次からは、バンコク&バンコク近郊スポットを散発する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.4.12

Wat Tham Seng Phetbon / Amnat Charoen

アムナートチャルン市街から、10kmほど東に行った辺りの、山の上にワットタムセーンペットボン(วัดถ้ำแสงเพชรบน)というお寺があります。
ちなみに最後のボンは、上って意味で、次のスポットのラーン(下)と対になっています。
(同じお寺なのかもしれませんが、モタサイで移動すると数kmあるんで…)
もともと何にもない?アムナートチャルン県においては、おそらく有数のメジャースポットと思われます。
山道を登った、山頂付近に…
見えてきましたよ、どうもこれが入り口みたいです。



なんでライオンが両脇を固めているのかは…
もちろん分かりませんが、とりあえずいきなりカマしてくれますね。



左側には、鬼太郎ハウス…
ではなく、見張り台でしょうか。
いったい何と戦っているんでしょうね。



見張り台の拡大…
って、よく見るとホードゥーファイ(もちタイ語で)って書いてありますね。
訳が正しければ、火の見櫓ってところでしょうか…
まあ、確かに乾燥した土地で、しかも枯れ草?いっぱいですから、山火事とかもあるかもしれませんね。



境内はこんな感じに、1枚岩…なのかどうかは知りませんが、一面岩の地面が広がっています。



で、その先に、礼拝堂かと思われる建物があります。



これが内部。
結構広めですが、なんせ安普請なのか、壁が無くて、装飾もまったくないので、なんとも味気ない感じです。
ああ、ベスト着たあんちゃんは、今回のモタサイの運転手です。
ちなみにここまで人っ子一人見当たりません。



こちらが御本尊様のようですが、ハーム(禁止)と書かれています。
もちろん細かい理由は下に書いてありますが、読むまでも無く立ち入り禁止なんで、どうでもいいです。



ということで、ズームでご本尊様をアップにしてみました。
ご尊顔は、日本のその辺にいそうな、ちと下膨れのおばちゃんみたいですが、体は不自然なぐらい細いです。
が、残念ながらそれ以上ほめるところが思いつきません。



ちなみに、これが、この礼拝堂の模型みたいです。
なんか実物よりも豪華に見えます…
いや…失礼しました。
本命を目の前にして、つい現実逃避してしまいましたよ…



ということで、こちらがこのお寺のメインです(たぶん)。
アーチ型の屋根の下に、涅槃仏が寝そべっています。
ざっと20m程度でしょうか…
(あまり自信なし)



この、下々のものを見下したような、この冷たいご尊顔(失礼)が、全国のM男、M子さんを虜にしてしまいそうです。
全体的にリアルな造形で…枕も例の三角枕ではないんですね。



別角度から。
涅槃なのに、光背があるんですね~
タイでは見たことないような気がします。
(タイ近隣以外で涅槃を見ること自体、あまりありませんけどね)



さて、涅槃仏の、丁度頭の上の方向に、ちと小ぶりですが、仏塔が建っています。



仏塔内部中央には、おそらく高僧だったであろうお方の蝋人形(だってリアルなんだもん)が鎮座しています。
で、壁一面には、ジャータカ…お釈迦様の一生のお話が描かれています。



ちと漫画チックですが、全体的にはかなり出来が良さそうです。
ちょっとエアブラシ多用しすぎかもしれませんけど。



説法して、天界から戻ってきて、涅槃…そしてルンピニ公園で誕生…
と、仏塔が円形なため、永久輪廻状態になっています。



ちなみに、入り口のライオン君の近くに、こんな感じの中華風見晴台?があったりします。
もちろんここにも人いません。



で、山のふもとを眺めてみました。
あまり見晴らしも良くありませんけど、どうせ眼下に広がるのは平原のみなんで…



Jan./'11
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
ほとんどは涅槃仏のポイントですが、基本観光資源のあまりないアムナートチャルンにとっては、もちろん一押しスポットなんだと思います。
参拝客がまったくいなかったのは、きっと私が朝早すぎた(7時から8時ごろ)のだと信じています。
市街からちょっと遠いのが欠点ですけど、私みたいにモタサイチャーターでも行けますし、幹線道路はソンテオも走っています。
ただ、幹線道路からは結構あるので、すなおにモタサイ利用したほうが無難でしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

15° 53'43.94" N
104°43'47.48" E


より大きな地図で 変スポ を表示

0 件のコメント: