気まぐれで、MyMapのアイコンを一新しました。
もとのイメージとは、あまり大きく変わっていないと思います。
また、”タイの遺跡でまったり”のページに、遺跡専用マップを追加しました。
探しやすくなったでしょうかね。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

2.7.15

Nam Phuron Doisaket(Doisaket Hot Spring) / Chiang Mai

ワットシーラッタナモンコン(ソップポーン)から、南西方面に40kmほど…
チェンマイに入ってずっと進んだところに、温泉で有名なエリアがあります。
大半は高級スパ、リゾートなんですが、そういうのに興味がないんでスルー。
で、その片隅に、ローカル向け温泉があるということでやってまいりました。
温泉の名前はナムプローンドーイサケート(น้ำพุร้อนดอยสะเก็ด)というようです。



内部は、ちょっとした湿地みたいな感じで、そのところどころに池が配置されている感じです。



って、その池から流れているの、お湯じゃん。



ということで、危険ゾーンに突入したようです。
思いっきり書いてありますしね。
ところどころに柵に囲われた部分がありますが、そこがお湯たくさんが沸き出ているところみたいです。



これがその源泉の部分です。
さすがに高温すぎて、藻とかも発生していません。
ブグブク出ている泡の周りがお湯の吹き出し口です。



こちらは別の穴の方…
さすがに、相当な熱さなんで、もちろん入浴は不可なんでしょうね~



周りの池?は、どうもお湯が流れ出して出来たもののようで、タイの温泉でよく見られる藻がいっぱい浮いてます。



で、その池の水?は、そのまま小川と…
横の水路に分かれて流れていってます。



これ、もしかして足湯?
とても足を突っ込む気しませんが…
ちゃんとメンテしてないのかな?
温度的にはちょうど良さそうなんですけどね。



奥の方には、一応売店とか食堂とかも完備しているようですが、まだオープン前なんでしょうか…
やってる雰囲気ありません。
一応掃除なんかはしているようですけど。



さらに先には、こんな感じの建物があります。
如何にも個室温泉っぽいですね。
暑すぎて入る気もしませんが。



さらに横には、こんなのもありますが…
これも個室の温泉?
それとも…Noが振ってあるのて、トイレではないと思いたいです。
まあ、どっちにしろ入らなかったので、真偽は不明です。



Apr./'13
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
観光として、源泉を見に行く分には、平均以上なんですが、ちょっとお風呂を入りに…
ということになるとね~
大体入れるか確実には確認していませんし、しかも公式の温泉卵スポットも見当たりませんでしたし…
もうちょっとアピールしてもいいと思うんですけど。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 18°54'36.83" N
 99°14'45.99" E



0 件のコメント: