あ…知らん間に1950スポットになってたよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、2日目始まりました。
計26か所の予定をしています。
1日目と同様、ほとんどは遺跡だよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

31.10.10

Wat Phrathat Phanom Wora Mahawihan / Nakhon Phanom

再訪

一気にナコンパノム南部の、タートパノムの町にやってまいりました。
ここに来るってことは…
まあ、皆さんご存知、ワットプラタートパノムに、タンブーンしに来たわけです。



前は東側…
正面から入りましたが、今回は諸事情により、南側からの侵入をすることに。





つ~ことで、南側の入り口に到着です。
結構参拝客多いですね。



階段のナーガ君。
もちろん真新しいです。



この南口から入ってくるタイ人も多いようで、こんな感じにしっかり整備されています。



それでは入ると致しましょう。





あ、なんか絵があった。





ということで、南側から見た、タートパノムさん。
と言っても締らないので、正面側、東側に周りましょう。



これ、前も思ったんですけど、仏塔の結界石なんでしょうかね。
お堂の方にはないし。



南東側にやってきました。
つ~か、すごい人。



正面…
う~ん、来る時期が悪かったかな?



まあ、とりあえずタンブーンタンブーン。





それでは、仏塔の御許に向かいましょうか。



あ、ワンちゃん…
もしかして、馬とか?





ここで靴を脱がなくてはいけないようです。



人混みをかき分け、ようやく到着~



皆さんウィアンティアンした後、こちらにお供えをするって感じですかね?



では改めて仏塔を…
なんか前に比べて金ぴか度が上がってる?
ただ単にカメラの性能の差かな?



上段。



中段に…



下段部分。
まあ、こんなもんですな。



一応動画でも。
皆さんウィアンティアンをしている様子も写っています。


あ、黄色い布タンブーンかな?



では、そのままぐるっと回って裏手に向かいましょう。
これは北東のお堂だったかな。



う~ん、ガラガラ…
仏塔の人気の前には、お坊さんも形無しですな。







で、このあたりが最奥ですかな。



だって、これ以上行けないようですし。
ということで、裏口…
西側から外に出るとしましょう。



そういえば、こっち側に来たの初めてだったかな。





なんか古そうなお堂がありますが…
開いてないので確認不可能。



こっちの小さいのは…



まあ、微妙ですね。



お次は、北側エリア。
こっちの方に来る参拝客はほとんどいないようですね。
まあ、目の前のお堂も閉まっていましたし、当然でしょうが。



あ、でかい銅鑼発見。
ワットノーンプンのやつにクリソツ!
と思ったけど、微妙に違うのね。







ということで、東側に出てきました。
前回はこちらから入ったんでしたね。



ちょっと引いて、望遠で撮ってみました。



まあ、こんなものかな。



では、中を通って、戻るとしましょう。



例の偉そうな人も健在です。



う~ん、しかしすごい人。
みんな他に行くところないのかな~?



Aug./'18
以下過去の記事


お待たせしました。
ナコンパノム最大の観光地、ワットプラタートパノムウォラマハウィハーン(วัดพระธาตุพนมวรมหาวิหาร)にやってまいりました。
なんでもタイ人どころか、ラオス人にとっても聖地だそうで…



偉そうな人も出迎えてくれていますね。




案内板の文字がかすれているのは、参拝客が多いからなのか、それともただ単にメンテしていないだけなのか…
やはり仏塔の絵がひときわ目を引きますね。



ということでさっそく…
南側の、露店のあるほうから眺めたところです。



境内はこんな感じ。
見ての通り、観光客…もいるかも知れませんが、参拝客はいっぱいいます。



正面に周ったところです。



で、これが有名な仏塔です。
もちろんラオスタイプです。



仏塔に近づくには、この仏陀エリアを通過しなくてはいけません。
しかし、みんなの目的はあくまで仏塔なので、誰も参拝していませんね。



ってことで、タイ人の興味は、すべて仏塔の下の、このタンブーンポイントが一心に受けるハメに。
しかし…熱い!暑いじゃないですよ…いや暑いですけど。
仏塔の周り、塀で囲まれたエリアは土足厳禁なんですけど、敷石思いっきり焼けまくってます。



仏塔の下には入り口が見えますが、さすがに入ることは出来ないようですね。



でも、仏塔自体は結構装飾が施されています。



仏塔の周りの壁には、こんな感じに…異人さんですかね?が描かれています。
まあ、異人さんの物語ではないと思いますけど。



よく分かりませんが、焼き魚を猫にあげてますね。



ああ、例の象さんを狩る巨人さんですね。
なんかイーサンのこっちの方ではちょこちょこ見ますけど、何かあるんでしょうか…



前門のワニ、後門のトラの図ですね。
まあ、絶体絶命なのは間違いなさそうです。



こっちもだいぶ絶体絶命状態ですね。



これは…タイ人の日常ですかね?



人生の落伍者発見。



カエル様のお通りです。
ということで、壁画エリアはここまでのようです。



塔の周りには…結界石ですかね?



ということで、観光は終了です。
おまけですが、境内にはこんな感じに、桜もどきが咲いています。



まあ、違うんですけど、綺麗ですね。



Apr./'10
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
まあ、面白みがあるかどうかはともかく、仏塔はなかなかすごいですね。
塀の壁の絵は…まあこんなもんでしょうね。
ただ、さすがにタイ人には超人気のようで、境内にもですが、お寺の外も、観光客にありつこうとする人たちでいっぱいです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

  16° 56'32.65" N
 104°43'25.71" E


View 変スポ in a larger map