サケオ編もあと残るはおまけの1ヶ所のみ。
その次は、タークミャンマー編に移っていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

7.4.08

Sattahip Beach / Chonburi(Sattahip)

チョンブリ県最南端、タイ海軍基地のあるサッタヒップ(สัตหีบ)。
タイ軍管理下のこの地域(多分タイ軍=タイ国所有地)の一部が一般に開放されたビーチになっています。
さすがにここまで来ると綺麗ですね。
白人は1人だけ…タイ人のおね~ちゃん連れてましたけど。



さすがにすぐ隣が軍港なだけあって、浜辺のすぐ沖に軍艦が停泊していたり、軍用ヘリが編隊組んで飛んでみたり…
ちょっと不思議な光景です。



それよりこのビーチのど真ん中に小さな岬?岩場があるのですが…
人魚の像??



…と思ったらただのおっさんの像でした。



でも、奥にはこんな怪物(失礼)も…
タンブーンしたってタイ人に話したら、そういう対象ではないって言ってました…いいじゃん、仏教徒じゃないし。



岩場の先端部分には…こっちにいましたか、人魚姫。
隣にワイした人がいる辺り、さすがタイって所ですか…
でも、さすがに人魚にそれをさせる暴挙は取りやめたようです。



道を挟んで反対側には、キリン大明神様が祭られています(もちろんウソです)。
それにしても何でキリン…この辺りの住民(いないけど)に大切にされているのでしょうか…



と思ったら近くにはこんな状態の物も…合掌。



ちなみに(こっちが本題ですが)海のほうは結構綺麗で、少なくともラヨーンよりはいい感じ。
さすがに海軍管理で荒らされていなく、しかもタイ南東部のちょうど角…一番突き出した部分なだけはあります。
沖に行くと一応サンゴも熱帯魚も…少ないですけどいます。



こっちにも…
でも、基本的には遠浅のようで、時間的に干潮だったと思いますが、数百m沖に行っても水深2m程度…
だって、海底に触るぐらい潜っても、うっかりするとばた足の足先が海面に出てしまい、姿勢制御に難儀します。



こんな遠くに来たのに…やっぱ2mぐらい(でもさすがに足は届きませんけど)。
ああ、見ての通りこんなことする奇特な人は私だけでした。
基本的にタイ人は服着たまま、タイヤチューブ再利用の浮き袋を使って、波打ち際の足が届く範囲でバチャバチャするのがお気に入りのようです。



ああ、今回タイ人たちと来たんですが、やっぱりガイヤーン(焼き鳥)とソムタム(パパイヤサラダ)は必須のようです。
私はビールさえあればいいんですけどね。



Apr./'08

評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
パタヤビーチ、ジョムティエンビーチ…どころかラヨーンに行くなら、こっちの方に行く事をお奨めします。
ラヨーンの方が綺麗なイメージもありますが、地形的にこっちの方が有利ですし、何より民間人が許可なしに入れないため、漁船等も全く見られません。
ただし、逆にいうとデッキチェアーやビーチパラソルどころか、海の家も、売店も、タトゥー屋(いらないか)も何にもありません。
さすがにトイレ(3B)とシャワー?(5B)…ただオケで水かぶるだけのような物はありましたけど。
お食事は…おっさんからメニュー渡され、「欲しい物あったら携帯に電話して」だそうです。
ここの唯一(致命的?)な欠点は、車やバイクでしか行けない事でしょうね。
本当はお寺も行きたかったんですが、12~2時にかけて滝のように雨が降って挫折しました…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
12° 37'00.02" N
100°55'16.49" E


View 変スポ in a larger map