マイマップの仕様が変わり、それぞれの記事に地図を貼る方法が分からないまま2年…
ようやく、貼り付け方わかりましたので、過去にさかのぼって、地図貼り直しました。
これで、少しは場所が分かりやすくなりましたかね?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

24.2.15

Wat Senasanaram Ratworawihan / Ayutthaya

お次は、アユタヤ島にある、ローカル屋台街(夜になるとずらっと並ぶところ)の道を挟んで反対側に、涅槃仏があるとのことでやってまいりました。
(ちょっと奥まっているかな?)
名前はワットセーナーサナーラームラートウォラウィハーン(วัดเสนาสนารามราชวรวิหาร…正直自信なし。GoogleMspに従いました)と言います。


こちらが本堂…
と思いますが、ともかく閉まっているので何も言うことはありません。


とりあえず、本丸の前に周りを拝観し、心を落ち着けましょう。
こちらはウィハーンといつもセットの仏塔です。
さすがに現役のお寺なだけあって、金ぴかですが、規模で言ったら大したことありません。


で、こちらがその涅槃仏を安置しているお堂のようですね。
もうすでに窓越しにチラ見えしてますよね。


ということで、ご本命の登場です。
まあ、サイズ的にはぼちぼちといったところでしょうか。
なんせ、ウィハーンのサイズが20m弱と言ったところのようですし。


とはいえ、ご尊顔を含め、全体的に出来栄えは良さそうですね。
さすがに歴史があるのかどうかは分かりませんが、古都の由緒あるお寺っぽいです。


よく見ると、目が螺鈿細工で出来ています。
ちょっと凝っていますが、こうやってみると怖いです。
目尻とかもしっかりと再現されていますし…
目やに溜まりそうです。


足の裏はもちろん偏平足で曼荼羅けです。


これは…
赤子を取り上げている仏陀にも見えますが、赤子の方が仏陀?
ともかくあまりお目にかからないようなシチュエーションですね。


Jan./'13
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
涅槃がすべてです。
ただし、小ぶりですが涅槃仏自体は、なかなかの出来栄えなので、パッカーの人が夕食を早めに市場で頂こう…
な~んて時には、寄ってあげてください。
(ここは夜の屋台が有名らしいんです。2回ぐらいしか来たことないですが)
あまり遅いと閉まっちゃいそうですが。


Google earth 座標(分かるやつだけね)

 14°21'48.64" N
100°34'23.61" E

2 件のコメント:

しぶぞう さんのコメント...

このお寺、第1級王室寺院ですよ。
タイ全土で23寺院しかない第1級ですから(アユタヤに3つ)、かなり格式高いです。
私は2回行きました。1回目はやはり本堂が閉まってましたが、2回目行った時は開いてましたね。なかなか良かったですよ。
あと、涅槃仏堂の裏のお堂にも、貴重な(多分)仏像があります。閉まってましたが、鉄格子の扉なので遠目で見れました。

マレーンポー さんのコメント...

しぶぞう様
こんばんは。
さすがですね。
お寺に格式があるのは知っているのですが、格式をまともに確認したことありませんでした。
よくご存知ですね。
いろいろ教わることばかりです。
次回行けたら、その貴重な仏像見てみたいですね。