チェンライパヤオ編始まりました。
全37か所を予定していますが、そのうちの6か所が再訪で、途中14か所ほど、またまた遺跡祭りが待っています。
で、その次は、今のところナコンパトム1Dayトリップ編を予定しています。
一応、5か所+1再訪と、ちょっと少なめの内容になっています。
それと…だいぶ記事作成スピードが落ちてきました…
スコータイマイナー遺跡が終わったら、アップする頻度を減らすかもしれません。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

14.2.18

Wat Sawang Arom / Nakhon Pathom

ワットターマイから、ナコンパトム県に入り北西に11kmほど行ったところに、ワットサワーンアーロム(วัดสว่างอารมณ์)というお寺があります。
なかなかいい感じの、緑のトンネルですね。



で、トンネルを抜けると、境内にでます。
色々あって、どこを見ていいのかよくわかりませんね~
人もすごく多いし。



まあ、とりあえずこちらの感じの書かれた入口に入ってみましょう。
”三王阿隆佛寺”、”大悲佛殿”って書かれていますが…
なんのこっちゃです。



中は、外から見たのに比べ、結構でかい&人がいない!
で、その中央には、大観音様が立っています。



…南海観音如来って書いてありますね。
南海観音は、玄奘三蔵さんに、天竺に経典を取りに行くよう仕向けた観音様らしいですが…
そもそも、観音様は、観音菩薩で、如来じゃないですよね?
服も豪華なの着てますし。



アップ。
で、その後ろの、しかも上の方に、千手観音様が控えています。



その千手観音様…
って、千手というか、百手もなさそうですが…



さて、他も回ってみますか。
って、早速お嬢さんが観音様に聖水かけてますね。



つぎはあちらの建物に行ってみましょうか。
壁の色もアレですけど、壁にあるプララーフ様のレリーフなんかもなかなかイカしています。



内部はこんな感じで、なんかごちゃごちゃした感じです。
組体操している人も気になりますが…



この、後ろの壁のプララーフ様レリーフ、なんともキッチュですが、可愛らしい!
目の前の大王さま方がかすんで見えます。



仏陀の後ろにも、プララーフ様。



リアルな仙人像の後ろにも、プララーフ様。
どれだけシリアスな像も、台無しにしてしまう、この破壊力は素晴らしいです。
もはやギャグですね。



ああ、ようやくプララーフ様の呪縛から解放されたようです。
で、この人誰?



目の前には、さざれ石が飾ってありました。
当たり前ですが、タイにもあるんですね。



さて、次はどこに行ってみましょうか…



とりあえず目の前にあったタイの道標。
で、書かれている内容ですが…
ワットサワーン(以下略)はこの寺として、プラパトムチェディまで18kmというのは分かります。
もう一つの、39kmの方は、何の距離でしょうね。
対象が書いてませんが、もしかしてバンコクかな?
直線距離でそれぐらいっぽいし。



謎の水車?
なんでこんなカラフル…
というか、なんでこんなところにある。



この辺りには、動物コーナーもあるようで…



まあ、これらのオブジェは。お子様連れの客を呼び込むアイディアのつもりなんでしょうかね。



ん?あれは、特徴的な煙突からすると、火葬場ですね。



その入り口には、閻魔様と…
上から冷やかに眺めているお坊さん?
地獄絵の1シーンの再現ですかね。



こちらは、また、簡易的なタンブーン場ですね。
ゴレンブッダーの後ろには…



なんか良くわかりませんけど、なんでもかんでもごちゃごちゃに置かれていますね。
仏陀もいるみたいなんで、ヒンドゥー一辺倒ってわけでもなさそうですし。
それに、後ろの天蓋の中…



11面観音様?11面どころじゃないよね。
胸像なんで、ほとんど頭だけで、不気味です。



ところで、タイ人たちは、この横にある、あの建物を目指してドンドン入って行きますね。
ついて行ってみましょう。



うわ~、すごい人ですね。
みんなここに集まってきているのかな?



なんか、人多すぎて、かき分けながら進まないといけないレベルです。
奥の大仏も見忘れましたし…
まあ、ともかく手前のテープタンチャイさんから見てみますか。



ドーン!
みんなこぞってこれやるんですね。
そして、写メを撮るところまでがデフォ。
それより、この赤い服のおっちゃん、顔を白く塗りたくっていますが…
あちらのお方?



こちらは弥勒様。
なんか、あまり人気ないんですかね~
みんなスルーしていきます。
で、その奥の厨子の前には…



天上天下君らしき像が。
でも…
なんか、顔つきがかわいくないです。



あちらのガラスで囲まれたエリアには何があるんでしょうね。



仏陀に…



ガネーシャ&ヒンドゥーの神々…



あ、骸骨君だ。



で、その横は、またまたいろんな像がてんこ盛り。



その中心には、またもや閻魔様が。
杖の先の骸骨の表情が素敵です。



さて、次行きましょう、次。
こちらはガネーシャ様に、弥勒様に、プラメートラニー様。



で、その横のテントには、謎のおそろいの服を着た軍団がたむろしています。
変なズボンはいてますし、もしかして…



これ、龍の舞チームってことですかね。
タイにもあるんですね~
っていうか、今踊って~!



あちらの建物にも、人が集まっていますね。
…もしかして、涼んでいるだけかな?



中には、巨大なご神木が横たわっています。
カラフルな布や花輪が多数かけられていて、良くわかりませんね。



でも、なぜか真ん中らへんには、あまりかけないんですね。
なんででしょう。



で、ご神木があるところには、やっぱり?子宝祈願の奉納もあるようです。
小さな女の子が来たら、喜んで持って帰りそうな感じの品揃えです。



さて、結構最初のころから見えていたんですが、最後に中央の仏塔を攻めてみましょう。
というか、ここだけ木々に囲まれていて、入りにくかったんですね。



塔はこんな感じ。
どちらかというと、中国に影響されたっぽい形をしていますが、飾り付けは至って質素。
ひさし?の部分に、後付け感満載に、仏像などを置いてあるだけですね。



内部はこんな感じです。
物はごちゃごちゃ置かれていますが、基本的には質素な内装です。
青服のおぼっちゃまが何者なのかは置いておいて、中央の金箔べたべたの板なんですが…



一応仏足石でした。



ああ、一応動物ふれあいタンブーンパークもありますよ。



Apr./'16
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
ここもなかなか面白いです!
最初は、ダブル観音様目当てで来たのですが、それ以外にもいろいろな物が目白押し。
特に、2体の閻魔様と…やっぱりプララーフ堂の壁のレリーフ!
これにつきますね。
あれ、もう一回見に行きたいです!

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°44'44.31" N
100°10'51.67" E



0 件のコメント: