何気に記事アップしていたら、今回のWat Phra Kaeoで、776スポット目…
次回が記念すべき?777スポット目になるようです。
だからといって、特に記念に合わせた記事があるわけではありませんが。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

25.3.13

Wat Bang Phra / Nakhon Pathom

ナコンパトム市街から、北東の方…田舎の方に入っていたところに、変なお寺が建っています。
ひっそりと…と書かないのは、タイ人に大人気のスポットっぽいからですが、場所的には、Wat Klang Bang Phraのすぐ先に位置します。
ですから、駐車場も車でいっぱい。
(実際には観光バスも乗りつけています)
ここも、Lekさんのブログを参考にしてきたんですけどね。



ここの売りは、なんと言ってもこれらのSNN48(Se-N-niN 48)なんです。
お寺の一角に所狭しと並んでいる様は圧巻です。



斜め左前から(ほぼ)全体を撮ってみました。
なんか、一番手前の仙人さん、カトちゃんペッみたいですね。



と…
タイ人のあんちゃんが何かしてますよ…



Σ(゚д゚lll) エ~~ッ!!
こんなことしてバチ当たらないの?
というか、むしろベストマッチというか、収まるところに収まったというか…
もともとこういうものなんでしょうか…
後ろの仙人の方には睨まれていますけどね。



まあ、たしかに周りには、こんなくつろぎまくった仙人さんもいますんで、タバコぐらい良いのかもしれませんね。



しかし、みんなそれぞれ違った顔をしていて、なかなか飽きませんね。
一部顔しかない仙人や、顔がいっぱいの仙人が見受けられますが、まあそれも個性ってことなんでしょう。



あ、タイガーマスク(っぽい人)!
何気に手前のすきっ歯の仙人も、個性的なお顔をしていますね。



お犬様や…
真ん中の金色のお方は、私には黄金銭闘士ノリさんのAAにしか見えません。
(最近は阪神に入団したコースケさんに最強の名を譲った感がありますが…適当にググってみてください)



こっちの顔だけ仙人は、さっきのとは別人です。
ということで、仙人密集エリアはこんなもんです。
せっかくなんで、境内を散策してみましょう。



辺りには、こんな銅鑼や…



これは船型のお墓でしょうか…



こちらの木には、ナンナーク信仰でしょうか…
たくさんの鮮やかな布が巻かれています。
勢い余って、おねーさんにも巻かれちゃってますけどね。



こちらは貝に乗った招き男…でしょうか…
なんかどっか他のところでも見た気もしますが、何だったかまったく思い出せません。



で、その奥には、ボス?の観音様が控えております。
う~ん、6~8mって所でしょうか。
まあ、可もなく不可もなくってレベルですね。



ということで、川岸に到着。
大きな石碑で、ここがワットバーンプラ(วัดบานพระ)ということが分かりますね。
(もちろん、当ブログにいらっしゃるコアな方々はタイ文字を読める…という勝手な前提で言ってます)



川岸には、こんな感じにタラート(市場)も常備されています。
一応昼近いんですけど、イマイチ人気ない?のは、近場にたくさん同様の市場があるからですかね?



と、ふと脇を見ると、白い亀が…
目が赤いところをみると、アルビノですかね?



こちらはプラメートラニーと、これまた謎の仙人が祭られています。
ちなみにこれらはみんな河に向かって並んでおります。
なんでかな~



こちらは…
なんか良くわかりませんが、内部になんか祭られているようで、信者?がパラパラと入っていきます。
せっかくなんでついて行ってみましょう。



中にはこんな感じに、高僧のミイラらしきものが祭られていました…
おそらく手前の蝋人形や、横の写真の方なんでしょう。
たしかに日本でも即身仏とかありましたが、日本人的にはこういうのは信仰の対象としても、あまり見世物にするのは気が引けます。
(なので、いつもアップの写真は撮らないんですね)



さて、せっかくなんで境内の他のエリアも散策してみましょう。
仙人以外にも、こんな感じにいろいろなコンクリ像が散在しています。
一番奥の、ゴーヤみたいなのは、おなじみ?トリケラトプスです。



で、ゴーヤの先にも、チンパンジー、ステゴサウルス、トリケラトプス…と続いています。
その先に見える白に赤の模様は、錦鯉かと思いきや…



錦プラーチョン(ปลาช่อน)…雷魚ですね、どう見ても。
見たことありませんが、こんなのもリアルにいるなら、一度見てみたいものです。



こちらはヒメカブト。
レンガの山や、鉢に植えられたサボテンのサイズなんかと比べますと、その大きさも推し量れると思います。



こちらは観音様でしょうか…
だいぶ奥まで来てしまいましたよ。
まあ、こんな物でしょうね。



と思ったら、まだまだ仙人が並んでいましたよ。
心なしか、トップメンバーに入れなかったからなのか、ちょっと浮浪者っぽく見えてきます(失礼)。



こっちは、一応チームを組んでいるようです。
まあ、2軍といったところでしょうか…
あまり華がありませんね。
トップもお坊さんが張ってますし。



こちらの後ろにいる牛…
牛頭でしょうか?



ということで、一周してきました。
こちらが本堂みたいです(一応結界石あるし)。
でも…参拝者は皆無です。
まあ、閉まっているからやむを得ませんが、もう少し観光客にアピールしてもいい気もします。



Jan./'11
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
ほとんどの楽しみは仙人なんですけど、その他のコンクリ像もボチボチ楽しめます。
もちろん近場にもWat Klang Bang Phraなどがありますし、そういうのと絡めて周ると面白いですよ。
あと、Lekさん情報ですと、どうもここでは”Tattoo Festival”(無理に訳すと刺青祭)が行われるようなので、それに合わせて行くのも面白そうです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

13° 53'50.23" N
100°12'46.80" E


より大きな地図で 変スポ を表示

4 件のコメント:

WARZY さんのコメント...

A HAPPY NEW YEAR 2015!

しかし凄い数だ。全然追いつきません。。。本当に日本に帰ったのですか????まだタイにいて、放浪しているように感じますが(笑)

マレーンポー さんのコメント...

WARZYさま
あけましておめでとうございます。
本当ですよね~
数か月後には重大発表をすることになりそうですのでお楽しみに。

warzy さんのコメント...

お~またバンコックで焼肉を食べられるかな?期待してます。

マレーンポー さんのコメント...

WARZY様
もしそういうことになりましたら、よろしくお願いいたします。
今度はちゃんと予約いたします。