実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

5.3.10

Lem Me Phim / Rayong

先のスントンプー公園から何も考えずに南に行くと、海に出ます。
ビーチの名前はよく分かりませんが、一応岬の名前を借りて、ここではメーピム岬(แหลมแม่พิมพ์)と紹介しておきます。
GoogleMapで見る限りは何にも無さそうだったんですけど、実際に行くと、こんな感じに、しっかりビーチチェアーとかもある、ちゃんとした海水浴場になっています。
ここの岬の先に、知る人ぞ知るマンノーク島があったりします。
(行ったことありません…行きたいんですけどね。行ったことのあるタイ人に言わせると、「HPの写真みたいに綺麗な海じゃない」だそうで…)


こんな感じでタイ人も結構来ていて、海で遊んでいます。
さすがに泳ぐぐらい綺麗には見えないのでエントリーする気はあまりおきませんね。
(飲みすぎだという意見の方が多そうですけど)
このままじゃ、日本の海に行けなくなりそう…


それでも、パタヤとか、ラヨーンの西の方の海水浴場に比べると、こんな感じで素朴な感じで、ゆっくりする分にはすごく良い感じかもしれません。


ということで、タイ人に習ってお昼ごはんにしましょう。
さすがにタイ人のように、ソムタム、ガイヤーン、カオニャオというわけには行きませんが、ラープムー等おつまみに最適なイーサン料理とかはちゃんとチョイスしましたよ。
…はっ!もう3時だ…
ほとんど飯食って、ビール飲んで、寝ただけですけど帰りましょう。


Jan./'10
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
写真の少なさは、単純に酔っ払ってどうでもよくなっていたからであって、スポット的にはむしろお勧めです。
程よく便利(飯屋もビーチチェアーもある)で、海もぼちぼち綺麗で、人も多すぎず、白人に占拠されておらず(でも居た…)…
欠点は遠すぎることですかね。
さすがにここに来るのは大変なんで、やはりラヨーンの西部の海岸になっちゃうんでしょうね。
もったいないことです。
ああ、ちゃんとリゾートホテルとかもあるみたいなので、泊まりで来た方がいいかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
12° 38'49.44" N
101°37'35.74" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: