次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.12.10

Royal Chumphon (Rua sop chumphon) / Chumphon

さて、チュンポンといえばサイリービーチ…らしいです。
ってぐらい、チュンポン的にはメジャーな海水浴スポットらしいんです。
そういうだけあって、ここのビーチから、近場の島に、シュノーケリングツアーとかも出ているみたいなんですけど、なんせカオラックで腐るほどシュノーケリングしてきたんで、もうたくさん…
って感じです。
もちろんこんなビーチで泳ぐ気もしませんし(泳いでいる人もいませんしね)…



ということで、こちら…
ルアソップチュンポン(เรือรบชุมพร)です。
戦艦なのか、巡洋艦なのか、はたまた魚雷艦なのかよく知りませんが、記念として整備されています。



後ろ側から…
お尻にも誇らしげに”チュンポン”の文字の入ったプレートがついていますね。



さすがに朝早いのか、誰もいません。
一応こんな感じに上がることができます。
でも、船内には入れないようですね…残念。

   

こちらが船首側。
一応主砲でしょうか…



こっちは船尾側ですが…
同じに見えますね。



魚雷も展示されています。
まあ、さすがに信管とか火薬とか抜いてある…と信じたいです。



これは、ミサイル発射口でしょうか…
めちゃくちゃ古い船ってわけでもないんですね。



あ、機銃発見。



ちなみに、これがサイリービーチのメインロードです。
さすがに朝なんで閑散としていますが、この辺の道沿いのお店の一部で、シュノーケリングツアー扱っているみたいです。
一応張り紙とかあったし。



Apr./'10
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
先に言っておきます。
ちょっと失敗しました。
どうもここの上に、船の形のお寺もあったみたいですね。
時間的余裕も無かったんで、そこまで探検しなかったんですけど…
話をもどして、船自体は、まあこんなものでしょう。
特に船内に入れない以外は制約も無いですし、まあまあ面白いです。
サイリービーチ自体は…あまりきれいじゃなさそうなんで、ここで泳ぐことは無いですが、シュノーケリングツアーの出発口としては役に立ちそうです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  10° 23'54.78" N
  99°16'44.97" E


View 変スポ in a larger map

21.12.10

Wat Prasat Sadok Kok Thom / Sa Keo

さて、サケオ編最後は、アランヤプラテートからちょっと北に行ったところにある、プラサートサドックコークトム(ปราสาทสด๊อกก๊อกธม)という、おそらくサケオで1、2を争うクメール遺跡(もちろんもう一ヶ所は一つ前のプラサートカオノイ)です。



こんな感じで、こじんまりしたピマーイ遺跡といったような雰囲気です。
こんなですけど、実はこっち側は裏側なんです。
まあ、クメールなんて基本入り口東向きなんで仕方ないですけど…



ほこりっぽいと思ったら、お堀カラカラですね…
というか掘ったばかりに見えますけど。



これが裏側の様子。
なんか黒いところと白いところが露骨ですね~
まあ、まさに修復途中なので仕方ないところです。
逆にどこが新しく、どこが当時の遺構かがわかりやすいってものです。



ほら、こんな感じ。
白いほうは、まだ組んだだけみたいで、下書きだけした状態のようです。



ということで、東側の正面に。
工事中なのが悔やまれますね。
遺跡正面の東側はどうなっているかというと…



ちゃんとこんな感じで東の方向に参堂続いています。



でも…
あの辺で終わりのようです。
あれより先に行くと地雷源があるみたいで…
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
(一応バライもあるみたいですけど)
もちろんその先はお隣の国です。



東の端からもう一度…
午後なんで逆光ですね…
やっぱりクメールは午前が勝負ですね。



しかし思いっきり工事中で入りにくそうですね…
砂埃?もすごいですし。



こうやって積んでから彫るんですね。
パノムルンとかピマーイとかもこうやって修復されたかと思うと…
感動も半減ですか?
(まあ、そんなことないですけど)



ということで、回廊の中の様子です。
境内はかなり狭く、正面の中央祠堂と、斜め前左右に小さなお堂?の計3つのみの構成のようです。
中央祠堂もだいぶ小ぶりですね。



中央祠堂もかなり修復…というか新しい砂岩を積んだだけの部分が多いです。
これだけ修復割合が多いと、破風とか、まぐさ石とかも後付でしょうかね…



でも、真ん中崩れたままなんで、まぐさ石とか、一応オリジナルなんでしょうか…



祠堂の入り口から正面入り口方面を望む。
って、修復作業風景しか見えませんね。



一応境内の南西隅から、境内全景も撮ってみました。
なんせこの向きだと中央祠堂近辺にまったく障害物がないですから…
あまり見栄え変わりませんけどね。



これは、祠堂正面から右斜め前にあるお堂?です。
これも、すごくわかりやすいですが、白い部分が修復されたところってことでしょう。



回廊も結構古いパーツが残っているようで、この窓とかもいい感じですね。



周りにも、これから組む予定であろう、石がごろごろとおいてあります。
これらは古いものほぼ確定でしょうが、なぜか木の棒でつっかえ棒してあります。
他になんとでもしようがあると思うのですが…
特に角のところ、ヤバくない?



ところで、ここに来る前にアランヤプラテートで飯食ってきました。
(ただのクワイティアオ…米麺ですよ)
アランヤプラテートといえば国境の町。
マーケットとかが有名みたいですが、まああまり興味なしです。
でも…



このしょぼい有刺鉄線の向こうにどぶ川があり、その向こうはもうカンボジア…
と思うと、陸上の国境のない日本人としては、感動もひとしおですね。
でも、国境は越えませんでした。
だって、ビザいるんだもん…



Mar./'10
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
結構雰囲気出てて、いい感じです。
今工事中ですが、これが終わって、お堀に水もたまって、ちょっと鬱蒼としてくると(タイなんで楽勝でしょう)、もうすごく雰囲気よくなると思います。
すぐ側が地雷源→敵国?というのも、国境紛争になじみのない日本人にはちょっとしたスリルを味わえる大冒険な気分です。
(実際は危なくないですよ…たぶん)
最大の欠点は、もちろん最悪なぐらいの交通の便の悪さでしょうね…
国境を越えて移動しようという人は、まず寄らないでしょうし、わざわざここに来るのもアレですけど、ほかに絡めて行くところもないですし…
まったくタイの観光政策のチグハグさが垣間見えますね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  13° 50'37.29" N
 102°44'14.80" E


View 変スポ in a larger map

17.12.10

Prasat Khao Noi (Si Chom Phu) / Sa Keo

今度はアランヤプラテートから南に15kmぐらい…でしょうかね~
本当にカンボジア国境のすぐ側…
ああ、見えてきましたね。



看板にも書いてありますが、ここはプラサートカオノイ(シーチョムプー)(ปราสาทเขาน้อย(สีชมพู))という、クメール遺跡です。
もう南に1kmも進むと国境もある…らしいです。



脇をみると、怪しげ…な猫かな?の像もありますし期待も…
うそです、ぜんぜんそんなこと思っていません。



すいません、どうしてもこの目の前の現実から目を背けたくて…
どうも遺跡はこの山頂にあるようですね。
覚悟を決めて登りますか…



はぁはぁ…死にそうです。
見てください、この景色…
こんなに登ってきたんですね~



ということで、ようやく頂上みたいです。
壁とか回廊とか無く、いきなり祠堂とかが並んでいるんですね。



中央の祠堂と右の塔…整備の途中でしょうかね?
幕かかっていますね。



右の塔の正面にはこんなものが…
もちろんレプリカですけどね。



中はこんな感じ。
めっちゃレンガ新しいし…
他のサイトとか見ても、昔は基部だけだけど、古そうなレンガ残ってたんですけどね~
もったいない。



ぐるっと回ってみましょう。
ということで、裏はこんな感じです。



で、こっちが左の塔。



やっぱりレンガは新しいですね…



で、これが中央の祠堂。
さすがに修復はされているけど、ここは古い部品もありそうですね。



入り口階段部も、こんな部品が…



入り口の上にはこんな感じのレリーフがあります。
まあ、これもレプリカらしいですけど。
本物はプラチンブリの博物館にあるそうですね。



で、中にはお約束の仏陀が…
さすがタイですね。



つ~ことで、山頂なんで、景色は絶景です。
でもこの遺跡側から見えるのは、アランヤプラテート側ですけどね。



Mar./'10
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
さすがにサケオ有数のスポット…
といいたいところですが、クメール遺跡としては、位置的には価値がありますが、まあこんなもんかな~って感じでしょうか。
でも、サケオにあまりスポットがないんで相対的に評価がよくなるわけですね。
どっちがいいのかはわかりませんが、遺跡にまぐさ石とかないと寂しいですよね~

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  13° 35'02.95" N
 102°31'37.26" E


View 変スポ in a larger map

14.12.10

Muang Phai / Sa Keo

国境の町アランヤプラテート…
多くの商売人や観光客の集まるこの街には、まったく用はありません。
そこから西に…8kmぐらいかな?移動した片田舎、その名もムアンパイにある遺跡、ムアンパイ(เมืองไผ่)…
って看板に書いてあるんですもの。
で、どんなところかって…



なんか土がこんもりしてますね~
ちなみに後ろに写っている車は我々が乗ってきたヤツです。



反対側から見ても何にもない…
あれ?よく見るとレンガで出来てますね。
小さい穴も開いているみたいですし…



正面から見て…これ、一応遺跡なんでしょうかね?
なんか陶芸とかの窯みたいにしか見えません。



すぐ側には、こんなものも…
こっちの方が立派じゃんね。



Mar./'10
評価☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
最初の写真の地図と、下のGoogle様を見比べると分かりますが、おそらくこのあたり一帯が昔の町というか遺跡なんでしょうね…
もしかしたらもう少しマシな残骸もあったかもしれませんが…とても探す元気ありませんでしたよ。
もちろん観光地度0%の、タダの農村です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  13° 40'56.68" N
 102°26'01.96" E


View 変スポ in a larger map