実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

あと…次のお寺(15日UP)で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

8.9.10

Ku Phan Na / Sakon Nakhon

さて、三連休を使っての、サコンナコン、ナコンパノム、ムクダハーン強行ツアーの最初のスポットは、タイ最北?とのうわさの、このクーパンナー(กู่พันนา)です。
名前からは何か分かりにくいので、何の最北か分かりませんよね?
まあ、分かる人は分かるみたいですけど、まあクメール遺跡なんですよ。


これが遺跡の全貌。
見ての通り、砂岩はほぼ見られず、ラテライトのブロックがむき出しの状態になっています。


これが正面。
ま~もともとそれほど大きな遺跡じゃなさそうなんで仕方ないですね。


入り口近景。
装飾はなくなっちゃっていますが、しっかりとラテライトを積みなおしてあるのか、なんとなく当時の面影は感じられます。


でも、内側はこんなん。
一応せり出し工法で、屋根を作った名残はありますが、こんな感じに中途半端に空いていると、むしろ危ないです。
とても怖くて下にいけません。


これが入り口から見た、塀の内側全景です。
え?真ん中の犬小屋は何かって?
いえいえ、一応これがこの遺跡の中央祠堂です。
もともと小さい上に、屋根の部分が完全になくなっているので無理ないですね。


でも、横から見れば、一応こんな感じで奥行きもあり、おそらく手前は低く、奥に塔が建ってたといったイメージが浮かんできます…ね?


ところどころに、一応砂岩で出来た窓枠とかが残っています。
さすがに装飾はまったくなくなっていますけどね。


中はこんな感じ。
やはり仏教徒に蹂躙されてしまっています。


ぱっと見た感じは中央のアレだけみたいですが、よく観察すると、他にも仏塔があったであろう土台が残っています。


一応バライもあるでよ。
せっかくなんで、バライ越しに遺跡全景を撮ってみました。
…と、クーパンナーのお話は以上です。


ここからはオマケなんですけど…
実は少しはなれたところに、サコンナコンでも有数のクメール遺跡があるというので行ってきました。
名前はプラタートプーペーク(พระธาตุภูเพ็ก)というようで…
分かる人は分かると思いますが、”ぷー”の文字は山…つまり山頂にある遺跡なんですね。


ということで、こんな道なのか何なのか分からないところを登った先には…


がーん…
491段もあるそうで…
頑張る努力はしたんですけど(日本語変?)途中で挫折しました。
ええ、多分50段ぐらいは登りました。
階段の各段が水平でなく、平衡感覚がおかしくなりそうで…
危険ですよ~
ということで、スポットとして紹介できるほどではないので、この場で軽く紹介してみました。


Apr./'10
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まず、場所がすごく分かりにくい!
一応22号線から入ってすぐなんですけど、看板がわからん!
よく探したら読みにくくボロッちいタイ語の看板がひっそりありました。
何回往復したことか…
まあ、遺跡としてはその他大勢に分類する、所謂田舎の小さな遺跡です。
それほど学術的に大きな価値はなさそうですが、まあタイ最北(かどうか知りませんが…)と聞くと、ちょっとロマンを感じます的に楽しむところですね。
もうひとつの山の上のやつは…体力自慢、普段から山登りしてる…とか言う人以外はお勧めしません。
遺跡自体はなかなかよさそうなんですけど…
車でいけるようにしてくれないかな~

Google earth 座標(分かるやつだけね)
クーパンナー
17° 26'33.23" N
103°33'26.47" E

プラタートプーペーク
17° 11'31.18" N
103°56'14.30" E

クーパンナー

View 変スポ in a larger map

プラタートプーペーク

View 変スポ in a larger map

4 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

よっ、待ってました♪
どちらも行ったことありません。
うちの親戚は、その2か所の丁度中間です。

プラタートプーペークは 県都サコンナコン郡との境にありますが 同じパンナニコム郡内で、徒歩のルートで28km、車では一旦22号線に出て36.3kmの50分 が最短(時間)みたいです。
どちらも是非 今度行って見たいですね。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
お待たせしました。
次回は朝太郎様のご親戚の近所、その次は地獄寺の予定です。
行くのが簡単なのはもちろんクーハンナです。
22号から入ってすぐなんで、サコンナコンに行かれるついでに寄れます。
ぷーぺーくは、まったくご自身の体力との相談です。
自信がない方はやめた方がいいです。
それでも行くなら、特に夏はペットボトルを持っていった方がいいでしょう。
相当汗をかき、その分すぐにのど乾きます。
もちろんふもとまで行かないと飲料水を手に入れるのは難しいです。

トゥッ・ムー さんのコメント...

懐かしいです。
初めてイサーン紀行を企画したときに行った場所の一つがこのPHU PHEK。
ほんとに国道から離れているし山なんですよね。

マレーンポー さんのコメント...

トゥッ・ムーさま
もうさすがというしかありませんね…
初イーサンでサコンナコンの、しかもプーペークですか…
私は初イーサンどこ行ったかな?
ああ、ウボンとノンカーイだ。
プープラバートとプートーク、ワットケークとラオスに行ったときでした。
もう4年以上前です。