みなさまあけましておめでとうございます。
今年もこの稚ブログを温かい目で見守って頂ければ幸いです。

私は休みの間、南の島でだらだらしていました。
おそらく今年中にはUPできると思いますがいつになることやら…

とりあえず、新年1つ目のスポットに、無理やり地獄寺をぶち込みましたがいかがでしたでしょうか。
次回より、中部界隈をぐるっと周っていきますのでよろしくお願いいたします。

マレーンポーのツイッター

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

16.7.16

Wat Takian / Nonthaburi

ワットチャローから、東の方向に約10kmほど向かったところに、ワットタキヤン(วัดตะเคียน)というお寺があります。


入口入ったそばからこんなのが寝ていますが…
まあ、気を取り直して奥に行ってみましょう。


こちらが本堂のようです。
まあ、ひと目見て普通でないことが伝わるかと思いますが…


やっぱり目立つのはこれですよね。


で、反対側はやっぱり竜になっています。


しかも、この口の中から入れる…
はずなんですけど(タイ語でタータオーク…出口って書いてあるし)、なぜか格子扉がガッツリふさいで入ることが出来ないようです。
残念。


本堂の前に飾ってあったこのパネル、どうも2011年の洪水の時のもののようですが、このお寺も思いっきり水没したようですね。


で、本堂下もガッツリと水没してしまったため(&まだちゃんと補修できていないため?)入られないってことでしょうか…


本堂周りには、怪しげなコンクリ像がところどころ配置されています。
これはトラってわかりやすいですが、体に書かれている文字や数字、何か意味でもあるんでしょうかね?


こちらは、例のお方のようですね。
なんでまた、こんな陸地の方にまで…


本堂横には、一応タンブーン場も設置されているようです。


が、タイ人人っ子ひとり近寄ってきていません。
やはり本堂のインパクトにはかなわないようですね。


やっぱり内部気になりますよね?
ということで、入り口側から覗いてみましょう。


なんか片付いている気もするのですが…
なんで入れないんでしょうね。
残念です。


Jan./'14
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
本堂下に入ることが出来たのなら、評価も変わったと思いますが、まあ、入り口の竜虎と、周りの怪しげな像以外は見るべきものは無さそうです。
まあ、このあたりはバス等で比較的簡単に来られると思いますので、気が向いたら覗いてやってください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°49'41.80" N
100°25'21.20" E

16.6.16

Wat Chalo / Bangkok

バンコク南部線から2km弱ほど北に向かったところに、ワットチャロー(วัดชลอ)というお寺があります。
すでに夕方4時ごろなんで、逆光っぽいんですが…
頑張っていきましょう。


このお寺唯一無二の目玉が、こちらの船の形の本堂です。
写真が黒っぽいのは、先に言い訳しておいた理由のせいです。
これ以上下がれないのですが、フレームに収まり切りません。
もちろんデカいのもありますがね。


ということで、無理やりパノラマで撮ってみました。
でも、うまく撮れなかったようで、ところどころ写真にずれが生じちゃってます。


船の脇には、ナーガ君を作っているようです。


で、どうもこの橋を越えたところ…
船の胴の部分にある扉が入口みたいですね。


内部…船底部分はこんな感じでがらんとしちゃってます。
言い換えると、”なにもありません”。


でも、甲板に上がる階段はあるようです。
とりあえず登ってみましょう。


ということで、目に入ってくるのは、先ほどの船首部分のようです。
後ろから見ると、なんかイメージ違いますね。


で、後ろを振り向くと先ほど船の上にあった本堂が現れます。


内部は…
さすがに船の上ともなれば、規模が小さくなってしまうのは、やむを得ないところでしょうか。
ただ、内装自体もかなり質素なようです。


ご本尊様のUP。
手前の金色のがご本尊様で、後ろは影の仏陀?
どちらがご本尊様かよくわかりませんね。


ちなみに境内は、こんなのぐらいしかありませんでした。


Jan./'14
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
こちらも、バス、汽車などで近くまで来ることができるため、比較的バンコクから行きやすいところにあるといえます。
ただね~、これだけのために来るのはちょっと考えものですね。
まあ、暇な休日に、ふと思い立って近場のデイトリップするとか、そういったときには、周りの下町感なんかも楽しみながら来れるので、ありかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°48'21.64" N
100°28'35.71" E