実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

あと…次のお寺(15日UP)で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

3.3.10

Anusawari Sunthonphu / Rayong

先の地獄から更に南下、海の近くにある、Kramと言う町に、このスントンプー記念公園(อนุสาวรีย์สุนทรภู่)があります。
スントンプーといえば、クンペーンハウスとか、
サメット島とか、このブログでも結構扱っていますので皆様ご存知かと…
そんなわけないですね。
私も一度も文章読んだことありませんし。
まあ、ここはそのタイ人の国民的英雄スントンプーの生誕の地で、そこに建てられた、記念公園ってことです。


公園の中央にはこんな感じで池が設けられています。


もちろん、物語の登場人物もこんな感じでところどころに配置されています。
まあ、皆様にはおなじみの大女ですけどね。


こっちの人魚も一応登場人物(魚物?)のようです。


というころで、ここが中心部。
こんもりと盛られた山の上の人が、スントンプーの像です。
一応芝にもタイ語でスントンプーって書いてありますし。
彼は神でも仏陀でも、もちろん王族(タイの王様は仏陀の生まれ変わり)でもないんですけど、市民にこんなに愛されているようですね。
まあ、地元の英雄フィルターはかかっているでしょうけど。


Jan./'10
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
…もっと広大な公園かと思っていましたが、その辺にある児童公園と同レベルの規模でがっかりです。
ネットで調べたときには、もっとすごそうに見えたんですけど、これこそカメラワークの妙なんですね。
ともかく、スントンプーの足跡を…とかいう、スントンプーの追っかけの人以外にはお勧めしがたい物件です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
12° 40'30.04" N
101°38'04.12" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: