ということで、今回よりクラビ編に入りました。
貝の墓場を含めて、全部で9スポットの予定をしていますので、適当にお付き合いください。


解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

24.11.11

Wat Sa Kaeo / Kanphaengphet

さて、残りの遺跡公園(アランイックエリアと呼ばれているみたいです)は1kmほど北の山の中にあるようなので、そこまで移動です。
さすがに城壁公園なだけあって、こんな感じに城壁もしっかり残っていて、人も車も少ないし雰囲気もいいですね~



と、目的の公園に行く途中の道の脇に、なんか遺跡がありますね…
なになに?ワットサケーオ(วัดสระแก้ว)と言うみたいです。
せっかくなんで登ってみましょう。



ということで、上部の雰囲気はこんな感じ。
まあ、小さな遺跡なのは分かっていたので、落胆もありませんよ。
バイセーマー(結界石)があるんで、本堂なんでしょうか…
といっても1枚なんで、たいしたお寺でもなかったんでしょうね、きっと。



地面も、コンクリ?で補強したものの、地盤沈下を防ぐことが出来ず、結果こんな感じに割れちゃってます。



ちなみにここ、川沿いにあるんで、景色は最高です。
まあ、味噌汁色なのはどうしようもないみたいですけどね。



たぶん、ここが中心の祭壇だと思いますが、もう土台以外残っていませんね。



ところで、この遺跡の手前にも、実はもうひとつ遺跡があるんですよ。
とは言っても、看板の表面がはげちゃって、まったく何も読み取ることが出来ません。



遺跡自体も、規模が小さく、こんな感じに基礎しか残っていないので、まあワザワザ鑑賞するほどのものでもないですけどね。



Dec/'10
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
まあ、無理やり寄ってみたものの、まあ取り立ててみるべきところはありません。
ここによるのなら、さっさとこの先の公園に向かうのが正解と言うものです。
もしカムペーンペットに行く機会があったとしても、スルーしてOKです。
カムペーンペットの遺跡を全制覇するぞ!という強い信念をお持ちの方には、無理に止めませんけど、遺跡は川の西側(情報もほとんどない)にもありますし、結構大変ですよ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

Wat Sa Kaeo
   16° 29'44.77" N
99°30'56.73" E

Unknown ruin
   16° 29'38.26" N
 99°30'58.73" E


View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

こんにちは
話は違いますが、このSa kaeo という名称(地名)は多いですね。
県名では、某サイト「ガラスのような透明な水の池」の意味? と書いてありました。
10年位前 アントン県の Wat Sa Kaeoの孤児院で数日間宿泊してボランティア(自己満足?)したことがあります。
他にも 何箇所かありましたね。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
確かにサケオの名を関しているところは結構ある気がします。
残念ながら、このブログではこのワットサケオをあわせても2ヶ所しか紹介できてませんけど…
ちなみに私が検索したところ、某Wikiにも「ガラスの池」と書かれていました。
別の、タイのクメール遺跡紹介で有名なサイトでは、「宝石のプール」だそうです。