ということで、記念すべき?800回目は、チェンダオの地獄寺です。
ご堪能ください。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

29.4.10

Wat Phra Phutthabat Khao Kradong / Buriram

再訪

スリンに行く途中に、近くを通ったので、せっかくなんでよってみました。
そういえば、先回はこっちの入り口くぐらなかったな~


山頂に登る途中にこんなんがあるんですけど、どうもこれが火口らしいですね。
もちろんここも、パノムルンとかも、もう死火山なんだと思いますがね。


たしかに下りの道沿いには、こんな火山アピールのサーラー(東屋)、もあったりします。
…補足説明しておくと、屋根の上が火山の形しているらしいです。



サーラーの奥には、こんな池があったりしますが…
まあ、こんななにもないところ誰も来ないよね。




Apr./'12

以下過去の記事


ブリラム中心街からちょっとだけ南に向かったところの小高い山の上に、仏陀が鎮座しています。
ここはブリラムの名刹(多分)の、ワットプラプッタバートカオクラドーン(วัดพระพุทธบาทเขากระโดง)があります。
…うわ~っ長い階段が見えてきました…


こんなのムリっちゃ!
登れるわけありません。


ということで、迂回路でサバイサバイで頂上へ。
でも、とりあえず階段を登った気分で階段の上から再開しましょう。
ええ、本当に絶景ですね。
苦労して登ってきた甲斐があるってもんですよ。


階段のすぐ先にはこんな物があります。
ラテライトのレンガが微妙に積まれています。
その先に例の仏陀様がちら見えしています。


裏から見てみましょう。
基本的な見た目は変わりませんが、かんばんに”プラサートヒンカオクラドーン(ปราสาทหินเขากระโดง)”と書かれていますね。
どうも一応クメール遺跡っぽいです。
(一応タイ語で検索したらそれっぽそうなサイトとか出てきたし…でも確証はありません)


ということで、メインの仏陀様。
10mちょいってところでしょうか…
なんとも特色のなさそうな御尊顔ですね。


一応寄ってみましょう。
こんな感じです。
ところで、彼が見ている景色はどんなんなんでしょうかね~


ということで、これが彼の正面から、ブリラム市街の方(多分)を見た景色です。
何にもありませんね。


Feb./'10
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
大仏様はまあ、ふつうですね。
クメール遺跡?も、まあ微妙ですね。
あと、あとで知ったんですけど、ここ昔火山(今死火山です)で、火口があったりするようです。
(おそらく車での登頂ルートの真ん中にあった広場みたいなヤツでしょう)
それらに共感が持てれば十分楽しめますが、見ての通り単品で見るとちょっと物足りないでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 56'26.44" N
103°05'37.49" E



View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

本堂や仏像等もいいですが、上から3枚目の寺から石段(村)を見下ろした何気ない風景も好きです。
イサーンだけに限りませんが、点在する村を見渡し、意外と農地が少ない~、行きたいな!等と思ってます。

5月の後半 大阪で我業界の研修会があり 誘われました。
「よし、行く!」
と大阪いくなら関空。
昨日タイ行きのチケット確保。(笑)

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
返信遅くなって申し訳ありませんでした。
年を取ると体が言うことを聞かず…
(まだ30代ですけど)
泊まりで温泉旅行に行ってました。
私も高いところ大好きです。
山の上にお寺があるとつい登って、つい下界を見下ろしたくなります。
今回もチェンマイとランプンで山の上から見下ろしてきましたよ。
もちろん何にもない!