マイマップの仕様が変わり、それぞれの記事に地図を貼る方法が分からないまま2年…
ようやく、貼り付け方わかりましたので、過去にさかのぼって、地図貼り直しました。
これで、少しは場所が分かりやすくなりましたかね?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

18.7.12

Prasat Ban Muang Chan / Si Saket

お次は、さっきのプラサートバーンプラサートから、ちょっと北に行った所にあるクメール遺跡の、プラサートバーンムアンチャン(ปราสาทบ้านเมืองจันทร์)です。
すでに見えちゃってますが、アレがどうもクメール遺跡部みたいです。



一応こんな感じに、立派な説明書きもあったりしますが、見ての通り、外国人は対象としていないようです。
まあ、こんなど田舎に来る酔狂な外国人、なかなかいないとは思いますが。



ということで、これが唯一の仏塔です。
ここも、ほぼ装飾は残っていませんし…
微妙ですね。
おそらく修復時に、大量に新しいレンガを用いて、昔の雰囲気なくしちゃったんでしょう。



しかも、何故か仏塔の天辺だけ…
これ(白い部分)、クメール風じゃないですよね?



ところで、後ろの本堂周りには、なんかかわいらしいヤックが並んでいますね。



裏口には、これまた微妙な…
なんですかね?これ。



ちなみに、屋根に覆われた、こんなレンガの物件もあります。
まあ、レンガの雰囲気はあまり古そうではないので、遺跡ではないと思うのですが…
まさか、これも修復の犠牲者?
それとも、余ったレンガで作っちゃった?



こちらの東屋はさすがにクメール関係ないと思いますよ。
いや、ちょっと気になったんで…



中には、なんかコケシみたいなものが並んでいました。
なんででしょう?



Jan./'11
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
クメール遺跡としては…
というか、クメール遺跡としてカウントしていいものなのか悩んでしまいそうな、そんなショボイ遺跡ですね。
個人的には、プラサートという名前にだまされた気分でいっぱいです。
コケシとかの写真を撮ったのも、まったく他に見所がなかったからであって…
まあ、クメール全制覇をもくろんでいる方、3度の飯よりクメール遺跡Loveな方以外は、行かないのが無難です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

15° 09'23.89" N
104°01'44.05" E


より大きな地図で 変スポ を表示

2 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

行く価値なしですか!?(笑)
それにしても、最後の コケシみたいなの 面白いですね。
タイでは初めて見ました(私が知らないだけ?)、南太平洋あたりでは ちょっと異なりますが こんなのがありそうです。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎さま
まあ、ちょっと厳しい評価かも知れませんが、スリン、シーサケット近辺に点在する、他のクメール遺跡と比較すると、もっと先に行くべきところいっぱいあんだろ~と言いたくなるんで、仕方ありません。
コケシ風の物体は、たしかに珍しい気がします。
タイ北部をのぞき、木が少ないため、コンクリ像文化が発達したんだと、勝手に思っていました。