今回のスポットで、チェンマイ編終了です。
その次は、プチバンコク近郊編(3スポット)、ラン島再訪編(3スポット+1再訪)を予定しています。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

26.7.13

Prasat Muang Ta Po (Prasat Sra Hin) / Nakhon Ratchasima

さて、パクトンチャイの町からちょっとだけ?田んぼ道を走った先に、微妙なお寺(厳密にはお寺の条件満たしてなさそうですけど)があります。
黒いワンちゃんもお坊さんのお友達のようですが、その境内にぽつんとあるのが、プラサートターポー(プラサートサヒン)というらしいです。
(まともな看板等なかったんで、タイ語表記どころか、正しい名前もわかりません…)



観光客どころか、参拝客も、地元の暇な人たちもまったく寄り付かない境内は、クメール遺跡の残骸が、見ての通りに並べられています。
(本当、ただの垣根感覚でしょうかね?)



その境内の中で、唯一まともな?形を保っているのが、このフレーム部です。
サイズ的には、まったく人が潜れそうにない(まあ、無理すれば…)程度なので、入口というより窓なんでしょうか…
ちなみに奥にチラ見えしている、新しそうなサーラーが、お坊さんのおうちのようです。



仏陀前の祭壇部には、窓の格子でしょうか…
無造作に置かれています。



同じところを裏側から見てみました。
よく見るとわかりますが、窓枠は2組あるんですよ。
せっかくこれぐらいの形が残っているのなら、しっかりと復元してほしいところですが…



まわりの瓦礫?をよく見ると、ところどころに、文様の残った石も見受けられます。



こっちは門の跡…を模しているのでしょうか?
本来の位置なのか、なんとなく立ててみたのかはよくわかりませんね。



Apr./'12
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
お坊さんは、一生懸命片言の英語をしゃべってくれましたが…
ほとんど理解できませんでした。
外国人が珍しいようで、いろいろ話しかけてくれたんですけどね。
おそらく、お坊さんがこの朽ち果てたクメール遺跡をなんとか保護したい、とお寺を作った…
と信じていますが、まあこのようにしないと、本当に草むらに埋もれて、浸食されちゃいますからね〜
まあ、現時点では写真の通りで、わざわざ見に行く価値はほぼなしです。
田んぼ道走りにくいしね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

14°43'09.80" N
101°59'35.05" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: