ということで、記念すべき?800回目は、チェンダオの地獄寺です。
ご堪能ください。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

15.1.10

Ko Lipe (Lipe Island) / Satun

12月某日、トラン県にあるハートヤオ港。
この場所に来たのは、もちろんサトゥン県の沖にあるリペ島(เกาะหลีเป๊ะ)に行くためです。
というのも、サトゥンにあるパクメン港は不便なのと、タイガートラベルなる高速船会社が、トラン空港からピックアップ込みのリペ島行きのチケットのインターネット予約をやってたからなんです。


これがその高速船のようです。
当然のように、上のデッキ部…日が当たる部分を白人が占拠…
この一番日差しの強い時間に、何時間もかかるんですけど大丈夫なんでしょうかね~
というか、定刻をすでに1時間近く過ぎてるんですけど…さすがにタイのこのいい加減さにもだいぶなれてしまったようですorz


ということで、海上を走ること2時間以上…
見えてきました、これがリペ島のパタヤビーチという、一番にぎやかなところのようです。
(ちょっと写真が暗めなのは、すでに4時ごろだからです)
え?ここからロングテールボートに乗り換え?50B徴収?聞いてないよ~
ということで、土壇場でそんなこと言われるので白人が何人もコンプレイン。
そんなことどこにも書いてないんで当然ですが、コンプレインしたところで、送ってもらわないとどうしようもないのも事実…
まあ、素直に払っておきましょう。


島の南、パタヤビーチはこんな感じで結構遠浅の湾になっているようです。
だいぶ潮が引いていますが、こんな感じでこれぐらい沖の方でも、全然海面下のサンゴが見えちゃいます。


もちろんビーチも海もすわ~い!
海が水色なのは、砂地の割合が多いんでしょうね。


ということで、水中もやはり浅いだけあって、どこまで行っても浅場のサンゴが続きます…
どこまで沖に出ればいいんでしょう。


それでも何百mも沖に出ると、さすがにこんな感じで深く、澄んできます。
トランとかの島と違って、このあたりはサンゴ礁から急にドロップとかはしていなさそうで、さらに先に先にと白い砂の海底が続いています。


でも、ちょっと魚影が少ない気がしますね…
サンゴはモリモリあるんですけど。
ということで、あまり沖に行っちゃうと帰って来れないので、このあたりで引き返すとしましょう。


実際、遠浅の砂浜なんですけど、引き潮とはいえ、かなり波打ち際の近くの浅いところまでサンゴが来ています。
もちろんこの写真は立って撮っているのですが、すでに腰より水面低いです。


探すとこんな浅いところにも、ニモとイソギンチャクとかが住み着いています。
(手ブレではなく、波があるんで海中の物がはっきり写らないんです)


簡単にこんな近くで撮れちゃいます。
足が付くんでね。


こっちはスカンクアネモネフィッシュ。
これもかなり浅場にいました。


ここは結構浅場も楽しく、こんなヨウジウオの仲間っぽいのとかもちょろちょろいます。


ミノカサゴなんかは暑いのか、岩の陰でお休み中でした。


さて、場所を変えて島の東側にある、その名もサンライズビーチに行ってみましょう。
パット見、こっちの方が、さらにきれいに見えますね。
(まあ、パタヤビーチに比べ、リゾートとか少ないですしね)


透明度もすごく良さげですね。
でも、こっちも結構沖の方まで砂浜が続くようです。
海の中はどうなんでしょう…


こんな感じでした。
もちろん浅場でも生きられるサンゴがずっと続く感じですが、めちゃくちゃ浅い(泳ぐのが難しいぐらいです)ため、水面にサンゴが写っちゃってますね。


沖の島(ごめんなさい。さっきの写真のではなく、もう少し近いやつです)まで来たんですが、こんな感じでずっと浅瀬が続きます…
シュノーケリングもままなりませんね…


それでも、こちらも浅場のところどころにニモなんかがいます。
もちろん1m以下で足も付くので、子供でも安心?


なんて言ってるうちに、島の横あたりぐらいから少しずつ深くなってきました。
ついでに波も急に高く…多分外洋の影響下に入ったんでしょうね。
まだまだ浅いですが、サンゴの質もだいぶ変わってきました。


構成はやはりパタヤビーチと同じで、少しずつ深くなる砂浜のところどころに(というには多いんですけど)サンゴが点在している、といった感じのようです。
魚もめっちゃくちゃいる…ってこともないようで…
ぼちぼちはいますけどね。


こっちは、もうみんな飽き飽きしている、”軍曹”ことツノダシですね。
本当、最初のころは結構感動したりしたものですけど、今となってはただの雑魚…


ということで、今日は十分シュノーケリングを堪能しました。
(浅すぎな感もありますけど)
パタヤビーチに戻り、当然のように「乾杯!」です。
あろ~い!
明日はシュノーケリングツアー”プログラムB”に参加して見ましょう。


関係ないけど、リペ島は結構開発が進んでいるようで、もう秘島とはいえなくなって来ています。
ここはパタヤビーチとサンライズビーチを結ぶ(ほぼ)唯一の舗装道路だそうで、その脇はこんな感じに島一番の繁華街となっています。


そこに何故か”SUSHI BAR”が…
さすがに行く勇気なかったので、誰か挑戦してください。
(というか滞在中ほとんどイエローカリー”マンッサマン”食べてました)


Dec./'09
評価
★★★★☆:その地方(北、南、東北、中央)に行ったらぜひ!お勧めです。
寸評
さすがに噂にたがわずすばらしいです。
開発が進んでしまっているとはいえ、まだまだサメットとかサムイみたいな事もなく、適度に便利ぐらいな感じでしょうか。
サンセットビーチには行けませんでしたが、パタヤビーチ、サンライズビーチは遠浅で、ちょっとシュノーケリングを堪能するには物足りない、もしくはそれを越える位沖まで出なくてはならず、ちょっと大変かもしれません。
それでもリゾートの前は真っ白なビーチで、海はマリンブルーで澄んでいて、シュノーケリングも楽しめるとなれば、こんな遠くまで来た甲斐があるってものです。
さらに、ここを基点に周りの無人島とかにシュノーケリングツアーや、ダイビング等も可能なので、直接も楽しめるし、起点にもなるベースとしても活躍できそうです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
06° 29'12.63" N
99°18'03.30" E


View 変スポ in a larger map

4 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

いきたーい。
でも、、とおーい。
でも、いきたーい。

朝太郎 さんのコメント...

すごく綺麗ですね。

あっ、遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
28日に出て 11日に戻って来ました。
サコンナコンで7泊、初ルーイ県で2泊、あとはいろいろ

南へはプーケット経由以外は、チャアムの海が南限です・・
ぜひ、アンダマン海へも足を伸ばしたいですね。

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号様
いいですよ~
とお~いですけど。
でもいいですよ~
それでも昔みたいに、サトゥンのパクパラ港を9時ごろ出港して午後3時ごろ着…見たいでなくなっただけでだいぶマシになったと思います。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
あけましておめでとうございます。
ここのところ忙しくて、ブログ更新もままなりません…orz
初ルーイおめでとうございます。
だいたい隣の県までは行ってるんですけど、この”もうひとつ”がデカイ壁なんですよね。
サコンナコンもあと少しなんですけど…
なんか琴線に触れるような、今すぐ行きたくなるすばらしいスポットが見つかるといいんですけどね~