実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

24.12.09

Wat Pho Chai / Udon Thani

時期は変わって10月某日。
ウドンタニ市街から2号線で南に30kmくだり、そこから2023号線…カラシン北部に抜ける道に入るとすぐに、パンドンという小さな町があります。
この何にもなさそうな片田舎に、ひっそりとワットポーチャイ(วัดโพธิ์ชัย)というお寺があります。
もちろんこんなお寺全然有名じゃないんですが、なぜここに来たかというと…


やはりいるんですよ、大仏様が。
ざっと15m程度でしょうか?
のっぺりした、所謂仏頂面?ではなく、どちらかというと精悍な顔立ちをしていますね。
髪型もオールバックですし。
何故かあごひげが生えています。


ちょっと寄ってみました。
私もあまり詳しくないのですが、ナーガ(ドラゴンでも龍でもなんでもいいですけど)と仏陀って関係ないような気もするんですけど…
(仏陀の生涯に出てくるとも思えないし…一応実在の人物のはずですし)
これもヒンドゥーの影響なんでしょうか?


で、さらに御尊顔のUP。
あごひげが見えますが、やはり何か良く分かりません。
他の例からすると、過去に蜂の巣だった物体の残骸でしょうか…


ちなみに台座は内部に入ることができまして、中にこのような小さな仏像が安置されています。


横を見ると、こんな絵が飾られています。
絵の中では人々が大勢集まっているんですけど、現実は私一人のみ…厳しいですね。
良く見ると、絵の片方は、さっきの仏像が、外に出されて王女様?にお参りされているところでしょうか…
御本人が見えられるような格式がありそうには見えませんけど。


ところで、お寺なので当たり前ですが、脇に本堂があります。
見ての通りまったく人が近寄っていないのでは?というぐらい周りに草が生えまくって、人の通った跡が見当たらない狂態です。
表はきっちり閉まっていましたが、裏の鍵がかかっていないようなので、ついでに進入しちゃいましょう。


もちろん中に人がいるわけもありませんが、中はこんな感じで、少し寂れた感じがします。
赤と白基調で、壁に極彩色の仏教画が描かれており、中央には仏陀が鎮座している…といった感じです。
後ろの木の絵は沙羅双樹でしょうか…詳しくないのでわかりませんが。


周りの絵は、予想通りというか、仏陀の生涯のようです。
絵のできばえはともかくとして、比較的各場面が分かりやすく描かれています。


ところで変な物に気付いたのですが、仏陀の後光の部分、自立できずに、後ろの壁から支えがでています。
それ以前にこの後光、仏陀の後ろじゃなくって、真横にあるんですね。


Oct./'09
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、大仏マニア以外にはまったく用の無いスポットですね。
大仏自体も、こんな感じで、”どうしてもここに行かなくっちゃ!”と、一日かけてわざわざここに来るほどの物ではなさそうです。
場所も結構面倒ですが、一応すぐ側の町までソンテオが走っているので、自力でも何とかいけるでしょう。
ただ、大通りから先、モタサイはいなかったような気もしますので、実際に行こうと思うと、別の手段を考えたほうがいいでしょうね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

17° 08'23.04" N
102°58'15.15" E


View 変スポ in a larger map

18.12.09

Ban Chiang Excavation Pit / Udon Thani

ウドンタニの東の端に、タイに数個しかない、貴重な文化世界遺産のひとつ、バーンチアン遺跡(พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติบ้านเชียง)があります。
この辺りがバーンチアン市街…というか、バーンチアン周辺です。
さすがに世界遺産規模なだけあって、お土産屋等もいっぱい並んでいます。


今回はおのぼりさんパックツアーのため、当然のように博物館にも連れて行かれます。
まあ、とりあえず入ってみましょう。


実は、入り口には”撮影禁止”と書いてあったので、まったく写真撮ってませんでした。
でも、他のタイ人観光客がパシャパシャ撮っていて、しかも学芸員もちっとも注意しないので、欲求に負けて撮ってしまいました…
でも最後だけですけどね。


ということで、やはりメインは土器のようです。
(もちろん歴史から、発掘の様子から、当時の人の生活の様子、生活で使った日用品等も飾ってありましたよ)


さて、場所は変わって、とあるお寺。
とあるお寺の名前はワットポーシーナイ(วัดโพธิ์ศรีใน)というようです。


お寺なんですけど、なんか敷石がそれっぽくないのは、左端に見える建物のせいです。


実はこのお寺の境内に、発掘現場の跡があるんです。
で、この建物がそれを保護しているわけですね。


かんばんにも発掘の穴…ぐらいですかね?訳は…って書いてあります。


で、中はこんな感じ。
さすがにコラートのバーンプラサートの遺跡に比べると、かなり規模が大きいですね。


こっちも…
バーンプラサートに比べPitが浅いので、見やすいのも強みでしょうか…


こっちも…至る所土器と人骨でいっぱいです。
当時の集落としてはかなり大規模だったんでしょうね。


つ~ことで、土器のUP。
この赤のラインが、ここバーンチアン土器の特徴らしいですね。
当然ですが、キーホルダーから小さな壺まで、お土産にイミテーション買っちゃいましたよ。


おまけ。
外の植木も土器の形に刈り込まれているのですが…
赤のラインをビニールの紐で現している辺り、発想がすごいのか、適当なのか…
でも、雰囲気は伝わってきますけどね。


Nov./'09
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
世界遺産といっても、登録時に言われていた年代よりも新しい遺跡、と分かってきているようで、実際はそんなに世紀の発見!みたいな古い遺跡ではないようですね。
おのぼりさんツアーだったため、バーンチアンのすべてを周れたのか、それとも結構はしょられているのかわかりませんが、1日かけてここだけ来るにはちょっと物足りないかもしれません。
まあ、基本は”世界遺産行ってきたぜ!”的な話題用でしょうか…
でも、土器のお土産はなかなかナイスですよ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

博物館
17° 24'26.99" N
103°14'10.84" E

発掘跡
17° 24'28.80" N
103°14'37.22" E


View 変スポ in a larger map

11.12.09

Wat Pho Chai Si / Udon Thani

さっきのWat Pa Ban Khoからさらに西に進むこと30分ほど…
ウドンタニの地方都市、Ban Phuの市街地のハズレの方に、ひっそり?と建っているお寺があります。
名前はワットポーチャイシー(วัดโพธิ์ชัยศรี)というようです。
ここがものすごいと聞いて馳せ参じた次第です。
ちなみに正面に見えるのは本堂みたいですね。


本堂周りには、微妙に仏教系の像が並んでいますが…
いたって普通ですね。


せっかくなので御本尊様に参拝。
ちなみに白いシャツはガイドさんで、グレーのシャツは運転手です。
何でもここの御本尊様は歴史があるそうで…


これが御本尊様らしいです。
確かに厳重に守られているようですが…至って普通です。


どうもすごいのは奥の方らしいです。
早速天国の道を通って奥に行って見ましょう。


!ありましたよ。
噂のわくわくの木。
いくつかの他の地獄寺でも見られる、女性のなる木ですね。
…時間が早朝なので、アングル間違えるとモロ逆光になっちゃいます。


ってことで、アングル変えてもう一枚。
作りが結構リアル系ですね。
顔がちと老け顔?なのも気になるところですが…
ダウト!タイの女性はこんなにふくよかじゃないし、白くもない!
(偏見ですかね?)


奥にはさらに地獄が続きます。
このあたりは素材の解体ゾーンでしょうか…
手前の執行人の笑顔がかなり逝っちゃってます。


あまった食材を犬やハゲタカにも分け与えている…
そんなわけありませんよね、きっといっしょになって虐めているだけです。


こっちはノコギリ地獄。
執行人の、なんともうれしそうな笑顔が目に焼きついて離れません…


順番待ちの方々。


どうもここからは天国ゾーンでしょうか…
お坊さんが信者に説法をしています。
でも、よそ見している度が高いのが気になりますが…
意味あるんでしょうか?


…先はまだ作成中なのか、それとも作成中で放置されているのか…
荒れようから察するに、後者っぽいですけど。


ああ、なんか謎の舞台と、お金の投入口があるんですけど、肝心のアクターアクトレスいませんね。
昔は例のワットパーラックローイ(コラート)のアレみたいに動いたんでしょうか…
残念です。


裏側にはアクトレスの成れの果てが…


…と思っていたら、地獄はまだまだあるようです。
中央にそそり立っているのがおなじみ地獄ツリー。
でも、ちょっと寂しいですね…


横には地獄鍋もあります。
もうごった煮って感じで…


明らかに鍋のサイズに比べ、投入量が多すぎです。
鍋奉行は何やってるんでしょうか…


となりでは、やはり素材の準備に余念がないようです。
ウソツキに、ウソツキにウソツキ…ばっかのようです。
ということで、背景からも察することが出来ると思いますが、このあたりが真の地獄の終わりのようです。
地獄の向こうがどうなっているかというと…


やはり天国ゾーンが広がっているわけですね。


先にも書きましたが、ちょっと老け顔ですが基本作りはしっかりしています。
(その分面白みに欠ける…ともいえますが…)


もちろんこんな豪快な方も、一応天国側の住人のようです。
いかにも悪人面なんですけど…


…やっぱり地獄を見た後の天国はちょっと物足りませんね…
規模とコンクリ像数は結構なものなんですけど、まあ、こんなもんですかね?


Nov./'09
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
お寺自体は…まあ由緒あるみたいですが、特に特徴も何も見出せません。
が、その分の天国地獄の力の入れようのすごさが逆に強調されています。
実際面積はそれほどでもないんですけど、数だけで言うと結構なもので、コンクリ像の作りもしっかりしていますし、見ごたえ十分です。
難点は交通手段でしょう。
我々は思いっきりツアー組んで行きましたが、実際にはウドンの北バス停から、BanPhu方面行きのソンテウに揺られて1時間半ぐらい…
もちろんしっかり運ちゃんに行き先言っておかないとスルー確定です。
(この方法でプープラバートも行けます)

Google earth 座標(分かるやつだけね)
17° 40'47.99" N
102°25'30.35" E


View 変スポ in a larger map

4.12.09

Wat Pa Ban Kho / Udon Thani

ウドンタニ市街から北西のほうへ…
ちょうどこのブログでも取り上げている、Phu Phra Bat Histrical Parkの方に向かう途中に、大きい仏塔が見えてくる…そうです。
(いや…私にはまったく見えなかったんですけど、ガイドは見えるって言ってました。本当かな?)
仏塔はプラマハーチェディー…読めません(พระมหาเจดีย์เฉลิมพระบารมีพระนวมินทร์)、お寺はワットパーバーンコー(วัดป่าบ้านค้อ)というみたいです。


このスロープの先がそれみたいですね。
ぱっと見かなり新しそうな仏塔ですが、講堂とか見ている限り、めちゃくちゃ新しいお寺ってわけでもなさそうです。
(多分)


仏塔のまわりには、何故かピンクの象さんが四方を守っています。
(本当はピンクだけでなく白とかいるんですけどね)


仏塔の周りの建物には、こんな感じに天国のジオラマもしっかり完備されています。


これは例の天上天下…ですが、出来が良すぎて面白みがありませんね。
でも、極彩色は健在なようです。


ということで、ようやく仏塔の正面に到着。
見ての通り、結構高いです。
50Mぐらいある…と、ガイドが言ってました。
なんか下の部分あまりタイっぽくないですが、とりあえず入って見ましょう。


内部はこんな感じで、窓がいっぱいの開放的な基礎部分に支えられ、ライトなしでも明るく、しかも壁から天井にかけて、およそタイの仏教画とは思えないクウォリティーの絵がびっしりと描かれています。
惜しむらくは、持って行ったカメラのレンズが18mm(しかもフルサイズじゃない)なので、全体が収まりきらないんですよ…


天井部はこんな感じ。
空をイメージした中央部分の青も気持ちいいですが、周りの絵もかなりレベル高そうです。


例えば…おぼれている人を救済しているのでしょうか…
パステル調の色使いが、まったくタイどころか東洋っぽくなく、しかもわざと色の濃い部分と薄い部分を区切っているのは、時間の流れをあらわしているのでしょうか…


こちらは嵐に翻弄されている船でしょうか…
通常のヤツと同様、魚に食われている人もいますが、およそ同じテーマが描かれているとは思えませんね。


こっちも仏陀に象さんとお猿さんがタンブーンしている、タイのお寺では普通に見られる光景ですが、象の描写もさることながら、仏陀とのサイズの比率も考慮されているのが斬新(当たり前?)です。


ちなみに御本尊?はこんなの。
仏舎利は一応入っていると、ガイドは言ってましたが、仏陀のお骨、どれだけたくさんあるんでしょうね…


おまけ。
仏塔の周りは結構広く、しかも公園風に整備されているので、こんな感じに蝶もいっぱい飛んでいました。
(でも、レンズの望遠側が55mmなんで、思いっきりトリミングしてこれが精いっぱいです)


Nov./'09
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
みどころは仏塔だけですが、その仏塔自体はなかなかすばらしいです。
特に天井の絵は一見の価値があるかも知れません。
場所自体は、ガイドは見えるといってましたが、実際にはメインの道から結構奥にあるので、見えないと思います。
もう田んぼの合間を縫っていくみたいな、そんな感じのところにあります。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
17° 35'50.02" N
102°38'14.58" E


View 変スポ in a larger map