次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

13.8.13

Khuan Lamnang Rong / Buriram

場所はがらっと変わって、ブリラム県南部ノンディンデーン郡。
ここの町からちょっと東に入ったところにダム湖(ため池?)があります。



ダムの上から、ダム湖の奥の方を眺めてみました。
こうやって見ると、なかなかでかいですね。
まあ、それほど山間部ではないので、水深の方は期待できなさそうです。



タイではメジャーですが、ここもロックフィルダムなんですね。
まあ、石さえあるのなら作れますし、比較的原始的な工法ですし…



ところで、ダム湖の右手の方に、何か施設があるようですね。
ちょっと行ってみましょう。



入口の看板には、クワンラムナーンローン(เขื่อนลำนางรอง)と書いてあります。
まあ、ランナーンローン湖ってことだと思いますが、ここの奥のようですね。



奥には、町でもないのに、色々と食べ物屋などが並んでいます。



で、湖側にはこんな感じにベンチとテーブルが並んでいます。
つまり、水辺のレジャースポットってことなんでしょうね。



さらに奥に行くと、青い湖面と、そこで戯れるタイ人が見えてきます。



ということで、ここはビーチになっているようでして、浮き袋屋さんとかもいくつも見られます。



反対側には、水上コテージもあるようで、タイ人がくつろいでいます。
湖面には、服を着て浮き袋を使って、ぷかぷかと浮かぶタイ人が結構いますね。
確かに思ったよりは波もあるようですが、そんなに深いわけでもなく、流れも無さそうですが…
まあ、泳げないんでしょうね。



砂浜?には、水を求めて蝶も集まってきています。
こんなにクソ暑いのにご苦労なことです。



ところで、実はこの湖のすぐ手前にも、もう一つ規模は小さいですが同様の池?(名前はノーンボーンと言うようです)があります。
写真は帰り道ですが、正面にチラ見えしているのがそれです。



こんな感じで、ダム部?も規模が小さいですし、ビーチも無さそうです。



ということで、これがダムから池を眺めたところです。
規模が小さいだけに、向こう岸もハッキリと見えますし、ところどころ湖面が露出しているのは、きっと水深があまりないのでしょう。
水も心なしか濁っているようです。
(明らかにかな?)



よく見ると、釣り人がいますね。
丸い団子?っぽいものが見えますし、鯉っぽい魚のブッコミ釣りでしょうか?



Apr./'12
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
本当は時間さえあれば、こういうところに一日中ビール片手にだらだらと過ごしたいものです。
しかし、今回ここに来た目的は、次に紹介するクメール遺跡なんで、あまりゆっくりできないんですね。
(というか飲んだら帰られないし)
まあ、時間がある人は1日ゆっくり過ごすのも悪くないと思いますよ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 14°17'47.75" N
102°45'31.32" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: