実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

18.12.17

Wat Mangkon Kamalawat / Bangkok

何年ぶりかな~
久しぶりにヤワラートにやってきました。
まあ、普段用事がないので、来ないんですよね~
昔は、オールドサイアム近辺の露天でいろいろな物買いに行ったものですが…
今回は、そういうのではなく、ちょっとお寺巡りでもしようかと、とりあえずチャルンクルン通りにある、ワットマンコンカマラーワート(วัดมังกรกมลาวาส)というお寺にやってきました。
この目の前、今地下鉄工事やってるんですね。
おかげでひどい渋滞…



内部は…まあ、街中のお寺なんで、結構窮屈感は否めませんが、それよりいかにも中華寺って感じの、赤いかんばんや飾り付けが目につきます。



すぐ横には、撮影ポイントも…
って、ガッツリ休憩しちゃってますが。
ちなみに来たのは3月上旬…旧正月の飾り付けがまだ残っているんですね。



読む気はしませんが、説明書き。



こちらは境内の地図ですね。



まずは入って左手の建物。
地図で言うと、③~⑥辺りのエリアですね。
(正確には覚えていませんよ)
垂れ幕にあるタイ文字が無ければ、中国にしか見えません。
(ってほど、本場中国のお寺の雰囲気知らないんですけど)



内部は…
お坊さんの棺でした。
金色なのは、タイのアレンジでしょうか。



こちらは反対側…⑨のところです。
って、この上の屋根、よく見たらテントに絵が描かれているだけなんだ。
意外に分かりにくいものですね。
ある意味Goodアイディアです。



中は…



なんか、細かい像がいくつも並んでいますが…
そもそも、たくさんの参拝客どこに行った?



で、こちらが本堂?かわかりませんが、メインのお堂の様です。
⑪~⑬に相当するところですね。
さすがにこちらの屋根は本物の様ですね。



入口をくぐると、左右に巨大な像が現れます。
広目天に、増長天。



多聞天に、持国天…
ああ、四天王ですか。
漢字表記があると、わかりやすいですね。
なかなかデカくていいですね。



正面には、金ぴかの弥勒様が。
しかし…この、金と赤で統一された色彩、見ていると目がチカチカしてきます。



で、その奥には、大雄賽殿なる場所があります。
結構タイ人集まってきていますね~



アップ。
3人の仏陀?でしょうか…
なんか良くわからないですね。
立札はただ単に新年のご挨拶みたいですし。



さらに奥に進んでいきましょう。
壁にはこのような装飾がなされています。
もう中国と変わりませんね。
この辺りに来ると、タイ語表記する気もなさそうです。



こちらの方々は…
よくわかりませんが、とりあえず向かって右側の人は、下に”เทพเจ้ากวนอู ”と書いてあるので、関羽のようです。



さらに奥…
脇には、このようなガラス張りのケースの中に、たくさんの仏陀が閉じ込められています。
なんか、両手を前に出しているポーズが、「ここから出してくれ」ポーズに見えてきますね。



反対にもビッチリ。



で、その先には…
祖師殿?
つまり、開祖様を祭っているってことですかね。



中の祖師様はこんなお方でした。
もちろん、誰だかさっぱり…



おまけ
境内に、こんなろうそくがたくさん置かれていました。
ロイカトーンとかと似たようなものかな?
時期違うけど。



Mar./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ぶっちゃけ…
個人的には、来た目的もそうなんですが、四天王しか見どころないと思います。
まあ、バンコクの中でバスも通る場所なんで、簡単に来れると思いますが、中華街(&そこのお寺)に興味がある人じゃないと、あまり楽しめないかな。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°44'35.96" N
100°30'33.92" E


15.12.17

Wat Thong Khung / Samut Prakarn

ワットモンコンコーッターワートから、川沿いに2kmほど遡って行ったところに、ワットトーンクン(วัดท้องคุ้ง)というお寺があります。
目の前にある、ちょっと変わった仏塔も気になるところですが…



実は、こいつを見るために来たんですよ。
建物の上のやつです。
しかし…火葬場の上を陣取るとは、不届きなやつですね。



で、彼は誰なんでしょう…
手に持っている本に、บัญชีบุญ…徳の帳簿らしいんで、閻魔様か何かなんですかね?
まあ、見る物も見たし帰りますか…
というのはもったいないので、とりあえず奥からぐるっと時計回りに見ていきましょう。



一番奥にあるのは、この謎建物(入れなかったから)。
まだ、作りかけの様ですが…



とりあえず、ノーパンっぽい天上天下君。
まあ、生まれたてでパンツ穿いているのもおかしいですけど…



で、屋上には、ちょっとした仏陀が。
でも、登れないので、これが精いっぱい。
ところで、手前の飾り物、塗装は違うけど、まったく同じもの?
羽根の向きすら同じだし…



その建物の横には、仏像、お坊さんと…
先頭のちっこいの、もしかして閻魔様?



その正面には、弥勒様が口を固く閉じて、遠くを見つめています。
しかし、派手な色ですね~
へそもハート形しているし。
というか、塗装中でしたか。



で、弥勒様の後ろ、境内の最奥には、八角形の形をした建物と、その上にさっきよりちょっとだけ大きな大仏様が鎮座しています。



内部は…
扉が閉まっているので、窓から覗いてみました。
まあ、こんなものですか。
とりあえず、階段も無いので、上にも行けなさそうです。



で、その八角堂の裏の隙間には、仏陀のバラバラ死体が遺棄されています。
みんな型から取ったっぽいですし、量産の途中で、失敗した物をここに置いているのかな?



その八角堂の前には、おそらく本堂であろう建物が建っています。
もちろん、入口の扉は開いていないです。



入口上部には、釈迦が天界から戻ってくるシーンが描かれていますが…
良く見ると、下に地獄が描かれていますね。



火に焼かれているものも、鍋で煮こまれているものも、後ろのヤック?も、みんな釈迦に救済を求めているところでしょうか。



反対側も、基本は同じですね。



その本堂の横には、仏陀の軍団が並んでいます。
みんな、同じ形っぽいですし、量産型仏陀みたいですね。
というか、さっきの失敗作の犠牲の上に完成した、エリート軍団ってことですね。
そういう目で、改めて見ると、なんだかかっこよく見えてきます?



正面には、色違いの仏陀軍団が。
でも…微妙に形が違いますね。
型違いかな?



さらに横には、ちょい大きめの立像も2体。
さすがにこれは量産品ではなさそうですね。
手前のお坊さんは量産丸出しですが。



で、その仏陀の軍団の向こうには、こちらもちょっとだけ大きな3身1体仏像が。
(角度の問題ですが、一応3体なんです)
さすがに大仏、と呼ぶには小さいですが…
2mあるかな~ぐらいですかね?



その3身1体仏の裏にあるのが、こちらの白い御堂。
結構装飾も細かいですし、ちょっとだけ、チェンマイの白い寺を思い起こさせますかね?



塀にある、この飾り物…
細かいですけど、バリもあるし、型で取った感じですね。
ん?
これ、羽根の部分はないけど、その他の形、奥にあった建物のやつとまったく同じですね。



微妙な虎が、睨みを利かせていますが、とりあえず入ってみますか。



内部に現れるのは、この微妙に大きなお坊さんの像。
作り手の腕にもよりますが、この手の高僧の像って、基本生前の姿を忠実に再現しているんですよね?
ということは、このお坊さん、あまりハンサムではなかったようで…



お坊さんの前のこれ、最初リンガかと思っていたんですが…
マーライオン?



壁には、やはり仏陀の生涯の絵が描かれているのですが、これら、みんな立体のレリーフになっているんですね。
釈迦、子宝に恵まれるの図ですかね?



こちらも良く見る題材なんですけど、どのシーンか良くわかんないです。



その白のお堂の隣に、最初に目に止まった仏塔があります。
この、シルバーとゴールドの配色の仏塔って、珍しいですよね。
他にも少しはあった気はしますが。
でも、6角形なんですね。
ちょっとだけ北タイとか意識しているのかな?



内部はこんな感じ。
仏像に、お坊さんの像に…どーん!の像もありますが、まあこんなもんでしょ。



で、奥に上に登る階段があります。
登ってみましょう。



2階に来ました。
部屋も狭くなったからか、オブジェは真ん中の温室のみ。



中には、シルバーの…これ、仏陀?
仏陀の恰好は質素のはずなんですが…
もしかして、解脱する前の菩薩様ってことですかね。



で、さらにもう一つ上の階…
天井がこんな風に、空をイメージして描かれているようです。



さすがに狭くて、階段のスペースを除くと、ほとんど場所が無い…
何もオブジェが無い代わりに、壁に仏陀の絵がありますね。



あ、外に出られる。
というか、こんな半端なところにオブジェありましたね。
中に入らないからってことですか。



ベランダから、さっきの白のお堂を眺めてみました。
こうしてみると、まあまあ高いところまで登ってきたかな?



さて、あと残るのは僧坊を除くと、あの建物だけですね。
ウィハーンでしょうか。



こういうところにも、ちょろちょろと仏像とかが並んでいますが…
どんなけ仏像が好きなんでしょうね、このお寺。



そのウィハーンの壁には、これまた仏陀の生涯の絵とかが描かれていますね。



内部は…
結構ごちゃごちゃしていて、しかも薄暗い。
広いのに、天井が低い分、採光部が確保できないからでしょう。



2階に行く階段の途中には、なんか良くわからない像がありますね。
なんでしょうね。



2階は、天井が広い分、下よりも明るいですね。
しかも、少し物置用途に使われているようにも見えますが、相対的に物が少ないので、すっきりした印象です。



一応、この建物のボスの様ですが…
なんでガラスのケースに入っているんでしょうね。



壁上部一面には、いろいろなポーズの仏陀のお姿が描かれています。
実際の仏像では見たことの無いポーズもたくさんあるようですが…
なんの一覧なんでしょうね。



で、壁下部一面は、またもや仏陀の生涯の絵が描かれています。
まあ、このお寺の中だけでも、そこらじゅうで見ましたし、もう飽きましたね。



あ、地獄発見。



良く見たら、上部にもあった!



ところで…
残念ながら、ベランダに出る扉、鍵がかかっているんですよ。
外に、仏像があるし、ちょっと出て見たかったんですが…
残念。
まあ、そろそろ撤収しますか。



ということで、駐車場より、改めて先ほどのウィハーンに最後のお別れを…
って、あれれぇ~?
2階の壁に、何か見覚えのある物がありますね!



望遠で撮るしかないんですが…
遠いんで、端折っていきます。
地獄鍋、屠殺の様子、解体の様子。



地獄ツリーに、抜舌地獄に、煮え湯地獄…



こちらは仏陀にたかる…じゃなくて、救済を求める図ですかね。



反対側は、あまり地獄じゃないですが、とりあえず人界での、人と人との争いの様子かな?
というか、こんなところに地獄絵飾っても、誰も見られないじゃん!



Jan./'16
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
オブジェひとつひとつは、小物ばかりですが、その量とバリエーション、また地獄絵の量は、なかなか他ではないですね。
それ以外にも、仏塔や白い御堂など、いろいろ趣向の違うものが並んでいるので、なかなか楽しめると思います。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°31'36.61" N
100°50'01.06" E