今回のワットチースックカセームで、1295スポット目。
あと5スポットで、記念すべき?1300スポット目になります。
予定では、でかい仙人やデカいコンクリ像がある、スパンブリの珍寺系宗教施設の予定ですね。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

17.2.18

Prasat Ta Khwai / Surin

ワットチャーンモーップからさらに南西に5kmほど…
この辺りまで来ると、もう民家は一部集落があるだけで、周りは畑と林ばかりになってきます。
ああ、看板がありましたよ。
ここから左が入口のようです。



ここから先は、ちょっと畑を抜けて、そのあとはこんな感じのジャングルの中を進むことになります。
もう、この辺りは国境沿いの山地なんですね。
こんな道をひたすら進んでいくと…



ああ、ようやく終点…
というか、到着しましたよ。
ここがプラサートタークワーイ(ปราสาทตาควาย)と言います。
この辺り難しいですよね~ター・クワーイと読むのか、ターク・ワーイと読むべきなのか…
とりあえず、GoogleMapの表記に合わせておきます。
で、その遺跡へは、このナーガ君のいる登り口から上がっていくようですね。



ところで、その終点には、よく見る道標もあるのですが…



ちゃんと?プラサートタークワーイ0kmって書いてありますね。



登り口横には、このようなちょっとしたタンブーンスペースもあります。



この木と岩、ちょっとかっこいい!
凄いですね、自然の摂理。



横にちょこんと置いてある像も、ちゃんとクメールっぽいものになっています。



とにかく、この道を登って行くようですね。
迷彩柄や、土嚢、緑色の柵があちこちにあるのは、この辺りをタイの陸軍が管理しているからのようです。
まあ、最近聞きませんが、ちょっと前までちょこちょこ小競り合いしていましたからね。



でも、道中には未だこういうリアルな物とかがあったりします。
ちょっと怖いですよね。
そんな道をズンズン進んでいくと…



ああ、ようやく見えてきましたね。



ということで、これがその遺跡みたいです。
基本的にはこの塔のみで、他には一部の敷石以外、ほぼ何もないようです。
しかし、結構でかいですね~
青い椅子のサイズから考えると、20m近くありますかね?



正面に回り込んでみました。
当然東側が正面です。



斜めから。
これ、周りにまともな形の石がごろごろしていますが、修復とかされていないんでしょうか?
国境沿いなんで、落ち着いてそんなことしていられないのかもしれませんが。



もう少し近づいてみました。
なんか、タイで見る他のクメール遺跡とはだいぶ雰囲気違いますね。
なんか、サドックコークトム遺跡や、パノムワン遺跡の、修復途中の石組みに似ている気がします。
タイ・クメール遺跡さんの記事にも書かれていますが、作りかけで石組みだけして、レリーフを彫る前の状態ってことなんでしょうか…



そういわれると、確かに作りかけに見えてきますよね。



こちらは別の入り口部分。



内部はこんな感じ。
内部もまだ石を組んだだけなのか、とりあえず石がむき出しなだけで、まぐさ石もその他レリーフも無いようです。



中央部には、なんかよくわからないものが置いてあります。



上部は…
手ブレしてしまいましたが、ちゃんとせり出し構造が残っています。
でも、光が隙間から漏れていますね。



ちなみに、遺跡回りのゴロゴロした石はこんな感じ。
めちゃくちゃ原形を保っていて、放置するのはもったいないです。



で、この石の列を越えようとしたら、兵士のおじさんに「そっちは入っちゃダメ!」と怒られました。
どうも、ここから向こうはカンボジアらしいです。
どこまで厳密かは分かりませんけど、ほぼ国境の上にあるってことみたいです。



ちなみに、ナーガ君の、道を挟んで反対側のトイレの表示。



こっちは女性用。
確かに周りには全くトイレありませんし、ここに駆け込むまでに、こうなるかもしれませんが…



May/'16
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
規模は小さいですが、立地の希少性、保存状態などを考えると、遺跡とか好きな人なら押さえておきたいところです。
ただ、とにかく交通の便は最悪で、公共交通機関はまず無理で、ルートもこのルートしかないようです。
GoogleMapの指示したルートは、徒歩でしか通れないような、すさまじい道なので要注意です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°21'09.08" N
103°22'25.26" E



0 件のコメント: