次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

19.5.11

Wat Me Yuak / Chiang Mai

チェンマイ有名寺シリーズは終了したのですが、まだまだお寺めぐりは続きます。
今度は市街から北上…さっきのカオソーイ屋から3kmぐらいですかね~
もう観光客も寄り付かないようなところのソイの奥に、ひっそりとお寺が建っています。
名前をワットメーユアック(วัดแม่หยวก)と言うのですが、観光客どころか、タイ人参拝客すらいないような所です。



これが本堂…だと思うのですが…



入り口のナーガから、柵から、もう物干し竿状態です。
まあ、おそらく鍵も掛かっているだろうし、目的のものもここではなさそうなので、そっとしておいてあげましょう。



こちらの礼拝堂は、洗濯物バリアも張っていませんし、鍵も開いているので、入ってみますか。



内部はこんな感じで、周りは仏陀の生涯画で取り囲まれています。
で本尊様は、涅槃仏タイプみたいです。



こんな感じ。
でも、うしろにちっこいのがありますが、そっちが本当の本尊なんでしょうかね…
よくわかりません。



ちなみに仏陀の生涯はこんな感じです。
当然のように、ご婦人を拉致する、腰の曲がった老人もいますが、その手前の絵は、子沢山の釈迦一家ですかね…



ということで、準備運動はここまでとしましょう。
実は目的の場所は、礼拝堂の手前の…なんて呼ぶんでしょうね…講堂っぽいところなんです。
壁には、さっきの続きのように、仏陀の生涯画も描かれています。
壁の色とかぜんぜん違うんで、礼拝堂とは違うことはお分かりかと思います。
しかし、この黒い帳でくつろいでいるご婦人の横では



ど~ん!
コテコテの地獄絵図が広がっています。
巨大な地獄鍋の前では、罪人ご一行様が、閻魔大王に許しを乞うている場面でしょうか…
しかし、ここの罪人は一糸纏わぬ姿なんですね。



こちらは○○人間達をバラしているところのようです。
絵だけにかなり多くの残虐シーンを一辺に表現できるみたいです。
コンクリ地獄でここまでできるとすごいんですけどね~



うえ~真ん中の人、のこぎりで引き裂かれながら、円月輪を頭に喰らっています…
まあ、この状態では生きてはいないと思いたいですけど。



こちらはちょっとボリューム不足の地獄ツリー。
良く見ると、他の絵の中にも、こっそりと黄色い服の人が写っています。
なんか、テレビ中継で、こっそりと後ろで写ろうとしている小学生みたいですね。



ということで、またもやパノラマ撮影でパシャ。
ゆがんでいるのは、斜め上を向いて撮影しているので、近いところと遠いところでカメラの角度が変わってしまうのと、個人的にテクがないからです。
まあ、地獄絵は全部で4枚だけだったってことです。



Dec./'10
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
見てのとおり、無名の小さなお寺なんで、特に売りもあまりありません。
しいて言えばこの地獄絵なんですけど、4枚しかないので、ちょっと残念ですね。
街中からはちょっと離れていますし、チェンマイに結構滞在して、1日2日あまったけど、もうすることし尽くしたよ~
という方以外、「ちょwwwおまwwもっと他に行くとこあるだろw」って感じです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  18° 50'16.70" N
  98°58'37.07" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: