タイ赴任1か月たっちゃいました。
仕事がグダグダで、まだ、何にも活動していません…
でも、すでに土日することないので、そろそろ活動再開を計画しようかな~

ツイッターで更新情報、再訪情報などつぶやいてます。
マレーンポーのツイッター

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

23.6.15

Wat Sri Wattana Mongkhon(Sop Pong) / Chiang Rai

先ほどのナムプーローンタムマチャートから道を挟んではす向かい…
ほんの500mぐらいのところに、ちょいと大仏が見えるので、寄ってみることにしました。



なんかおばちゃんが看板の下でガーデニングを楽しんでいますが…
看板を読んでみると、ワットシーラッタナモンコン(ソップポーン)(วัดสรีรัตนมงคล(สบโป่ง))と書かれています。
かっこの中って何の意味なんでしょう…



ということで、境内です。
まあ、そんなに規模の大きなお寺でもないですし、本堂も大仏も小ぶりです。
もちろん参拝客の人数も、規模相応のようです。
(というか、いないし)



まあ、まずは本堂から参拝いたしましょう。
見ての通りの小ぶりな本堂ですし、参拝客も皆無ですけど、何故か扉全開のウェルカム状態です。
こういう人の来ないようなマイナー寺の本堂って、あまり御開帳していないイメージなんですけどね。



本堂は、見ての通りの極小建築で…
せっかくの屋根の高さとか、まったく生かしていません。



ご本尊様です。
なぜか、ご本尊様の頭上だけ、屋根の三角の形状が使われていますが、やっぱり優遇されているんですね。



この狭い本堂内部の壁一面に、びっちりと絵が描かれています。
でも…
さっぱり何の絵かわかりません…



さて、本命の?大仏様です。
規模は…
まあ、大したことないのは最初からわかっていましたが、土台部の建物も、扉が開いていないため、入ることが出来ません…



大仏様の目がすわっていて、結構怖いです…
鼻は平均的タイ人よりも、デカそうです。
で、額の白毫の部分、緑色に塗られていますね。
長い毛が巻いているだけのはずなんですが…仏陀の毛は緑色だったってことでしょうか…



ああ、境内には一応微妙な造形の弥勒様もいらっしゃいます。
で、弥勒様のあたりから、北方向を見ますと…



先ほどの温泉が思いっきり見えてますね。
距離感はこんなものですよ。



Apr./'13
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
まあ、一番の売りになるはずの大仏がこの程度では、とてもとても紹介するには至りません。
唯一の利点?は、幹線道路沿いで目立つところと、先ほどの温泉のすぐそばなんで、ついでに目に入っちゃうってところぐらいです。
間違っても、ここ目当てに訪問しないようにお願いいたします。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 19°06'44.68" N
 99°27'35.60" E



15.6.15

Nam Phu Ron Thammachat / Chiang Rai

ワットプラチャオルワンを出て、118号線を南(チェンマイ方面)へ下ること…
16kmぐらいでしょうか。
右手に謎のクメール遺跡?が目に飛び込んできます。


しかし、ここ、温泉なんですよね~
間欠泉吹き出しちゃってます。
これ、幹線道路のすぐ脇なんですよ。


近くで見ると、大迫力…
というか、水滴降ってきて、涼しいです。
(べたべたになりそうですが)


名前は、ナムプーローンタムマチャート(น้ำพุร้อนธรรมชาติ)というらしいですね。


敷地内には、間欠泉だけではなく、このようなフィッシュスパ(くすぐったいんで遠慮したいやつです)とか…


温泉卵スポットも完備しているようです。


ちゃっかりと温泉卵セットも売ってます。
でも、ここで温泉卵食べちゃうと、飲みたくなっちゃうんで、今回はパスです。


奥には…
おそらく、個室温泉だと思われます。
宿泊ができるかは未確認なのでわかりませんが、ちょっと小さめなんでダメですかね~?
試していないんで、わかりませんが。


個室の前から、先ほどの間欠泉を見てみました。
2階建ての長屋の、3倍近くの高さまで吹き上がっていて、大迫力ですね。
というか、幹線道路走っていて、いきなりこれ見えると、びっくりしますよね!


と、あえて後回しにしていた、クメール遺跡風の建物の方を見てみましょうかね。
見ての通り、なかなかデカくて、下手なタイのマイナークメール遺跡よりもよっぽど規模デカいです。


入口には、新しい感は否めませんが、ナーガ階段のナーガ君はなかなかですね。


で、、メインの祠堂です。
遺跡に詳しくない人なら、パッと見本物と見間違いそうなぐらいは、出来がいいですね~
雰囲気出ています。
少なくとも、ワットプラケオにある、アンコールワットの模型なんか比べ物にならないぐらいはすごいと思います。



こちらはサイドにある祠堂です。
こんな感じに、コの字型のレイアウトのクメール遺跡は見たことないです(まあ、偽物ですし)。
でも、壁のアプサラ?っぽい装飾も、白さ以外は、なかなかいい雰囲気出していますね。


柱とかの装飾も、頑張っている方ではないでしょうか?
でも…立ち入り禁止だそうで…
崩壊の危険があるみたいですね。
でも、中国人っぽい人は、入り込んでました。
英語読めないのか、読めても意に介しないのか…


Apr./'13
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
温泉も、クメール遺跡風の建物も、どちらも十分に楽しめます。
もちろん場所が場所だけに、街道沿いのお土産屋さん兼ドライブインも兼ねていますので、通った際はぜひ!
本当はもっとゆっくりしたいんですけどね~

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 19°06'54.87" N
 99°27'46.38" E