マイマップの仕様が変わり、それぞれの記事に地図を貼る方法が分からないまま2年…
ようやく、貼り付け方わかりましたので、過去にさかのぼって、地図貼り直しました。
これで、少しは場所が分かりやすくなりましたかね?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

21.3.12

That Kong Khao Noi / Yasothon

ヤソートーン市街地から6kmほど南東に行ったところにある、タートトーンという集落に、タートコーンカオノーイ(ธาตุก่องข้าวน้อย)というところがあります。
この県の中では、有数の有名なスポットと聞いたんで、とりあえず来てみました。
まあ、なんせ初訪ヤソートンですから、おのぼりさん的スポットに来てしまうのは、しかたの無いところですよね?



一応案内看板には、英語でも説明書きがありますが…
まあ、歴史的背景はこのブログの趣旨ではないので割愛します。
読む気もないですけどね。



こちらが、このスポット唯一の、有名な仏塔です。
いかにもラオス風の、チェディですが、だいぶ小ぶりですね。



で、手前にはタンブーン場が設けてあります。
これ自体も古いものなのかどうかはよくわかりませんが、塔とはちょっとデザインが違う気がしますので、後付けでしょうかね?



入り口から撮ってみましたが、中が暗くて写ってませんね。
いっつも思いますが、タンブーン場をメンテナンスしないのか、ろうそくが流れ出したり、あちこちにお線香が散らばっていたり…
特にろうそくは、ドギツイ黄色なんで、かなり汚く見えます。



見にくかった、御本尊様。
まあ、それほど変わったところはありませんが…
白いのはカビでしょうかね?



塔の裏側に回ってみました。
基本的には、4面とも同じ模様のようですね。
ただ、塔の上のほうに生えている、雑草の度合いはちとひどくなっています。
こういうの放置すると、塔が傷むと思うのですが…



塔の上部拡大です。
塔の天辺の飾り(名前知りません)、錆びて茶色いしみが付いちゃってます。
タイって、こういう物の保存ってことで、自治体が動くとかないんですかね?
とりあえず、入場無料なんで、観光客的にはありがたいんですけど。



塔の周りにはこういうのも並んでいます。
これもセーマー(結界石)の一種なんでしょうか…
一応葉っぱ型のヤツもあるんですけどね。



おまけ。
モーチットマイ(新北バスターミナル)で、バスのチケットを買ったあと、出発まで時間があることがありますよね?
そんなときは、大抵こんな感じで、ビールとおつまみをたしなんじゃいます。
(もちろんトイレ確約…1等バス以上の時のみですが)
こいつはパットカナムークロープ(チンゲン菜?と豚カリカリ揚げの炒め物ぐらいですかね?)です。
個人的には、よく頼むタイ料理です。
安いし。
後ろに写っている、もやし山盛りは、付き出しです。
でも、きっと使い回しなんで、あまりつまむ気しませんけどね。



Jan./'11
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、ヤソートンでは有名かもしれませんが、公平に見ると、まあたいしたこと無いレベルのスポットだと思います。
行く道自体は、大通りから1本入るだけなんですけど、その入る1本が、分かりにくかったと思います。
今回は、モタサイで行ったんで、迷いませんでしたが、単独で行く際は、ちょっと迷うかもしれません。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

15° 45'48.95" N
104°12'25.84" E


より大きな地図で 変スポ を表示

7 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

2年ほどまえ 弟が事故(建設現場で感電?)で 片腕切断と聞いてまして、昨年の葬儀で奥さんと子供と来てました。
何処からと聞いたら ヤソトーンだって。
そこからサコンナコンまで 左手一本でマニュアルのピックアップ運転して来たのはスゴイです。笑い事じゃないですけど(笑)
そのお寺の近所に行ったら 寄ってみたいですね。

コメント一号 さんのコメント...

オォ!
 ここは、、、あの超有名な「飯少ない寺」ではないですか!
 ここの歴史は漫画「ぬーひん」で全国的に7/11経由で知られたはずです。
 ここに秘められたタイらしい伝説を、、、知りたければ漫画を捜してみてください。実にタイらしい、お話です。
(作り話臭いけど。)

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
タイ人タフですね~
日本みたいに、障害者に優しい社会じゃないから、なんでも自力で…
つ~か、奥さん運転すりゃ~いいのにね。

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号様
ぬーひん、ぐぐって初めて知りました。
「飯少ない寺」、7/11の暗号のなぞは未だ分かりません。
明日タイ人に聞いてみますよ。
(たまたま出張で来てるんです)
しかし、コメント一号さんは、何でも知ってますね~
いかに私がタイの風俗に関して無知だったかが分かってしまいます。

コメント一号 さんのコメント...

7/11の暗号のなぞ
いや、漫画ヌーヒンはセブンイレブンで売ってるので、、、。私のタイ語の教科書です。過去の物は売っていないようなので、見つけるのは大変ですね。
 昔、老婆と息子ありけり、、、。
 毎日老婆は弁当を作り野良仕事の息子に届けた。 ある日、弁当を届けるのが遅れた上、飯の量が少なかった。息子は激怒して老婆を叩き殺した、、、(ココが切れやすいタイ人ですね)。その後、後悔してチェディーを奉納して老婆を偲んだとさ。
พระธาตุก่องข้าวน้อยฆ่าแม่ 其の飯(まんま)ですね。(私でなく漢字変換が勝手に駄洒落た!)

コメント一号 さんのコメント...

(続)これが漫画ヌーヒンではi-padからヒントを得たとしか思われないタイムマシンネタになってます。
 作者久々の快作です。

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号様
セブンイレブンのことでしたか。
そういわれると、大抵入り口の傍にソレっぽい漫画(えらく安そうな作りのやつ)があった気がします。
いや~1週間ずっとタイ人の相手で大変でした。
一応ヌーヒン(発音も気をつけて言ったつもり)のこと聞いてみましたが、子供の見るものだと、一笑に付されてしまいました。
まあ、聞いた相手がGMクラスだったんで仕方ないですね。