このスポットで、ウッタラディットもおしまいです。次からはスコータイ北部のシーサッチャナライ近辺に移動します。

あと…こんなページがあるんですけど…
内容的に、Google Mapのマイマップからの自動生成みたいですが、1ページに全スポットが表示されるんで、意外に便利かも。

ツイッターで更新情報、再訪情報などつぶやいてます。
マレーンポーのツイッタ

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

30.9.14

Wat Kudi Rai / Sukhothai

先ほどのタオサンカロークバーンパーヤーンのすぐ南…
大体300m程度下ったところに、これまた小さな遺跡があります。
さきほどの窯跡に比べれば、だいぶ規模が大きそうですね。
名前はワットクディラーイ(วัดกุฏีราย)と言うようです。



これが、全景を表したもののようです。
クディ(1)とウィハーン(2)の組み合わせが2つあることになっていますね。



ということで、こちらは少し大きい方のウィハーンと奥にあるのがクディみたいです。
ウィハーン部は、すでに基礎と柱の根元しか残っていませんね。



クディの方は、積みなおしたんだと思いますが、まあ、なかなかいい雰囲気でしょうかね。



でも、内部にあるはずの仏陀は、跡形もありません…
わずかに残る土台部分が、当時あったであろう仏陀の面影を残しています。



で、向こうに見えるのが、もう一つのウィハーン&クディのようです。



地図からすると、若干さっきのより小さいみたいですが、あまり変わり映えしませんね。



こっちのクディは、少しだけ漆喰の装飾が残ってますね。
これぐらいなら、十分許せますね。
(だいぶ遺跡に対して贅沢になっていますかね?)



Dec./'12
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
先ほどの窯跡に比べれば、雲泥の差です。
とはいえ、周りにある有名なシーサッチャナライ遺跡群と比較してしまうと、どうしても見劣りしてしまいます。
まあ、目の前を通った時に、気づいてしまった時には寄ってみてもいいかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 17°26'21.26" N
 99°47'11.50" E


より大きな地図で 変スポ を表示

22.9.14

Ban Payang Klin Site / Sukhothai

さて、舞台は一気に飛んで、スコータイ県のシーサッチャナライ近郊。
以前来た時に取りこぼしたスポットをいくつか周ろうと、ちょっと寄ってみました。
(本当はただの通り道だったんですけど)
最初のスポットは、タオサンカロークバーンパーヤーン(เตาสังคโลกบ้านป่ายาง)と言います。
パーヤーン村窯跡って感じですかね?



ということで、ドーンと横たわっているのは、こんな感じの窯跡です。
まあ、タイ語に”サンカローク”とあるのは、例の宋胡録(スンコロク)焼きの語源なんでしょうかね。



完全に、窯の天井は崩落していて、枠しか残っていませんね。
奥の丸いところが、煙突があった部分っぽいですね。



ということで、最奥側から手前を見てみました。
まあ、ぶっちゃけこれ以外何もありません…



Dec./'12
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
スコータイ時代の遺跡かもしれませんが、さすがにこの規模では、、評価低いのも致し方ありません。
確かに道端にあるのですが、気にしていなければ、軽く見逃してしまうレベルですが、見逃しOKです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 17°26'33.60" N
 99°47.10.25" E

スコータイSukhothai


より大きな地図で 変スポ を表示