あ…知らん間に1950スポットになってたよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、2日目始まりました。
計26か所の予定をしています。
1日目と同様、ほとんどは遺跡だよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.5.10

Wat Thep Khiri Udom / Surin

先の遺跡からすぐ近く、ちょっとだけ南にいったDomとか言う町(だって誰も知らないでしょ?)の中心に、このワットテープキリウドム(วัดเทพคีรีอุดม)があります。
いや、別に有名でも何でもないお寺です。
たまたま次の場所に行く途中に、何故かチャーターしたドライバーが迷い込んだ?だけです。
まあ、たしかにこの仏塔はちょっと目を引いたんですけどね。


とはいえ、このお寺、微妙に境内にコンクリ物が配置されています。
このヤックも良い味出していますよね。
ではヤックから、本堂を時計回りにまわって見ましょう。


これは仏陀の一生の1シーンでしょうか…
微妙に小さいんですけど、コンクリ天国ではおなじみのシーンですね。


う…ピンボケで…
ちょっとあせって写真撮ってしまいました。


これは…
仏陀の生涯の1シーンですけど、このなんともいえない脱力系の造詣が、他のお寺との差別化を図っているポイントなんですね、きっと。


まだまだこんな感じで、ぐるっと本堂を取り囲むようにコンクリ物語が展開されています。


お父ちゃん、がんばってますね。
(マハーって書いてあるんで、一般人ではなさそうですけど)


なんか首絞めてますけど、家庭崩壊したんでしょうか…
(な訳ないですけど)
ということで、1周完了。


ああ、一応まともな?仏陀もいますよ。


ところで、何故か境内の隅に、こんな微妙なものがあったんですけど…
まさか遺跡じゃないでしょうし…なんでしょう?


Mar./'10
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
さすがにたまたま行っただけで、そうそう当たりのスポットを見つけられる訳ないですけどね。
でもこのコンクリ天国はちょっと意外でした。
もちろんわざわざ出向くほどのところではありませんが、次のスポットと500mほどしか離れていませんので、そこに行ったついでに寄ってみるぐらいならいいかもしれません。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 33'17.72" N
103°52'37.45" E


View 変スポ in a larger map

19.5.10

Prasat Yai Gao / Surin

次からスリンに入りま~す。
実は行ったことも宿泊したこともあったんですけど、肝心のスリンのスポット、どこにも行ったことがないのに気づいたんで…
でも、スリンって本当クメール遺跡ばかりなんですね…
ということで、スリン最初のスポットは、このプラサートヤーイガオ(ปราสาทยายเหงา)です。


中央部を取り囲むように、このような…塀の跡ですかね?が張り巡らされています。
低いんですが、微妙な高さを保っていて、越えるの大変です。


これが中央(というか南ですかね?)の祠堂です。
こちらは結構形を保っているようです。
でも、補強は必要なようですけど…
塔の上に生えている草が、いかにも廃墟感を感じさせます。
もっと手入れすればいいのに…(入場料タダだけど)


これが祠堂の入り口。
内部は…


やっぱり…
さすがタイ。
なんでもとりあえず仏陀を祀っちゃってます。
でも、ちゃんとした涅槃仏(市販品じゃなさそう…)ですね。


塔の周り、よく見るとしっかりと装飾が残っています。


こんな感じ。
砂岩の装飾もいいですけど、こういうレンガ直彫りのもいいですね。


さて、もうひとつ、北側にも塔(の残骸?)があります。
崩壊寸前で、かなりヤバそうです。


内部も…タイ人も、仏陀を祀る気もおきないようです。
(一応申し訳程度の小さいのが置いてありますけど)


もうこんな感じで、木製のつっかえ棒なしでは自立もままならないようです。


塔の北にはこんな場所があります。
さすがに当時の遺跡ではなさそうですね。


でもよく見ると、遺跡の破片?が無造作に置かれています。


屋根の下にも…
ナンバリングしてあるところを見ると、直す気はあるのでしょうか…
いつのことやら…


Mar./'10
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
私もよく知りませんが、この手のレンガに直接模様を彫りこんである遺跡、あまりないんではないでしょうか…
大体漆喰、砂岩に彫ってあるか、それらがとれてラテライトむき出しな遺跡ばかりな気がします。
そういう意味では結構いいかな?って気がしますね。
でも、ここだけで来るのはちょっと厳しいんで、私みたいに?近場の遺跡まとめて見る形がいいかもしれません。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 37'09.10" N
103°53'15.67" E



View 変スポ in a larger map

14.5.10

Prasat Taleng / Si Saket

再訪

プラーンクーから、南に14kmほど…
ダートを抜け、砂利道を越え…
ようやく目的地に到着しました!
って、後から気づいたんですけど、ここ9年間前に来たことありましたね。
まあ、せっかくなので、まずは、遺跡はちょっとスルーして、正面の東側に一度出てから、改めて遺跡を堪能するとしましょう。



ああ、とりあえず看板チェックね。
遺跡の名前は、プラサートターレーン(ปราสาทตาเล็ง)ですよ~
一応英語もあるので、各自興味があれば、解読願います。



ということで、東側にやってきました。
こんな立派な看板作っちゃって…
これから売り出すのに向けて、絶賛整備中って感じでしょうか。
めっちゃダートですけど。
前はこんなの全くなかったのにね~


さらに東側には、大きな長方形の池があります。
…さすがに、これはバライじゃなくて、灌漑用のため池かな?



で、振り返ると、こんな感じに、まっすぐ奥に向かって伸びる参道があり、その脇には、ずらっと灯篭が並べられています。



まあ、当然新しいものなんですけどね。



で、その先に、遺跡部分が広がっているって感じです。
ああ、最初の写真の場所ですね。



これが遺跡全景…かな?



この辺りのラテライトなんか…きっと、適当に並べたんだよね…
前、こんな感じじゃなかったと思う。



ああ…ピンボケや…



この、遺跡の横にあるのは、バライ…



じゃなくて、お堀っぽいですね。
おそらく昔は、ぐるっと1周取り囲んでいたんでしょう。
でも…
これも、前はなかったような気がしますが。



そして、周りには、遺跡の残骸が…


そして、あれがメインの祠堂のようですね。
1つだけですが。
前来た時には、屋根がなかったし、これも最近設置したんでしょう。



祠堂正面より。
サイズも小さく、屋根部分も崩壊していますが、砂岩のレリーフとか、結構残っていますね。
昔の写真と比べると、つっかえ棒以外は、あまり手を入れてい無さそうです。
そして、基部があらわになって、ちょっと遺跡らしくなった?



脇にあったまぐさ石。
さっきの説明看板に、『Lintel on the north doorflame carved lintel depicting Indra riding Erawan』って書いてあったんで、これが『エラワンに乗るインドラを描いたまぐさ石』ってことかな。



こいつは、昔、尖塔部分にあったパーツかな?



でも、下の石、ドアフレームか何かだよね?
なんでこんなところに配置したんだろう…



で、入り口左右には、砂岩のレリーフがばっちり残っています。



柱上部の飾りにも、ナーガ君がばっちり。



…蜂いないよね?



内部は、さすがにヨニも何もなく、ちょっとクメール顔が入った仏像が安置されてましたよ。



この辺の壁は、積み直したのかな?
前もこんな感じでしたが。


改めて、祠堂を斜め…
南東方向から眺めてみました。
それでは、毎回恒例?ぐるっと遺跡を周ってみよう!のコーナーに入りますか。



しかし…
この辺りは、祠堂の南エリアなんですけど、砂岩の破片を、まとめておいてあるみたいです。
めっちゃ適当やん…



ああ…
こんな貴重なまぐさ石も、こんな扱い…
これ、昔はちゃんと立ててあったっぽいんですけどね~



こっちや…



こっちにも、しっかりレリーフの刻まれたパーツがごろごろ…
もったいない。
どんどん風化しちゃうよ。



これは、南から見た祠堂。
柱邪魔だな~



南西側…


そして、西側から。



ああ…
こんなところにも、まぐさ石が無造作に置かれてるよ…
さすがにこれ、本物っしょ。



北西側…
と行きたいところですが、柱が邪魔過ぎるんで、少し西よりから。



こっちにはレンガの山が…
って、あれ?
レンガで出来た構造物、この遺跡内で、1つもなかったよね?
実は昔、レンガで構成された構造物もあったってこと?



北側から…



そして、北東側から。
やっぱつっかえ棒、邪魔だな~



ということで、遺跡入り口に戻ってきました。
まあ、こんなもんでしょう。



Jul./'19

以下過去の記事


シーサケットの南西の端、すぐ側はスリンとの県境…
ぐらいのところに、ひっそりと建っているクメール遺跡、プラーサートターレーン(ปราสาทตาเล็ง)があります。
まあ、こんな程度?の小さな遺跡です。


とはいえ、ところどころに無造作にまぐさ石が置かれていて…こんなにそばで見れるのも貴重ですね。


これがメインの祠堂です。
もう崩壊寸前ですね。


祠堂の横にもまぐさ石が立てかけられています。
入り口上にあったであろうものでしょうか…


入り口両脇の柱にも、まだ見事な装飾が残っています。


祠堂内部。
ここはお約束のタンブーンポイント改造済みのようです。


あ、こっちにもまぐさ石が…
本当、無造作に置かれていて、こっちが心配になっちゃいますよ。
他の遺跡のまぐさ石なんて、博物館に保管されちゃったりしているご時世なんですけどね。


なんかよくわかりませんが、敷地内で尼さん?白装束のかたが、テント張ってました。
これも修行なんでしょうか…


Mar./'10
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
規模は小さく崩壊寸前ですが、まぐさ石や柱の装飾等を舐めるように見ることができる、なかなかいい感じの遺跡です。
ただ、場所はもう…運転手が地図も読めない困ったさん(の癖にチャータータクシーやるなよ)なのも手伝って、メインの道からココに来るのに、3、4回は道を聞きました。
入り口も村の中にあり、看板も…確かあったけど分かりにくかった覚えがあります。
自力で来るより、素直にタイ人につれてきたもらった方が無難でしょうね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 43'45.05" N
104°01'18.42" E


View 変スポ in a larger map