次からは、バンコク&バンコク近郊スポットを散発する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

13.5.13

Anousavary Patuxay / Vientiane Laos

ビエンチャン市街から、さっきのタートルアンに向かう途中に、デ~ンと立ちはだかる、胡散臭い?門が建っています。
名前はアヌッサワリーパトゥーサーイ(ラオス語 ປະຕູໄຊ)というようです。
意味は、勝利の門ということなんで、タイのプラトゥーチャイと同じ名前ってことですね。


まあ、たしかに見た目は凱旋門っぽくもないですけど…
やっぱりソレを参考にしたデザインをしているみたいですね。
しかし、まだ未完成とのことで…
完成させる気あるんでしょうかね?


ぱっと見た目は、完成しているみたいに見えるんですけどね~
柱とかの装飾もそれなりに作られているみたいですし…


天井のレリーフなんか、仏教がモチーフって事以外は、よく出来ている気がします。


カーラの顔、なかなかファニーですね。
ちょっとムーンフェイス時計を思い出してしまいました。
まあ、とりあえず登ってみましょう。


もちろんエレベーターなんかあるわけもなく、ひたすら自らの足で登るしかありません。
ところどころに、こんなかわいらしい?ものがあるのが唯一の救いですかね?


ということで、お土産屋を通り過ぎて、屋上に出ましたよ。


これが、塔の上から、北東側の方を眺めているところです。
この先まっすぐ行ったところ(本当は、少し斜め右に向かうんですけど)が、先ほどのタートルアンです。


こっちは南西側。
先には、ビエンチャン市街があり、その先には、メコン河、そしてタイと続きます。


ということで、戻るのも歩きです。
(当たり前です)
最初にも言った様に、まだ作りかけのようで…
明らかに資材が入っていたであろう袋が放置されています。
完成するのかな?


さて、ここからは、初めてラオスに来たとき(まだビザが必要だった…2006年)の写真になります。
ノンカーイからラオスへは、ノンカーイ東部(友好橋の2kmぐらい南側ですかね?)にある、ローカルバスターミナルからバスが出ています。
今は、電車で越境できるようで…乗ってみたいものです。
(といってもビエンチャンまでいけないんで、メリットはそれほどでもなさそうですけど)


橋の手前でタイのイミグレを済まして、再度バスに乗り込み、越境します。
これは行きに撮った、橋の真ん中あたりからラオス側を写したものですね。


こちらは帰りに、橋からノンカーイの街の方向を写したものです。


ということで、ラオスイミグレでビザを取得し、なんとか入国しました。
一応バスもあるみたいですけど、何時来るかわからないのでタクシー(といっても何十年物のボロボロの車ですけど)でビエンチャンに向かいます。


今はどうか知りませんが、当時はビエンチャンに向かう幹線道路(ラオスの大動脈のはず)も、こんな感じに赤土まみれの、車線もまともにない道路でした。


とりあえずラオスに来たらこれですよね~
写真はホテル内(チェックイン後すぐ)ビアラオを調達して撮ったものです。
思えばこれらが、私のビアラオデビューでした。


ビエンチャンは狭い街なんで、ちょっと歩くとすぐにメコン河沿いに出ます。
河向こうは、もうタイのシーチェンマイです。
河沿いにも、いっぱい食事するところがあるんですけど…
今回は、残念ながらパスです。


こんなでも、ビエンチャンでは有数の大きな道なんですけど、車はあまり走っていません。


こいつは、ビエンチャンの街中に建っている、有名?な仏塔みたいです。
アユタヤの街の仏塔のロータリーみたいに、ここもロータリーになっているんですけど、なんせ小さな街で車も走っていないんで…
寂しい雰囲気です。


で、目的地はこれ。
ラオス料理のお店です。
なんか、チェンマイのカントークみたいな感じで、お膳に1セット料理が乗った物が出てきます。
でも…味はまあ、微妙でした。
おかわり自由かどうかは…
食べきることが出来なかったんで、よく分かりませんでした。
で、ここの売りは…


こんな感じで、目の前でラオスダンスを踊ってくれるんですね。
すごいかどうかは、良くわかりませんでした。
まったく猫に小判です。
でも、木琴みたいな楽器など、ローカルの音楽とかはなかなか良いものでしたよ。


Nov./'09
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
面白いといえば、面白いんですけどね~
観光客も、門の周りにはちらほらと見受けられますが、上に登ろうという奇特な人たちは、なかなかいないようで…
一応門の上のほうには、2フロアにまたがり、お土産屋が占拠(まさにこの表現がぴったり…写真撮ればよかった)しているので、まあ楽しめると思います。
エレベーターとかがあればね~
もっと登ろうと思う観光客も増えると思うんですけど。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 17°58'14.65" N
102°37'06.97" E


View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

なるほど、パトゥーサーイとプラトゥーチャイと同じ語源だと言うのが分かりました。
ちょうどビザ自由になってすぐのころ、サコンナコンから10名程で出掛けました。
主要な観光地(物)しか行ってません、ゆっくり裏まで見て周りたいです。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
遅レスすいません。
そうなんですよ。
こういうのを聞いても、ラオス語おとタイ語は兄弟なんだな〜って感じますね。
しかし、私もあまりラオスまともに回ってませんし、ゆっくり時間をかけて行ってみたいですね〜