ということで、記念すべき?800回目は、チェンダオの地獄寺です。
ご堪能ください。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

22.3.10

Wat Sak Yai / Chantaburi

さて、最後の…というか、今回のツアーの真の目的地、ワットサークヤイ(วัดซากใหญ่)に行くとしますか。
このお寺、さっきのクメール群から、南に10km程度下ったあたりにあります。
ああ、入り口はここのようですね。
横のかんばんの下にも、”BuddhaPark”と書かれています(読めますよね?)。
おら、わくわくしてきたぞ!


こんな感じで、門を潜り抜ける前から見えてきましたよ。


何かの軍隊の行進でしょうか…
おそらくこのお寺、出来てからそれほど経っていないんでしょう…
塗装も真新しいです。
ちょっと体のバランスが悪いのは御愛嬌。


その後ろには、こんな風に仏陀が一般ピープルにお説教している場面が2つ続けて並んでいます。
というか、どうも土台は僧房になっているようです。
いや、僧房の上に作ったというのが正しいのでしょうか…


奥の方にもどんどん続いているようですね。


ああ、何か見えてきましたよ。


ということで、涅槃像さまです。
こんなんでも30m近くあります。


その奥には、おそらくこのお寺最大の山場?であろう、サウザンドプリースト(そんな名前ついてませんけど)の群れ。
仏陀を中心に、GoogleMapから推測すると40m四方の広大な場所にぎっしりとお坊さんたちが並んでいます。


この写真をみると、お坊さんと仏陀と同じぐらいに見えます?が…


実際は仏陀結構大きかったりします。
(わかんないかな?)


しかし、このお坊さんたちの表情も個性がありますね~


となりには、ナーガを背負ったタイプも鎮座しています。
さっきのより、こっちの方が多少大きいでしょうか…


その周りには、象やら…


兵隊の列(というには3人しかいないけど)やら…


ヤックやら…
(ってこんなんでも何mもあるんですよ~)
いっぱいあります。


本堂近くの木陰には、こんな感じでぽつぽつと仏教の説話に出てきそうな場面が再現されています。


ちょっと間延びした御尊顔をなさっていますが、弥勒様なんでしょうね。


本堂は閉まっているので、さらに境内の奥に進みましょう。
奥は更なる天国ゾーンになっているようで、あっちを向いても、こっちを向いてもこんなようなコンクリ像ばかりです。


こうやって眺めても、イヤでも目につきますね。
しかも半分ぐらいはこんな感じに土台があって、やっぱりその土台は僧房になっているっぽいです。


こんな感じに僧房タイプでないのもありますけど。

剥けてる!!


なんだかんだいって、タイ人参拝客?も結構来ています。
日本人はさすがに…ですが、おそらく近くのリゾートからであろう、白人の団体様(5、6人ですけど)もいました。


…どこまで行っても、同じ景色、同じ場面ばっかりで、ちょっと飽きてきましたね。


ほら、ほとんどは仏陀を取り囲んでお祈りしているところばかり…


あ、これは天上天下の場面ですね。


この木イミテーション??
少なくとも手前の葉っぱは…
意外に溶け込んで分かりにくいですね。
うまく作ってあるものですね。


Feb./'10
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
天国ばかりで途中飽きてきてしまうのが玉に瑕ですが、間違いなく東部地方で指折りのお寺でしょう。
規模もなかなかですし、涅槃仏やお坊さんの団体さんなど、他の見所も結構あります。
これで地獄があれば完璧?だったんですけどね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
12° 30'36.96" N
102°09'56.77" E


View 変スポ in a larger map

4 件のコメント:

Cougue さんのコメント...

マレーンポー様。こんばんは。
毎度のアドバイスご感謝致します。

当珍寺にも興味が注がれたので、何気なく「วัดซากใหญ่」でググったら
当珍寺の所在地はチャンタブリー市街から北西部に位置するアンプーNa Yai Amとでてきました。
しかし当ページのGoogleMapだとムアン・チャンタブリーから程近いアンプーLaem Singになっています。

当珍寺の本当のアンプーはNa Yai Am or Laem Singどちらが正しいのでしょうか?

アンプーNa Yai Amにある方は全く同一名称の別寺なのか?
それともLaem Singから寺ごと全て移転してきたのか?全くの謎です!

Laem Singだとチャンタブリー市街から近いので簡単に訪れる事が出来そうですが・・

マレーンポー さんのコメント...

Cougue様
こんばんは。
少なくとも、このブログの地図の位置に同名のお寺があるのは間違いないです。
基本的に通った道は大体覚えているので、全然違う場所を勘違いすることはないからです。
北西のところを、ストリートビューで見たり、サテライトビューで見ても、お寺らしきものが見当たらないですし、どこかの誰かが間違えて設定してしまったのではないでしょうか?
Google情報たまに間違ってますしね。

Cougue さんのコメント...

マレーンポー様
こんばんは。

やはり当ブログの地図の位置が正しかったのですね。
ムアン・チャンタブリーからそれ程遠くないのでモタサイをチャーターして簡単に行けそうなので安心しました(笑)

しかし間違えて設定した方には早く間違えに気付いて欲しいものです・・・

当ブログの画像やYoutubeを見る限りだと当珍寺は相当珍寺指数が高そうなので、何が何でも行ってみたい珍寺の1つです。

恐らく今年中に行く事になりそうです。

マレーンポー さんのコメント...

Cougue様
こんばんは。
実際サテライトビューで見ると、はっきりサウザンドプリーストも見えますし、間違いないですよ。
街からも結構近いですし、実際私もこのときは市場でモタサイチャーターして行きましたよ。
頑張って制覇してきてください。