今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.12.09

Wat Pa Ban Kho / Udon Thani

ウドンタニ市街から北西のほうへ…
ちょうどこのブログでも取り上げている、Phu Phra Bat Histrical Parkの方に向かう途中に、大きい仏塔が見えてくる…そうです。
(いや…私にはまったく見えなかったんですけど、ガイドは見えるって言ってました。本当かな?)
仏塔はプラマハーチェディー…読めません(พระมหาเจดีย์เฉลิมพระบารมีพระนวมินทร์)、お寺はワットパーバーンコー(วัดป่าบ้านค้อ)というみたいです。


このスロープの先がそれみたいですね。
ぱっと見かなり新しそうな仏塔ですが、講堂とか見ている限り、めちゃくちゃ新しいお寺ってわけでもなさそうです。
(多分)


仏塔のまわりには、何故かピンクの象さんが四方を守っています。
(本当はピンクだけでなく白とかいるんですけどね)


仏塔の周りの建物には、こんな感じに天国のジオラマもしっかり完備されています。


これは例の天上天下…ですが、出来が良すぎて面白みがありませんね。
でも、極彩色は健在なようです。


ということで、ようやく仏塔の正面に到着。
見ての通り、結構高いです。
50Mぐらいある…と、ガイドが言ってました。
なんか下の部分あまりタイっぽくないですが、とりあえず入って見ましょう。


内部はこんな感じで、窓がいっぱいの開放的な基礎部分に支えられ、ライトなしでも明るく、しかも壁から天井にかけて、およそタイの仏教画とは思えないクウォリティーの絵がびっしりと描かれています。
惜しむらくは、持って行ったカメラのレンズが18mm(しかもフルサイズじゃない)なので、全体が収まりきらないんですよ…


天井部はこんな感じ。
空をイメージした中央部分の青も気持ちいいですが、周りの絵もかなりレベル高そうです。


例えば…おぼれている人を救済しているのでしょうか…
パステル調の色使いが、まったくタイどころか東洋っぽくなく、しかもわざと色の濃い部分と薄い部分を区切っているのは、時間の流れをあらわしているのでしょうか…


こちらは嵐に翻弄されている船でしょうか…
通常のヤツと同様、魚に食われている人もいますが、およそ同じテーマが描かれているとは思えませんね。


こっちも仏陀に象さんとお猿さんがタンブーンしている、タイのお寺では普通に見られる光景ですが、象の描写もさることながら、仏陀とのサイズの比率も考慮されているのが斬新(当たり前?)です。


ちなみに御本尊?はこんなの。
仏舎利は一応入っていると、ガイドは言ってましたが、仏陀のお骨、どれだけたくさんあるんでしょうね…


おまけ。
仏塔の周りは結構広く、しかも公園風に整備されているので、こんな感じに蝶もいっぱい飛んでいました。
(でも、レンズの望遠側が55mmなんで、思いっきりトリミングしてこれが精いっぱいです)


Nov./'09
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
みどころは仏塔だけですが、その仏塔自体はなかなかすばらしいです。
特に天井の絵は一見の価値があるかも知れません。
場所自体は、ガイドは見えるといってましたが、実際にはメインの道から結構奥にあるので、見えないと思います。
もう田んぼの合間を縫っていくみたいな、そんな感じのところにあります。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
17° 35'50.02" N
102°38'14.58" E


View 変スポ in a larger map

6 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

こんばんわ
読み始めたら、Phu Phra Bat Histrical Parkが載っていたので、県別リスト ウドンタニを見ました。
?見過ごしていたのかな?
ここの奇岩は昨年の12月31日に行きました。

12月30日、日の出前カンチャナブリを出発、バンコクに出稼ぎに来ている親戚を拾って その日の夕方近くサコンナコン県内の村(実家)に到着、帰りは1月2日朝出発でした。

31日の朝、新年の準備を済ませ、ピックアップに10人乗って、このPhu Phra Bat・・・へ。
帰りウドンタニの市場でソムタム、ガイヤーン、魚などを買い 持ってきたもち米とで遅い(3時ころ)昼飯を22号線沿いの広場で食べました。

トゥッ・ムー さんのコメント...

こんばんは
ここの仏塔私も行きました。
仏塔の中の天井絵が綺麗なんですが一枚の写真に入りきらないのが残念。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
おはようございます。
レス遅れて申し訳ありません。
私がプープラバートに行った時は、ソンテオに揺られて2時間…本当1日がかりでした。
しかも炎天下の中3時間歩き回って…全部回りきれませんでした。
でも、新年ですと逆に寒いんでしょうか?

マレーンポー さんのコメント...

トゥッ・ムーさま
おはようございます。
ちょっと最近忙しくて…というか不精でチェック頻度が下がっています。
もちろんトゥッ・ムーさまが制覇済なのは存じております。
今回もいくばくか参考にさせていただきました。
前からタイ語のサイトで知ってはいたのですが、それを見ていく気になりましたよ。

ホイ さんのコメント...

はじめまして。マレーンポーさん。
HPを参考にこのお寺にたまたま万仏節の前日に行ったら人だらけで驚きました。
参拝した人々に食事も無料で提供されててとても活気があってまた別の一面を見ることができました。

ウドンタニ周辺には他にもいい観光地があってそのなかでも一番はタレーブアデーンです。特に一月初旬の早朝はもうこの世の風景とは思えない場所でしたので是非訪れてください。
他にはWat Pa Phu Kon、 Pa Kham Chanot、Wat Pa Ban Tatは個人的にお勧めしておきます。Pa Kham Chanotが特によかった。
あとルーイ地方のタイの古い町並みのチェンカーンもまあまあ良かったです。バンコクに住んでるタイ人に人気が高い観光地みたいです。

マレーンポー さんのコメント...

ホイ様
初めまして&いらっしゃいませ。
私が行ったときは観光客皆無でしたが…
そんなに凄かったんですか!私も万仏節に行ってみたいものです。
タレ―ブアデーン、凄そうですね。
たしかにローカルの案内なんかに載ってた気もしますが、なんせタイ語真面目に読まなかったんで、こういうところとは気づきませんでした。
ほかのスポットも楽しそうですし…
まだまだたくさん行ってないところがありそうですね。