実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.3.13

Wat Phra Prathon Jedi Worawihan / Nakhon Pathom

先ほどのボラーンサターンワットプラメール(ラーン)から、4号線をバンコクに向かって3kmほど進んだところに、ちょっと気になっていたお寺があります。
ワットプラプラトーンチェディウォラウィハーン(วัดพระประโทนเจดีย์วรวิหาร)と、プラプラくどい名前なんですが、とりあえず入ってみましょう。



広い境内の中央に、双子のお堂が並んでいます。



う~ん、どっちが本堂なんでしょう…
まさかどっちも違う?



とりあえず順番に入りますか。



まあ、内部はかなりシンプルですね。
その奥に、かなりふっくらとした印象のご本尊様が安置されています。




さすがに手が届く距離にあるため、御手も金箔でべったんべったんになっています。
ボディーは法衣で隠されていますが、まさかその下も…
ドキドキ。



もう1方はこんな感じ…
まあ、たいしたことありませんが、絨毯のひき方から察するに、普段説法を行っている側みたいですね。



で、本題はこっちです。
実は以前から4号線を通るたびに気になっていたんですが、基部がレンガむき出しで上部が漆喰?で化粧された仏塔…
結構目立つんですけど、それが建っているお寺はものすごく普通っぽかったんで、今まで敬遠してたんですね。



これが、仏塔全景です。
何故か四方に柵が張り巡らされていますが、一応登ることも出来るようです。
いや、私は結構です…



こちらがアップです。
良くわかりませんが、基部?は150年ぐらい前の物っぽいです。
(真面目に案内を読んでいないんで自信ありません)



Jan./'11
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
紹介文が書かれている案内板を読むと凄そうなんですけど、見ての通り仏塔がすべてのスポットです。
結構4号線から目立つんで、気になっていた人も多いと思いますが…
無理して行くことないですよ~

Google earth 座標(分かるやつだけね)

13° 48'53.84" N
100°05'49.16" E


より大きな地図で 変スポ を表示

0 件のコメント: