アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、とうとう始まってしまいました。
全61か所…だったかな?のほとんどは微妙な遺跡という、コテコテな内容になっています。
少しだけ普通のお寺もありますけどね。
初日編は、全部で34か所周ります。
ほとんどは…というか、1か所以外は、大なり小なり全部遺跡絡みだよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

11.9.19

Ko Kham (Kham Island) / Trat

マーク島4日目は、マーク島の北側にある小島、カーム島(เกาะขาม)に行ってみようと思います。
ということでやって来たのは、コマークリゾートの横のチケット売り場。



ええっと、1人300バーツで、行きの便が10:30と13:30と、15:00で、帰りの便が13:45と15:15と、そして16:30…かな?
ああ…なんて説明的なんだろう!



あの、桟橋の向こうにあるのが、カーム島ですね!
いや~昔、タイの秘島・楽園の旅という本を見てて、ここにめっちゃ行ってみたかった記憶があります。
ザ、秘島で、そして海がきれいってなってたんでね~



あ、そろそろ出発だそうですよ。
桟橋に行けってさ。
ちなみに10:30の便です。



どうも、このボートで行くようです。



結構でかいですね~
客も多いってことかな?


では、カーム島に向けて出発~



って、なんせ目と鼻の先なんで、スピードを出すまでもなく、すぐに到着しちゃいますよ。



あっ、砂州だ!
後で見に行ってみましょう。



ということで、上陸~



タイ人観光客たちは、さっそくカーム島の看板に群がります。
人がいない写真、撮れないじゃん…



とりあえず、周りを散策…



これが売店ね…



で、砂州の部分。
もう少し日が昇ったら、見に行きましょう。


ん?
なんか芝生があって、謎の壁が…
どうもリゾートっぽいんだけど、どう見ても今は廃墟だよね~



で、その前に広がるビーチ!
すわいまーく!



あれもリゾートっぽいですが、使われていない感じっす。



タイ人お約束の撮影タイムも、あちこちで行われていますよ~



海もすわーい!
でも、ここは結構遠浅っぽそうなんだよね~



ということで、ビーチの西側というか、西岸のゴロタにやってきました。
う~ん、青くてきれいな海ですね~


もちろん、こんなところに来る人もいないし。



では、ここからちょいと、エントリーするとしましょうかね。



って、ウニ爆弾がすごすぎる!
一応サンダルは履いてるんですけど、足元に気を付けながら歩かないとヤバそう…



どぼーん。



この辺りはまだ浅いですが、まあボチボチサンゴもありますね。



ウニも多いけど。



アワサンゴ…かな?



沖に向かっていくと、少しづつ深くなってきましたよ。




お魚は、まあこれもボチボチって感じ?



一応動画も…
大変見にくいですけど。


透明度は、それほどでもないのかな?
昨日のラヤンノーク島と、あまり変わらんね。
深くなればなるほど実感しますよ。



それでも、ラヤンノーク島よりは、サンゴもボチボチあって、その分南の島感は少し上かな?




お魚もまあまあですしね~





せっかくなので、もう一度動画でも…




あ、ちっこいのいた!
良く見る魚でも、小さいのは可愛いよね。



そして、メタリックブルーのシャコガイ。
本物はもっときれいなんだけどね~



まあ、こんなものですかね。



お次は、あそこの桟橋に行ってみましょう。


ここの先も、タイ人の格好のインスタ映え…じゃなくて、フェイスブック映えスポットの様で、今も先端で撮影会が行われていますよ。


もうちょっと晴れていると、もっときれいなんだけどね~
暑くなるから、これぐらいが良いかな?



ん?



あれ?
こんな浅いところに、サンゴの群生があるじゃん。





う~ん、これはエントリーせねば!



と言っても、さすがに桟橋からドボーンという訳にもいかないので、ビーチからもう一度海に入ることに。



とは言っても、この辺はまだ砂地なんだよね~



う~ん、実際はキラキラきれいなんですが、動画になると何でわけわからんものになるのかな~
動きが激しい分、映像が荒くなるから?


あっ!
 ベントス食性のハゼの仲間だ。



さすがに親子…ってことはないよね。



こっちはギンガハゼの仲間かな?



まあ、いいや。
とにかくもう一度チャレンジ!



う~ん、まあまあかな。


どうも、思ったよりトロピカル感が足りないんだよね~
魚はボチボチいるんだけど。


やっぱり、魚が黒っぽくて、サンゴが茶色っぽいのばっかりだからかな?







あ、ヤドカリ発見!
手はふやけて見苦しいので、ぼかし入れておきました。



あっ、海のギャングや!
まあ、シュノーケリングはこんなところですかね。



あとは、砂州をのぞきに行きましょう。



砂州の先端から、島の方向を…
これじゃ、なんだかわかりませんね。



ということで、海に入って、砂州を写して見ました。
う~ん、高さが足りないんで、砂州の形が良く見えませんな。
だれか~ドローン持ってきて!



あとは…



まあ、タイ人は相変わらず撮影会に夢中のようですね。



では、私は…



ビールでも飲んで、帰りますかね。



Apr./'19
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
秘島と言うには、ちょっと観光客が多くなってしまったようですが…
基本的に、マーク島に来た人しか来ないでしょうから、基本的に客が…特に騒がしい人達は、まだこの辺りまで進出していない様なので、静かなビーチが楽しめます。
海も、ビーチの近くでサンゴやお魚も楽しめますし、比較的初心者向けなシュノーケリングスポットといった感じでしょうか。
ただ…
あまり海の中はトロピカル感高くないですけどね。
ビーチはきれいなので、タイ人達のように、そっちを楽しんだ方が良いかも。
ああ、帰りは売店のおばちゃんにその旨を伝えれば、ボートが来た時に「ボートが来たぞ~!」って、教えてくれるシステムのようです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 11°49'59.2" N
102°27'40.0" E



0 件のコメント: