サケオ編もあと残るはおまけの1ヶ所のみ。
その次は、タークミャンマー編に移っていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

31.10.16

Wat Rat Prakhong Tham / Nonthaburi

ワットプラーンルアンから、さらに北へ1.2kmほどに、ワットラットプラコーントン(วัดราษฎร์ประคองธรรม)というお寺があります。
ここまで来ると、看板とか見ても、外国人は想定されていなさそうですね。
とりあえず入ってみましょう。


こちらが目的のお堂です。
すでにチラ見えしちゃってますが、とりあえず手前の小さなサーラーの方から覗いてみましょう。


内部はこんな感じにタイル張りの気持ちいい(なんせ、はだしで上がらなくてはならないんでね)作りになっていて、その奥に千手観音様?っぽいのが安置されています。
まあ、一部観音様に足の裏向けて寝ている方もいるようですが…


アップです。
後ろの丸い部分、光背かとばかり思っていたら、びっしりと手が描かれているんですね。
さすが千手さん。
でも、なんか北斗百裂拳みたいな感じにも見えますが。


で、こちらがその不届き者…ではなく、本命のお方です。
柱が多くて、本命が見られないなんて、なんか本末転倒な気がしないでもないですが、タイでは結構当たり前ですよね~
慣れちゃいましたよ。


さっき人に向けていた足の裏です。
ちょっと丸みがあって、いつもの偏平足っぽくないですね。


で、足の方から、柱を無理やりよけて、全体を撮ってみた写真…
何ですが、さすがにアングルが限られちゃうので、こんなんしか撮れませんでした。


こちらがご尊顔のアップです。
対比として人が写っているのでサイズも伝わるかと思いますが、GoogleMapで測った感じでは35~40mぐらいありそうです。
ただ…
お釈迦さまは美男子だと思っていたのですが、涅槃に達すると顔も変化するのですね。


で、こちらは頭のとげとげ&角の部分。
こうやってわけて写さないと全体イメージがつかめないなんて…
いっそのこと建物ない方がすっきりしそうなんですけどね~


眼鏡坊主と天上天下君。
…ちょっとお腹何とかした方がいいですよ。


Jan./'14
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
時間の都合上?本堂等周っていないので、評価するのもおこがましいですが…
とりあえず涅槃仏好きなら来てもいいかな?って感じです。
サイズはまあまあですしね。
まあ、涅槃好きではなくても、周りのスポットをひとまとめにして周れば、それなりに楽しめる…
かもしれません。
もちろん、保証はしかねますが。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°51'14.86" N
100°25'23.99" E