実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

あと…次のお寺(15日UP)で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

13.9.10

Wat Tan Sum / Sakon Nakhon

サコンナコンの片田舎チャンミン…
ここから山を越えてナーモンという超田舎の村にある、とあるお寺に向かおうとしていたんですけど、ふと横をみるとこんなん(失礼)があったんで、ついつい立ち止まってしまいました。
みなさんもこんなの見つけたら立ち止まりますよね?ね?


なんともチャーミングなヤックが屋根を担ぐ形で門を形成しています。
名前をワットターンスム(วัดตาลสุม)というようですね。
一部グーグル様とかにはワットターンチュムとか記載がありますが、まあ思いっきり門にスムって書いてあるんでこっちが正しいのでしょう。


まあ、飛び込みで入ったものの、やはりごく普通のお寺みたいですね。
とりあえず目に付くものは…っと、これぐらいでしょうか。
数m程度です。


あと、ちょっと気になるのがこちらの建物。
タイのお寺のあの金ピカさを押さえ、あえて茶色とかを基調にしているところとか、ちょっと好感持てますね。


内部はこんな感じ。
まあ、金ではないですが、赤がかなりきついですね。
ご本尊様は地味でいいですけど。


でも壁にはしっかり天国…というか仏陀の生涯の絵がしっかり飾ってありました。


Apr./'10
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
さすがになかなか飛び込みで素晴らしいスポットは見つからないですよね~
ここも入り口のヤックのみのスポットです。
まあ、そのヤック自体はかなりキュートでゆるきゃら系ですけど。
他のスポットに行くついでに寄るとか、実家の側なんでついでに寄ってみるとか…
そういう方のみどうぞ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
17° 19'58.89" N
103°46'42.11" E


View 変スポ in a larger map

3 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

ここの集落はTan Lianで うちの親戚はこの隣約2kmのUm Phaiです。

仰る様にグーグルのタイ語(→英語)の表記違いだと思います。
thinknetではWat Tam Sum(タイ語も)となってますし、その南東1kmにある小学校名はBan Um Phai ですがグーグルではBan Khum Phaiとなってますので。

市場へは普通22号線沿いの街の パンナニコムかパンコンに行くのですが 週一で催されるこのタンリアンにも行きます。
この寺前を素通りしかないので 今度覗いてみます。(笑)

朝太郎 さんのコメント...

失礼 thinknetではWat Tan Sum です。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
タイ語の表記はぶっちゃけ難しいですよね。
普通にタイ人でも何種類もありますし、発音記号の表記(ちょっと難しいかな)もできますし…
私のは個人的にアルファベットに直してる(つまり耳で聞いて一番それっぽそうなものを当てはめる)だけなんで、そういう公式表記とぜんぜん違いますし、伸ばす発音は織り込まれてなかったりします。
このお寺も、Wat Tal Sum(タイ語のスペル重視)でも良かったんですけど、直感的な音に合わせています。
まあ、それもあってちゃんとしたタイ語表記と、カタカナ表記(これも主観ですけど)も記入するようにしていますが…
早くタイ政府が公式の統一表記を決めてくれませんかね?