気まぐれで、MyMapのアイコンを一新しました。
もとのイメージとは、あまり大きく変わっていないと思います。
また、”タイの遺跡でまったり”のページに、遺跡専用マップを追加しました。
探しやすくなったでしょうかね。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

15.11.11

Wat Phra That / Kanphaengphet

城壁内にある入り口でお金を払って入場すると、さすがに金を取るだけあって、それなりに整備された公園になっています。
この一本道をズンズンと進んでいくと…



ああ、遺跡が見えてきましたね。



この手前側の遺跡は、ワットプラタート(วัดพระธาตุ)って言うみたいです。
最奥がメインのチェディで、その手前にウィハーンがあり、その入口両脇に小さなチェディが並んでいる、という配置のようですね。



ということで、これが入り口脇のチェディと、塀の跡?です。
チェディはかなり綺麗に修復されてますね。
ここまで綺麗だと、逆に歴史が感じられにくくなる…と思うのはわがままですかね?



で、ここがウィハーンです。
斜め前から撮ってみました。
でも、意外に基礎の高さがあって、ウィハーンの上部が見えませんね。



せっかくなんで、ウィハーンに登ってみました。
まあ、他と同様、柱と祭壇の基礎部しか残っていませんね…
でも、ウィハーンの内部に芝生植えてるのは、さすがにわざとでしょうね。



で、ここが御本尊が安置されていたはずの部分。
当然?跡形もありません。



奥のチェディは、いわゆる釣鐘型ですが、基礎部は8角形してます。
とはいえ、まあこの手のチェディは良く見ますんで…ゲプッ



せっかくなんで、奥のチェディの脇から、入り口方面を向いて写してみました。
いや…なんとなくです。



Dec/'10
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
つい、スコータイやアユタヤと比べてしまうのは、あまりよくないと思うのですが…
アユタヤやスコータイなら、ガイドブックにも載らない可能性のあるレベルの遺跡です、私の主観では。
これでも一応ガムペーンペットを代表する遺跡の1つなんですけど、まあ、地方の城塞都市内の1遺跡ですから、こんなものかもしれません。
まあ、すぐお隣が、ガムペーンペット1の遺跡なんで、基本そことのセットになるんですけどね。
(気にせず歩いていると、いつの間にか違う遺跡に…といった感じ)

Google earth 座標(分かるやつだけね)
   16° 29'15.33" N
 99°31'12.41" E


より大きな地図で 変スポ を表示

0 件のコメント: