何気に記事アップしていたら、今回のWat Phra Kaeoで、776スポット目…
次回が記念すべき?777スポット目になるようです。
だからといって、特に記念に合わせた記事があるわけではありませんが。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

21.4.17

Wat Phra Kaeo / Phetchabun

ワットタライプームから、そのままパサーク川に沿って…800m程ですかね、下って行ったところに、その名もワットプラケーオ(วัดพระแก้ว)なんて凄そうな名前のお寺があります。
この写真は、お寺から南に抜けた、大通り沿いの門ですけど…



境内では、お祭りの真っ最中?のようで、現地の方々が、民族衣装を着て、記念撮影をしていたりします。
私もその仏陀の写真撮りたいんだけど…まあ、いっか。



他にも、ところどころに、こんな微妙な像が並んでいます。
とりあえず、みなさんあまり彼らに興味がないようで、あまりメンテナンス等なされていないようです。



で、この噴水付き人工池の向こう側にあるのが、絶賛建築中のウィハーンのようです。



正面から。
どっちから見ても作りかけは作りかけですが、まだ屋根がないので、余計に小さく見えるのでしょうかね。



内部は…
一応天井も含め、一通りは作り終わっているっぽいです。
壁の装飾、床の処理等は外装完成後に行うんですかね。



一応ご本尊様。
真新しいということもあるとは思いますが、あまり信者の方々にタンブーンされた形跡(=金箔貼り跡)が見られませんね。
ご本尊様も新品同様にピカピカだし。



さて、このウィハーンの裏口(北側。入口は南)から外を覗くと、丁度その直線状に仏塔らしきものが見えます。
というか、これを見にここに来たんですけどね。



こちらも、自立がだいぶ困難になってきているのか、崩壊の危険性があるのか、ともかく周りを補強されているみたいです。
(さすがに修復工事の足場ってことはないでしょう)



漆喰部は、ほぼ剥がれ落ちていて、レンガがむき出しですが、なんとなく当時の仏塔の形の名残が見受けられますね。



謎のレリーフ。
これはやっぱ後付でしょうかね。
如何にも不自然ですし。



Jul./'15
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)
仏塔以外には、見どころ無しと言っても言い過ぎではありません。
その唯一の仏塔も、アユタヤとかですと、掃いて捨てるほどありますしね~
だから、ペチャブン県は、日本人観光客には、あまりなじみがないんでしょうね。

 16°25'11.82" N
101°09'59.06" E



18.4.17

Wat Trai Phum / Phetchabun

ペチャブン市街を流れるパサーク川沿いに、ワットタライプーム(วัดไตรภูมิ)というお寺があります。



こちらが本堂です。
結界石もむき出しで、なんかあまり大事にされていなさそう…



破風の部分には、かわいらしいタッチの、仏陀の生涯が、立体調レリーフで表現されています。
スペースの関係で、かなり端折っていますが。



でも…
やっぱり本堂の扉、思いっきり閉まっていて入れません…
が、目的は本堂ではないので問題無しです。



目的その1は、こっちの古そうな仏塔です。
崩壊しかけでヤバいのか、鉄の骨組みで支えて…いるのかな?
見た目あまり効果なさそうですが。



アップ。
確かに仏塔表面に、縦方向の亀裂が、ガッツリ入っていて、今にも崩れそうに見えます。



ちなみに、このお寺、このような観光案内っぽいものもあるので、それなりに売り込み中なんだと思います。



で、売り込み用看板内の写真のものが、目的その2の、この建物になります。
…写真で見るのと違い、本物はかなり小さく感じますね。
(私の写真でその小ささ伝わりますかね)



入口部アップ。
ベースはクメール調のプラーンをイメージしているんだと思いますが、装飾等は仏教に合わせてアレンジされているようです。



こちらは別角度から。
だって、正面からの写真って、ちょっと平面的で面白くないですからね。



で、こちらが内部。
とにかく狭いので、この画角でも、左右の入り口が写真内にしっかりと写りこんでいます。
祭られているのは、あのガラスケース内に収められている、小ぶりの仏像。
有名な物なんでしょうかね?
高価な物ではないと思いますが…警備等ないし。



壁一面には、おそらくこの地方の風俗を表しているであろうレリーフが描かれています。
白基調で、細かい装飾で、デッサンもしっかりしており、なかなかかっこいいですね。



この新しい仏塔から、入口の門の方向を見たところ。
あの門の向こうに道路があり、その向こうにパサーク川が流れています。



これがパサーク川。
河口から何百kmも上流なのに、まだまだ赤だし色しています。
この辺りも赤土が多いんでしょうか。



Jul./'15
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ぶっちゃけ、新旧仏塔以外に、まったく見どころありません。
仏塔も、まあ見ての通り、そんなに大したものでもありません。
川沿いにありますが、お寺専用のタンブーン場(おさかなに餌を与える場所)もあるわけでもありません。
まあ、他に行くところが無かった時に、ああ、こんなところもあったな~って思い出してあげてください。

 16°25'22.01" N
101°09'39.57" E



7.4.17

Phutha Uttahan Phechabura / Phetchabun

ペチャブン市街より、北に4kmほど進んだ辺りに、突然巨大な像が現れます。



ここも、ペチャブンの観光地としてはかなり有名な(多分、ガイドブックにも載ってるし)、プッタウッタヤーンペチャブラ(พุทธอุทยานเพชบุระ)というところです。



とにかく、ボスはこの上にいるようですし、登ってみますか。



ということで、ようやくボスの目の前に。
台座抜きで、15mぐらいでしょうか。
実際は大きくないのに、高いところにあるがゆえに、大きく見えるって事例、良くありますよね?



足元から見上げてみました。
昔の王様っぽいんですが…どなたでしょうか。
(調べる気はあまりない)



台座部分の小窓には、このように小さな仏像がいくつも…
盗まれないように気を付けてね。



ボスの後ろは、結構大きな人工池がひろがっっています。



で、ボスの後ろ姿。
良く見ると、中に入る入口がありますね。
入ってみましょう。



台座内部はこんな感じ。
外周に沿って、お坊さんの像がずらっと並んでいます。



で、最奥に、ボスのタンブン用ミニチュアが安置されており、皆様の祈りを一身に受けています。


あ、こちらの階段から下に降りることが出来そうですね。



なんか、1階はがらーんとした、広いスペースになっています。



どうも、このスポットとボスの歴史等の説明が展示されているみたいですね。



作っているところの写真。
でも、タイ語読めないから詳細わからないや。
(読む気もないけど)



で、裏の池に移動。



橋の下の水面が、波打ってますね。



ああ、やっぱり…
誰かが橋の上からタンブーン…餌やりしていたんですね。
とりあえずナマズではなさそうですが、どちらにしろ人に捕まえられる心配がないからか、とにかくガッつきますね。



池のところからボスを撮ってみました。
いえ、特に意味はないんですが…
ガラス張りのエレベーター付いているなんで、結構近代的ですね。



Jul./'15
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、見どころと言えば、ボスのみですしね~
ボス自体は、まあまあのデカさもありますし、観光地補正もあります。
市街地から近く、幹線道路沿いと、立地もかなりいい…
はずなんですがね。
ペチャブン県自体の立地が、かなり悪いですから、そもそもこの県に来る人自体がほとんどいないのでは。

 16°26'46.97" N
101°09'12.27" E



5.4.17

Saphan Phokhun Pha Muang(Huai Tong)/ Phetchabun

モアイコーヒーから、東方向に直線距離で30km程…
国道12号線を移動していると、突然橋が見えてきます。
(タイって思ったより山道に橋ないんですよね~とにかく谷を避けちゃうのかな?)



ということで、これが一応観光ガイドにも載っているスポット、サパーンポークンパームアン(フアイトーン)(สะพานพ่อขุนผาเมือง (ห้วยตอง))です。



確かに、この手の橋、タイでは珍しいような気もしますが…
橋脚部分が木造だったら、「お~っ!」となるところですが、これまたコンクリート製と来ています。
鉄の橋脚を作るとコストが高くなるから、コンクリートでこのような橋脚の形にしたんでしょうかね。
とりあえず、なんでこれが観光地扱いなのか謎です。



おまけ
21号線を北に向かって移動していると、このような看板に出くわします。



良く見ると、左折⇒ネピドー(ミャンマー首都)、直進⇒ヴィエンチャン(ラオス)、プノムペン(カンボジア)とあります。
さすがにアジアハイウェー構想の通り道の側だけはありますが…
ネピドーのアルファベットスペルが全く読めない!
タイ語を読んで、やっとわかりましたよ。



Jul./'15
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
すでにコメントしているように、これが観光地として載っていること自体不思議な感じです。
タイではこの手の構造の橋自体が珍しいのでしょうか。
ともかく、ここへ行く道中も何もないですし、よっぽどの酔狂の方以外には、まったくお勧めいたしません。

 16°43'46.62" N
101°21'50.99" E



3.4.17

Moai Coffee (Branch) / Phetchabun

ワットプラタートパーソーンゲーオから、東の方向…
ペチャブンへ戻る道を、さっきのお寺が山頂にあったんで、当然下り道=霧の中を移動していると、突然怪しい建築物が現れます。
(って、行きも通ったので知っているんですが)



で~ん。
ということで、ここは一時期有名になった、ラチャブリにある”モアイコーヒー(โมอายคอฟฟี่)”の支店みたいですね。

※実は、ずっと”モアイカフェ”って勘違いしていましたが、タイ語のカフェは”กาแฟ”で、上記タイ語はコーヒー(厳密にはコーフフィーかな?)なんですね。
何かこだわりとかるんでしょうかね?

なんでこんな周りに何もないところに作ったのかはさておき…



とりあえずモアイ。



こっちもモアイ。
とりあえず、モアイがコンセプトのコーヒーショップってことの様です。
でも、モアイのオブジェ、かなりデカいですね。



一応、小さいのもありますよ。
ああ、そういえば山頂結構涼しくって冷えたんで、ちょっとトイレに寄ってみますか。



…って、ピクトグラムもモアイなんですね。



ということで、店内へ。
店員1名以外誰もいませんが、店自体はかなり清潔で、安心して飲食できそうですね。



でも、やはり景色を楽しみたいので、奥のテラス席にしましょう。
って、タイ人客もやはりこちらに来ていましたか。



とりあえず、コーヒーを1杯。
ミルクが市販の粉ミルクなのはちょっとさみしいですが、まあ雰囲気を楽しむところと思えば大したことありません。



テラス席からの眺め。
この辺りの霧はだいぶ晴れてきているようですが、ちょっと先の方は、山が隠れるぐらいモヤってますね。



ちなみに、このテラス席、店の上…2階席もあるようなんですが、進入禁止でした。
残念。



最後に、もう一度お店の全景です。



Jul./'15
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。。
ちょっと過大評価な気もしますが、個人的にはこういうコンセプトのお店大好きなんで…
本店と違い、山の中腹にあるので、景色がいいのもGoodポイントです。
あと、客が少なくて静かなのも…
難点は、自力で行く以外、おそらく交通手段がないことですが、まあ、先ほどのお寺のついでにと割り切ればいいんじゃないでしょうか。
ちなみにラチャブリのモアイコーヒーは訪問済なので、そのうちUPします。

 16°47'02.26" N
101°05'19.23" E