気まぐれで、MyMapのアイコンを一新しました。
もとのイメージとは、あまり大きく変わっていないと思います。
また、”タイの遺跡でまったり”のページに、遺跡専用マップを追加しました。
探しやすくなったでしょうかね。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.7.14

Wat Si Sa At / Uttaradit

場所は変わってウッタラディット県。
国道11号線から脇に入り、1214号線を少し進んだところにある、バーンンアムアンという町の中心にこのお寺はあります。
名前はワットシーサアート(วัดศรีสะอาด)と言います。


なんかみなさん集まっているのはお祭りでしょうか、それとも休日(たぶん)の出店か催し物でしょうか…
って、そんなことどうだっていいんです。


だって、1214号線を走っていると、真正面にこいつが目に飛び込んでくるんですもの。
高さはまあ12mぐらい(適当)でしょうか…
足元にたむろする俗物には目をくれずに正面を見据える御姿がなんともいえません。


下から煽ってみました。
足の形等からすると、遊行仏のようですね。
上の方はともかく?足元の服のしわだけちょっとセクシー?


ということで、こんなストイックな遊行仏に一途にお祈りをささげるタイ人女性たち…
相変わらず熱心ですが、何をお祈りしているんでしょうね。
(いや、たまたまかも知れませんが、見てる間は100%女性のみでした(おかまちゃんがいたかどうかは不明です))


ちなみに、一応本堂もありますが、当然のごとく固く閉ざされていました。


Dec./'12
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見ての通り、この遊行仏が唯一無二の見どころです。
なので、これに興味がわかないようなら、無理に行く必要なしです。
ただ、この道を通ったときには、問答無用に真正面にこいつが飛び込んできますので、無視すること叶いません。
(ちょうど右に直角に曲がる交差点の角にあるんです。)

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 17°27'18.71" N
100°13'09.04" E


より大きな地図で 変スポ を表示

2 件のコメント:

Cougue さんのコメント...

マレーンポー様。

遂にウッタラディット県まで行きましたね。
Lekさんのブログでもウッタラディット県は情報が少ないのでとっても待ち遠しかったです。
それに小粒とは言え遊行仏はなかなかなの出来だと思います。

マレーンポー様が過去に行かれた67県でまだ当ブログに紹介していない県はノンタブリー県ぐらいでしょうか?

マレーンポー さんのコメント...

Cougue様
そうですね〜
ウッタラディット県は調べてもなかなか興味を引きそうなスポットがなかったんで、今まで行く計画に組み入れられなかった残念な件なんですよね。
今回何か所か回ってますので楽しんでください。
そういえば、ノンタブリー県のスポット紹介してないですよね。
すでにストックがあるんですが、紹介いつになることやら…
今のペースだとかなり先になっちゃいそうです。
ちなみにクレット島ではないです。
(10年前に連れていかれましたが、写真紛失しました)