みなさまあけましておめでとうございます。
今年もこの稚ブログを温かい目で見守って頂ければ幸いです。

私は休みの間、南の島でだらだらしていました。
おそらく今年中にはUPできると思いますがいつになることやら…

とりあえず、新年1つ目のスポットに、無理やり地獄寺をぶち込みましたがいかがでしたでしょうか。
次回より、中部界隈をぐるっと周っていきますのでよろしくお願いいたします。

マレーンポーのツイッター

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタの飯屋を検索しても、一部の有名日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

3.9.16

Wat Prang Luang / Nonthaburi

ワットタキヤンから、直線距離で、北に1.4kmほど(実際は倍以上の移動距離あります)のところに、プラーン(トウモロコシ型の仏塔)の遺跡があります。
お寺の名前は、ワットプラーンルアン(วัดปรางค์หลวง)というようです。
…周りもかなり暗くなってきましたが、もう少しだけ粘ります。


こっちは本堂っぽいですが、やっぱり固く閉ざされていて入ることが出来ません。
まあ、目的と違うんで、スルーしましょう。


看板(写真部)によると、ここの売りはプラーンと、仏陀のようですね。


一応境内Mapはこんな感じ。


ということで、こちらがメインディッシュのプラーンのようです。
奥に仏塔と言うことは、手前は昔からある本堂の場所ってことでしょうか。
つまり、そこに現代風の本堂建てちゃったと。


こちらの本堂の周りは、さすがに昔の基礎が残っているようです。
椅子が何かは詮索しないでください。
私もわかりません。
(まあ、お坊さんのお説教聞く会用だと思いますけど)


で、本堂部。
奥のお堂には、看板にあった仏陀が安置されているみたいです。


内部ドーン。
まあ、ここだけ見れば、天上の圧迫感もあり、大仏が大きく見えるところなど、なかなか面白い配置となっているのですが…
如何せんここは昔の本堂跡地。
せっかくなんで、遺跡っぽい雰囲気残したまま、残っていた部分を利用して作ってほしかったものです。


ご本尊様UP。
そんな私の想いなんか眼中にないといわんばかりの、ちょっとひねくれた顔に見えるのは、先入観のせいでしょうかね。


こちらが本命のプラーン。
まあ、アユタヤとかに行けば腐るほどあるんですけど、こんなバンコクの側(正確にはノンタブリですが)にあるのはちょっと珍しいかな、と思います。


窓部にはちゃんと仏陀も残っていますし、漆喰の装飾も一部残っていて、意外にいい感じです。


周りのこれは、昔からのお濠…
だったらいいな~と思うのですが、たぶん違いますよね。


Jan./'14
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
本堂下に入ることが出来たのなら、評価も変わったと思いますが、まあ、入り口の竜虎と、周りの怪しげな像以外は見るべきものは無さそうです。
まあ、このあたりはバス等で比較的簡単に来られると思いますので、気が向いたら覗いてやってください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°50'21.59" N
100°25'21.46" E



16.7.16

Wat Takian / Nonthaburi

ワットチャローから、東の方向に約10kmほど向かったところに、ワットタキヤン(วัดตะเคียน)というお寺があります。


入口入ったそばからこんなのが寝ていますが…
まあ、気を取り直して奥に行ってみましょう。


こちらが本堂のようです。
まあ、ひと目見て普通でないことが伝わるかと思いますが…


やっぱり目立つのはこれですよね。


で、反対側はやっぱり竜になっています。


しかも、この口の中から入れる…
はずなんですけど(タイ語でタータオーク…出口って書いてあるし)、なぜか格子扉がガッツリふさいで入ることが出来ないようです。
残念。


本堂の前に飾ってあったこのパネル、どうも2011年の洪水の時のもののようですが、このお寺も思いっきり水没したようですね。


で、本堂下もガッツリと水没してしまったため(&まだちゃんと補修できていないため?)入られないってことでしょうか…


本堂周りには、怪しげなコンクリ像がところどころ配置されています。
これはトラってわかりやすいですが、体に書かれている文字や数字、何か意味でもあるんでしょうかね?


こちらは、例のお方のようですね。
なんでまた、こんな陸地の方にまで…


本堂横には、一応タンブーン場も設置されているようです。


が、タイ人人っ子ひとり近寄ってきていません。
やはり本堂のインパクトにはかなわないようですね。


やっぱり内部気になりますよね?
ということで、入り口側から覗いてみましょう。


なんか片付いている気もするのですが…
なんで入れないんでしょうね。
残念です。


Jan./'14
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
本堂下に入ることが出来たのなら、評価も変わったと思いますが、まあ、入り口の竜虎と、周りの怪しげな像以外は見るべきものは無さそうです。
まあ、このあたりはバス等で比較的簡単に来られると思いますので、気が向いたら覗いてやってください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°49'41.80" N
100°25'21.20" E