ということで、今回よりクラビ編に入りました。
貝の墓場を含めて、全部で9スポットの予定をしていますので、適当にお付き合いください。


解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

18.2.16

Phra Brommaratchanuson Don Chedi / Suphanburi

ワットバーントゥンから農道っぽい道を南南東に10kmほど下ったところに、ちょっとした町が現れます。
その中心にデーンと居座っているのが、この町の名前にもなっている(多分)、プラブムマラーッチャーヌソーンドーンチェディー(พระบรมราชานุสรณ์ดอนเจดีย์)という、所謂モニュメントです。


チェディと名前を冠していますが、有名なのは手前の象さんに乗った人の象です。
なんていうとタイ人に怒られてしまいますね。
ナレースワン大王と言う、アユタヤ王朝をビルマから独立を奪った英雄らしいです。
それ以上のことは、各自ググって確認ください。


さすがにタイの歴史上でも有数の救国の英雄なのか、参拝客が絶えることはないようです。


大王像のアップ。
両手を上げたこのポーズは、勝利の雄たけびでしょうか…
でも、ご本人は手前の地味な方みたいですが。


土台のレリーフも、ビルマ王太子との戦いを表しているのでしょうか…
徹底していますね。
さすがモニュメント。


さて、スポットの名前にもなっているチェディなんですが、遠くからもよく見えることは見えるんですが、周りは結構街路樹が取り囲んでいて、全体をよく見ることのできる場所がなさそうです。
この写真も比較的マシそうなところから撮ってみたんですが…


基部には入口があります。
タイ人の靴が散乱しているということは、お祈りスポットでもあるんでしょうか。
とりあえず入ってみますか。


内部は…
確かにお祈りスポットもあるんですが、真ん中は、どうも、もともとあったチェディの名残というか遺跡みたいですね。
正面の方は、確認していませんが、10中8、9大王様でしょう。


ちょっとアップで。
このタイ人独特の髪形は、このころから引き継がれてきた伝統的なものなんでしょうかね。
時代的には、日本人がちょんまげしていたころと同じ時代なんですけど。


中は、仏塔の歴史っぽい展示(だけではないですが)がなされています。
これは遺構部のミニチュアです。
意外にレンガとかの再現が細かいです。


で、こちらがメイン?のナレースワン大王最大の晴れ舞台、シッタン川の戦いのジオラマみたいです。
もちろん歴史にはあまり精通してませんので、ググった結果の受け売りです。


ジオラマの規模もですが、出来栄えも結構精巧なため、見ていてなかなか面白いです。


こちらはビルマの王太子との一騎打ちの様子でしょうか…
説明書きとか読む余裕も実力もないのであくまで想像です。


と、ちょうど反対側ぐらいまで来たようですね。
元の仏塔は、ほぼ崩れてしまって、基部しか残っていないようです。


そのほかにも、こんな感じにしっかり整備されたパネルとかで、ここの歴史なんかも説明されています。
さすがに日本語はありませんが(こんなところに来る日本人なんて、年間100人…もいるわけないですよね?)、英語の説明もあり、一応外国人を意識しているようです。


一応説明文の拡大です。
私は全く読んでいませんが、興味のある方は解読してください。


Jan./'14
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
邦人への有名度を考えれば、予想以上にお勧めできるのではないでしょうか。
一応歴史も学べますし、ジオラマの出来もいいですし…
もう少し行きやすい場所にあれば、絶対にもっと流行ると思うんですけど…
もしくは、もっと外人に受けるアトラクションでも追加した方が良いですかね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 14°38'00.47" N
100°01'16.81" E

0 件のコメント: