今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

6.4.10

Wat Chaiya Phum Phithak / Chaiya Phum

400スポット記念ということで次も地獄行っちゃいますよ~

お次は場所を変えチャイヤプームへ。
(今回県内ここしか行ってないんで、まさにここのためだけに行ってきた感じです)
チャイヤプーム市街から、北に向かい、何もない田舎を疾走し、峠道を攻め?(本当に峠道なんですよ~)、ちょうど峠の鉄板を超えた辺りのすごく辺鄙なところに、このワットチャイヤプームピタック(วัดชัยภูมิพิทักษ์)というお寺があります。
入り口はいたって普通の山寺ですね。
ともかく入ってみましょう。


とりあえず最初に目につく…というか、一番目立っているのがこの仏塔。
手前の作業者が何やってるかと思って覗いたら、飯食ってました。
ともかく現在修繕か作成か知りませんが工事しているようです。


内部はこんな感じで、特に語ることもありません。
なんせ目的はこんな物(失礼)ではないのですから。


ということで外に出て周りを散策すると、ところどころに怪しげなコンクリ像が立っていることに気付きます。


あ!ありましたよ!
なんか知りませんが、柵の中に囲われちゃってるようで入り口が見当たりません。


柵の端っこが外れていたのでここから侵入することにしましょう。
入るにはどうしても、この屍を乗り越えていかなくてはならないようですけど。


内部はもう、グッチャングッチャンの地獄の林状態で、足の踏み入る隙もありません。
(なんせ元々人が入ることを想定していないようなんで…多分)


地獄鍋でしょうか…
さすがにみんなのぼせちゃっているみたいですね。
横の腹芸男は…これも独特の光を放っています。


上を見上げると、いました巨大ピー。
片側はかなり派手な色彩をしていますね…さすが女性。


う~酔っ払うとこうなっちゃうんでしょうか…
でもビール飲むのやめませんけど。


これは亡者たちが仏陀に救済されているところでしょうか…


やっぱりあります万力地獄。
とにかくコンクリ像がいっぱいありすぎて、単独で写真撮れません…


ノコギリ地獄~
やはりお約束のところはしっかり抑えているようです。


で、分かりにくいですが地獄ツリー。
というか、土台がカーラ君になっています。
珍しいですね、こんな構図。


ああ、逃げ出したワニを捕まえたところのようですね。


地獄の上は、どうも本堂?(結界石あるし)のようです。
不思議な組み合わせですね。


上は手前のお堂、真ん中の本堂?(閉まってるけど)、奥の涅槃仏、という三段構えのようです。
手前の部分は普通かと思いきや…


壁にはこんな目玉の親爺や…


現代という地獄を表しているのでしょうか…
なかなか悲壮感漂うすごい絵です。


さて、本堂は開いていないんでぶっ飛ばして、奥の涅槃仏クンです。
とはいっても、ここまでのすさまじい光景を目の当たりにした後では、もう何も感じることが出来ません…


ということで、もう少し地獄の余韻を楽しみましょう。
上から地獄を眺めてみたところです。
こんな感じでぎっちりです。


別角度から…
先ほど地獄に侵入したのは、この写真のちょうど一番奥の角の部分…
まさに一番密集している場所だったんですね~


ということで、地獄は堪能したんで、さらに上に進んでみましょう。
?なんかドラゴンの尻尾が見えてきましたよ。


2尾のドラゴンの頭の真ん中が、展望台になっているようです。
行って見ましょう。


って、行き止まりだ。
正確にはさっきの展望台の下ですけど。
ちなみに中は何もありませんでした。


ということで、逆側からせめて見ましょう。
どうもこの尻尾の奥が展望台のようです。


ということで、展望台?に到着。
ちっとも景色よくないですし、ドラゴンの頭近すぎて全体写すこと出来ないし…
何気に中央の石はカメだったりします。


ちなみにドラゴン展望台の横には、仏陀展望台もあります。
このお寺で一番有名(じゃないかな~寺の名前タイ語で検索すると一番たくさんこの写真がHitするし)と思われる立仏です。
とはいえ数mの小さなものです。
その何でも見通すような眼差しが見つめる物は…


おお、さすがに絶景ですね。
(ちなみに北向きです)
仏陀様には最高の景色を…ってところでしょうか?
ちなみに本当のビューポイントはもう少し下の緑のかんばんのところなんですけど、小坊主さんがサボってました…


Feb./'10
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
いや~んなぐらい山頂にありますけど、行くだけの価値はあると思います…地獄が好きなら。
チャイヤプームの市街地から3~40kmぐらいなのも、比較的気軽に行ける…ような気にさせるわなだったりします。
実際は、おそらくバスどころかソンテオすらまともに走っていなさそうです。
近くて遠いとはまさにこのことでしょう。
ただ、すぐ側…手前が国立自然公園(何があるかは知りません)にあるので、なんらか公共交通機関はあるかも知れません。
地獄はすばらしいです。
が、逆に地獄以外はちょっとしょぼ目ですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
16° 00'16.15" N
101°53'31.89" E



View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

チャイヤプーム県に行ったことにはなりませんが、今年の一月初めて201号線を長距離バス(ルーイ県→バンコク)で走りました。

将来 車を買ったら運転して色々走ってみたいですね。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
私はとうとうサコンナコンに行ってまいりましたよ。
例のワットプータムプラも行って来ましたし、予想通り?地獄もありましたよ。
でも、チャンミン側から行ったら、山越え&ダートで大変でした。
距離も50kmぐらいありましたし。