ノンブアウドン旅行編、全13か所の予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.6.15

Wat Sri Wattana Mongkhon(Sop Pong) / Chiang Rai

先ほどのナムプーローンタムマチャートから道を挟んではす向かい…
ほんの500mぐらいのところに、ちょいと大仏が見えるので、寄ってみることにしました。



なんかおばちゃんが看板の下でガーデニングを楽しんでいますが…
看板を読んでみると、ワットシーラッタナモンコン(ソップポーン)(วัดสรีรัตนมงคล(สบโป่ง))と書かれています。
かっこの中って何の意味なんでしょう…



ということで、境内です。
まあ、そんなに規模の大きなお寺でもないですし、本堂も大仏も小ぶりです。
もちろん参拝客の人数も、規模相応のようです。
(というか、いないし)



まあ、まずは本堂から参拝いたしましょう。
見ての通りの小ぶりな本堂ですし、参拝客も皆無ですけど、何故か扉全開のウェルカム状態です。
こういう人の来ないようなマイナー寺の本堂って、あまり御開帳していないイメージなんですけどね。



本堂は、見ての通りの極小建築で…
せっかくの屋根の高さとか、まったく生かしていません。



ご本尊様です。
なぜか、ご本尊様の頭上だけ、屋根の三角の形状が使われていますが、やっぱり優遇されているんですね。



この狭い本堂内部の壁一面に、びっちりと絵が描かれています。
でも…
さっぱり何の絵かわかりません…



さて、本命の?大仏様です。
規模は…
まあ、大したことないのは最初からわかっていましたが、土台部の建物も、扉が開いていないため、入ることが出来ません…



大仏様の目がすわっていて、結構怖いです…
鼻は平均的タイ人よりも、デカそうです。
で、額の白毫の部分、緑色に塗られていますね。
長い毛が巻いているだけのはずなんですが…仏陀の毛は緑色だったってことでしょうか…



ああ、境内には一応微妙な造形の弥勒様もいらっしゃいます。
で、弥勒様のあたりから、北方向を見ますと…



先ほどの温泉が思いっきり見えてますね。
距離感はこんなものですよ。



Apr./'13
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
まあ、一番の売りになるはずの大仏がこの程度では、とてもとても紹介するには至りません。
唯一の利点?は、幹線道路沿いで目立つところと、先ほどの温泉のすぐそばなんで、ついでに目に入っちゃうってところぐらいです。
間違っても、ここ目当てに訪問しないようにお願いいたします。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 19°06'44.68" N
 99°27'35.60" E


0 件のコメント: