今回のスポットで、チェンマイ編終了です。
その次は、プチバンコク近郊編(3スポット)、ラン島再訪編(3スポット+1再訪)を予定しています。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.1.08

Wat Thammamongkhon Thaobunyanon Wiharn / Bangkok

バンコク⇔チョンブリ間を結ぶバンナートラート高速を走っていると見える、変わった建物があります。
通勤でここ使うんで、嫌でも毎日目に入ってきます。
ということで行って見ましたよ、とりあえず。
ウドムスックに程近い、スクンヴィットSoi101を奥に進むと…見えてきました、看板が。
ワットタムマモンコン(วัดธรรมมงคล)と読むようです。
※看板はDhamma...となっていますが、タイ語のスペルからするとThamma...が正しそうです。



看板のある細い路地をズンズン奥に進んでいくと…おお、見えてきましたよ。



正面からチェディ(仏塔)を見たところ。
説明書き(英語)によると、この塔はインドブッダガヤの塔のイミテーションで、上の塔(なぜかタイスタイル)の先っぽにある傘はダイヤモンドで飾られている…
とか、どこまで信じていいのかわからないようなことが書かれています。
ともかくこんな形の塔は他ではなかなかお目にかかれません。



塔の裏側には立像があります。
6~7m程度でしょうか?



その上にも壁一面にレリーフが施されています。
表も裏も結構凝った装飾になっています。



塔正面のお堂は…本堂でしょうかね?
ご本尊としてはそれほど大きくないようですが…
そうもバングラディッシュから拝借?してきたもののようです。
普通にタイ人がお祈りしています。



ちなみに塔に登ってみました(エレベーターと階段併設)が、どうも学校っぽい作りでした。
入り口付近には、ここのお寺の完成予定図…っぽい模型が飾ってあります。
でも、実物はこんなにいっぱい建物ありません。
現在はまだ50%以下の完成度のようですね。



さて、となりにはまたちょっと変わった建物があります。
プラブッダモンコンタムスリタイ(Phra Buddha Mongkhontham Srithai)展示館…英語に”Pavilion”って書いてあった…と言うようです。
でも壁は全面ガラス張りですし、たしかに普通のお寺とはイメージが全然違います。



中には金色の岩?の上に仏陀が鎮座しています。
あんま大きくないですね、飾りはすごいですが。



天井のレリーフも結構凝っています。



奥には観音様…こっちも不思議な装飾が…なんで背景だけ岩の模様なんでしょうね?



英語の説明を信じると、この2つの像はカナダ産の翡翠で出来た世界最大のもの一つで、しかもなぜかイタリア人芸術家によって作られた…となっています。
…自分の訳があっていればですが…念のため英語説明も付けときます。



Jul./'06
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、一般人が行ってもあんまり面白くないかもしれませんね。
でも普通のお寺に飽きた人なら結構面白いですよ。
観光客皆無ですし。
でも、模型を見ると結構な庭園も作られる予定のようですし、完成すればもっと楽しめるかもしれません。
…あれ?そういえばどこにも金箔貼ってなかったよ…(見逃したかな?)

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 41'16.72" N
100°36'56.03" E


View 変スポ in a larger map

Chao Mae Tuptim Shrine (Goddess Tuptim Shrine) / Bangkok

バンコク新市街プルンチットの近く、センセーブ運河沿いにナイラートパーク(Nai Lert Park)ホテル…旧ヒルトンインターナショナルホテルがあります。
ここは天皇皇后両陛下が2006年6月にタイを歴訪した際に宿泊されたことのあるという、結構しっかりしたホテルなんです。
そのホテルに怪しいスポットがあると聞いて行ってきました。
下は某ガイドブックの地図です。
古いんでホテル名も旧名のままですが…”リンガの祠”と書かれています。

 注)今の某”X球の歩き方”の地図からは削除されちゃっているようですね。
   やはりイメージがそぐわないからなんでしょうか…



で、とりあえず地図の場所に行ってみたんですが…
ホテルのエントランスがあるのみで、それらしき物が見当たりません。
エントランスからの眺め…あるのはこんな普通の建物だけ。



このエントランスの下には駐車場があるようです。まさか地下に!?
ということでとりあえず覗いてみましょう。
駐車場入り口。特に案内看板とか何も見当たりません…



駐車場内…う~ん、あきらかにただの駐車場&通路です。
それ以外の何物にも見えません。
どうもガイドブックにある場所に、それらしき物はないようです。
ともかく警備員の白い目を横目に奥に進んでみます。



突き当たり付近に何か見えてきましたよ…
ソレっぽい物が。



こ…これはアヤシイ…
通路の両側にち〇こ…いや、リンガが整然と並んでいて、その奥に祠?とご本尊?の巨大リンガが立っています。



…ここまで来るとリンガというより、キノコが密集して生えているようです…しかも毒。
何で赤が多いのでしょうか…タイ人なら黒そうなのに…(失言)。



材質も色々あるようで…木に石にコンクリートに…タイル??
何か意味あるんでしょうか?



こっちは中途半端な台に飾られています。
根元側の鈴っぽい物は…やっぱアレですかね?



こっちは…足生えてます。
しかもシッポとお稲荷さまが…しかも本体に比べて異様に小さい…
ってか何でしょうこれ?生き物ですか?



まあ、どうも400%子宝授かり系の祠のようですね。
タイは仏教なのにリンガ(=シヴァ神の化身)信仰普通にありますしね。
確かにこんな所に来たら女性どころかオカマちゃんまで妊娠出来ちゃいそうです。
ほら、細部のスジまで見事に再現…いきり立っています。
…モザイク要りますか?ここまでくると…



某日本語ガイドには載っていますが、何故か白人向けの”孤独な惑星”ガイドには一言も載っていません。
確かに白人の方々がこんな場所知ったら大挙して押しかけてくる事必至。
しかし…何でどこにも案内看板等ないんでしょうね…
やっぱりホテルのイメージにそぐわないけど壊すわけにはいかない。
でも、そこだけ避けてホテル建てると行けなくなるため分ける事もできなかった…
そんなところでしょうか?
ホームページでも一言も取り上げられていませんでした。

Jul./'06
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、わざわざここ見るためだけに行くほどではなさそうですが…
他の人に”行って来たぜ!”って自慢できないし。
ただ…確かに子宝に恵まれない方になら十二分にご利益ありそうなんで、そういう方はどうぞ…
オカマちゃんの場合の実効は補償しかねますが。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 44'53.91" N
100°32'47.38" E


View 変スポ in a larger map

28.1.08

Unknown Castle / Bangkok

タイで合法労働している人にはおなじみのサラビルディング。
(労働許可とか取るところ)
ここから道を挟んだところに、謎のお城があります…
何故か西洋風。
これ見てお菓子の城を思い出す私は愛知県民…
ともかく入ってみましょう。



敷地に入ると…どうもカート場のようですね。
ピット部もちゃんと建物があり、結構しっかりした作りのようですが、なぜか誰もいません…日曜なのに。



コース側から見た感じ。
バンコク桜(桜じゃないけど)が違和感倍増してます。



しかし何の建物なんでしょう、と中を覗くと…?
どうも廃墟のようです。
しかも良く見ると上に登る階段があるではないですか。
これは登るしかありませんね。



2階はもう真っ暗闇でライト(携帯のフラッシュつけっぱなし)がないとほとんど見えません。
踊り場にある王冠がかなり不気味…
(写真はフラッシュ焚いてますが暗いとホントに怖い)
さらに登ると…



おお!外に出られるようです。



テラス?からの眺め。
洋風のお城、カートのコース、バンコク桜、そして象ビルと、まったく統一感のない不思議な光景が広がります。
前言(1つ前のスポットでのコメント)撤回。
ここが象さんお奨めビューポイントです。



…で、結局ここ何だったんでしょう??
一応さらに上に登る階段あったんですが、ヘタレなんで登りませんでした…orz

Jan./'08
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
…何と言うか…廃墟マニアにだけお奨めします。
だいたいここ何かわかりませんし…
ただ、入り口(厳密には敷地内っぽい)に喫茶店あるので、そこ目当てに来てを城ついで…ちょっとムリあるかな?
まあ、象さんビューポイントとしては目の前も開けていますしいいかも…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 49'13.33" N
100°33'53.29" E


View 変スポ in a larger map

Tuk Chang(Elephant Tower) / Bangkok

日本人から”象ビル”、”チャーンビル”などと呼ばれているこの建物。
昔の空港(ドンムアン空港)からバンコクに向かう高速を走っていると見えたので、知っている人は多いと思いますが、わざわざ行った事のある奇特な人は少ないと思います。
と言うわけで私もその奇特な人の仲間入り?をしようと行ってまいりました。
とりあえず市バスでセントラルラップラオ(ウィークエンドマーケットの少し北)まで行き、そこから歩く事にします。
だってバスで側まで行ったら全体見えなさそうだし…
ということでセントラル前の歩道橋からの眺め。
一応3倍望遠してます…ざっと1km強あります。
左手にちょろっとだけ見えているビルは、現在タイで働いている人にはおなじみ??のサラビルディングです。
(労働許可とか取るところ)



さて、運悪く?好天のため汗が途切れることなく流れていきます…
(多分)300mぐらいのところの歩道橋からの眺め。
もう望遠使わなくても十分でかいです。



バスに乗ればよかったと後悔しつつ、なんとか象さんの足元に到着。
ほら、Elephant Towerって書いてある。
タイ語ではTuk Chang(ตีกช้าง)…直訳すると象ビル…まんまです。



さすがにここまで来ると、何の形か判別不可能。
中に入ってみると…普通のオフィスビルでした。
登ってみたかったんですが、エレベーターの前に受付が陣取っていて、登頂できず…残念。



入り口上にある時計。
微妙に象の模様…針も牙だよ。



Jan./'08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
故郷は遠くから思うもの…ではないですが、象ビルは遠くから見て何ぼ…ってことが、改めて分かりました。
大体象ビルの側まで行くと象さん見えないし。
上記の通り、セントラルラップラオあたりから見て丁度良いぐらいでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 49'31.37" N
100°34'03.99" E


View 変スポ in a larger map

25.1.08

Thonburi Snake Farm /Bangkok

バンコクのリバーサイドで、ボートをチャーターし、トンブリ地区の運河を観光していたら連れて行かれた場所…
その名もトンブリスネークファーム(まんま)。
ボートを降りるといきなり怪しい人形がお出迎え。
語らずとも熱い漢の情熱で、ここがスネークファームだという事を感じろ、と言う事でしょうか?
嫌が応にも盛り上がってきます…(何が?)



中では当然ですがスネークショーやってます。



あんちゃん危ないよ…
あまりに動きが速くて、シャッター速度が追いつきません…




つかんだよ~



…食った…



まあ、ショーは無事に終わったんで、併設してる動物園(って言うほどの100分の1ぐらいの規模の感覚で考えてください)を覗いてみます。
おお、めでたそうなすっぽん。
背中にコインが沸いています。
ってか、ある意味これ動物虐待な気がします…



ところで、バンコクの運河って、こんな感じに看板あるんですよね。
こういうのを見ると、運河が道の代わりなんだな~って感じます。



Jan./'05
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、初めてトンブリの運河に出張って、初めてのスネークファーム、と言うのなら、特に止めません。
少なくともわざわざ行くところではないですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

わかりません…

Ram Phra Pathom Chedi / Nakhon Pathom

追伸

そういえば10月にナコンパトムに泊まった際に寄ったのに忘れていましたよ。
元記事の画像が全然ないんで追加しておきます。

ということで、駅側(=北側)からの写真。
ええ、ホテルがこっちなんですよ…でもたぶんこっちが正門なんでしょうね。


ここが一番のタンブーンポイントのようで、タイ人がわらわらと集まってお祈りしています。
よく見ると上の写真にも写っています。


実は塔の西側には涅槃仏もあったりします。
でも、先の立仏に人気が集中して、こっちにはほとんど来ません。
実際私が入ったときには誰もいませんでした。


実はひっそり微妙な門番もあったりします。


つ~ことで、塔をパシャリ。
今回は見てのとおり?塔は修復中のようで、中に入ることができないようです。
そういう意味では中に入れた前回のほうがよかったですね…
う~ん…カメラの性能の差が戦力の決定的な差ではないとは思いますが…
やっぱり違い出ますね、うん。



ちなみに、塔の周りには、こんな感じに屋台街が広がっています。
飯は大体ここで済ませることが出来ます…なんだけど、逆にこのように屋台街が発展しているところって、レストランなかなか見つからないんですよね~



朝のチェディを、駅…北側から見てみました。
こうやって見ると、存在感は圧倒的ですね~



Oct./'08

以下過去の記事
バンコクの西隣にある県ナコンパトム。
ここの中心(まさに駅前)にある、このプラパトムチェディ(พระปฐมเจดีย์)…なんと高さ120.45mの、世界最高(高さね)の仏塔らしいです。
…ううっ写真じゃでかさが伝わらない…比較する物入れるの忘れました。



…なんでもないです…なんとなく撮ってみました。



本当は人工(と思われる)洞窟とかもあったんですが…
当時は余り写真を真面目に撮っていなかったんで残ってませんでした。

Mar./'05
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
まあ、ナコンパトム自体にポイントないし、少なくともこの県では一番のポイントでしょう。
でも、★2つなのは…その程度なんでしょう…
ただ、遠くから見たとき…例えばカンチャナブリに行く途中の車、若しくは汽車の中から見ると、圧倒的な大きさに結構感動します。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 49'10.66" N
100°03'36.62" E


View 変スポ in a larger map