サケオ編に入ってはや4スポット目。残るは3スポット+再訪記事のみです。
その次は、タークミャンマー編に移っていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

17.8.17

Wat Thap Siam / Sa Keo

サケオ随一のクメール遺跡Wat Prasat Sadok Kok Thomから、北に5kmほど行ったところに、ワットタップシアム(วัดทัพเซียม)というお寺があります。



門の左右では、黒とピンクの象さんがお出迎えしてくれます。




最初、象さんの鼻が、切断されちゃっているのかと思いましたよ。
ピンクの部分、開いた口なんですね。
って、そんなことはどうでもいいことなんです。



ここの、唯一の売りは、こちらの遺跡なんですからね。



外周の壁の、南東側の角の部分。
この辺りが一番まともに形が残っているかな?
でも、これオリジナルでしょうか、それとも積み直し?



で、そこから北側…
入口部の方はこんな感じです。
もう、ほとんど原形を保っていないのがわかります。



で、その東向きの入り口部を、正面から見たところ。
さすがにこれは、がれきを並べ直したって感じですかね。



で、壁の内部。
入口から南西方向を見ているのですが…
基礎も含め、何にもないですね。



北西方向。
やっぱり何もないです。



唯一あるのは、このコンクリの基礎。
おそらく昔、遺跡を利用して、お堂か何かを作ってたんでしょうね。
で、一応貴重な物だよ、と、タイの文化省芸術局に指摘されて、撤去した…
とか、そんな感じなんですかね?
 ※あくまで個人的な感想です。



この遺跡一番の見どころはこれかな?



Nov./'15
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
Nong Chorakhe Yaiに比べればずっとましですが、それでも外周の壁しか残っていないですし、その外壁も大したことないですし…
上記にも書きましたが、Wat Prasat Sadok Kok Thomに近いのが唯一のポイントです。
まあ、そちらに寄った際には、ここまで足を運んでもいいかな?
って、その程度の遺跡です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°53'14.01" N
102°44'27.06" E



15.8.17

Nong Chorakhe Yai / Sa Keo

タイ↔カンボジア国境から直線距離で、約1kmというタイの果て…
両国間では国境をめぐってしばしば衝突があるというニュースもありますが、この辺りはなんとものどかなど田舎です。
で、そのど田舎の村のお寺にあるクメール遺跡が、ノーンチョラケーヤイ遺跡です。



この橋の向こう…
池の真ん中の島にあるみたいですね。



橋の横には、謎のオブジェもお出迎えしてくれます。



こっちも…
あ、この石は遺跡の残骸っぽいですね。
扱いがぞんざいなのは、タイの田舎の大半の遺跡にいえることですが…
もったいないです。



池には蓮を始め、たくさんの草花が咲いていて、見ているだけで楽しめます。



って、ワニ!
多分、これがここの名前の由来なんでしょうね。
と、ここでお詫びです。
この遺跡の正式な名前、調べても良くわかりませんでした。
とりあえず他のHPに習い、ノーンチョラケーヤイとしていますが、これでは”〇〇大ワニ”(〇〇には、寝ている、湿った、兄さんとかのキーワードが入ります。スペルわからないんで特定できません)って意味でしかないですしね。



ということで、島に到着。
なんか良くわかりませんが、こんもりと少しだけ高いところがあって、その周りに、石がごろごろ転がっている…
そんな感じです。



って、この緑の奴も、遺跡のパーツじゃないですか!
なんで緑色に塗っているんでしょうね…
まさかの風化防止…ってことは100%無いと思いますが、とりあえずもったいないです。



で、そのこんもりとした部分の上にあるこれが、この遺跡で唯一まともな形を保っている部分になります。
島に入ってきたのが、西側からなので、これは入口と逆側からの状態ってことですね。



ということで、東側から。
まあ、どちら側から見ようが、10中8、9誰かが適当に積み直したんだと思いますし、ありがたみも半減です。



で、その唯一の部分を取り囲むように、遺跡のパーツがぐるっと円を描くように並べられています。



しかも、同心円を描くように、何重にも並べられています。



外側から中心部の方を見るとこんな感じです。



…おかしいな~
なんか、ストーンヘンジみたいに見えてきました。
疲れてきたのかな?



パノラマ写真でもう一度。
四角を基調としたクメール遺跡とは、似ても似つかない配置ですよね。
というか、ストーンヘンジみたいって思っても仕方ないぐらい、円形に並んでいますよね?
きっと、お坊さんか近所の人が、知識もないのに適当に並べた…
とか、そんな感じなんでしょう。
(確証はないですが)



でも、遺跡はともかく、周りの池はこんな感じできれいで癒されます。



こっちの方が、よっぽど印象的ですよね。



ところで、結局なんで緑色に色を塗っていたんでしょうね。
最後までわかりませんでした。



Nov./'15
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
ぶっちゃけ遺跡の残骸しかありません。
それも、朽ち果てたままの状態に置かれているのなら、まだ趣もありますが、円形に並べられたり、緑に塗装されたり…
せっかくの遺跡のパーツも台無しです。
ここにたどり着くまでの道中も、かなりの悪路で、行くのに時間かかりますし…
これでも、行ってみたいと思われる方をあえて止めません。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 14°01'09.92" N
102°52'32.25" E