良さで集客しているようなものですが、単体で見ても、ご本尊様はそれなりに見られます。
横並びなので、ついお隣さんと比較してしまいがちですが、ついでに寄ってみていく程度なら気にもなりません。
その程度のところなので、間違っても本命に行かずに、ここだけに行こうなんてことはしないように。


Google earth 座標(分かるやつだけね)

 16°49'21.24" N
100°15'42.94" E