ノンブアウドン旅行編、全13か所の予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.12.10

Royal Chumphon (Rua sop chumphon) / Chumphon

さて、チュンポンといえばサイリービーチ…らしいです。
ってぐらい、チュンポン的にはメジャーな海水浴スポットらしいんです。
そういうだけあって、ここのビーチから、近場の島に、シュノーケリングツアーとかも出ているみたいなんですけど、なんせカオラックで腐るほどシュノーケリングしてきたんで、もうたくさん…
って感じです。
もちろんこんなビーチで泳ぐ気もしませんし(泳いでいる人もいませんしね)…



ということで、こちら…
ルアソップチュンポン(เรือรบชุมพร)です。
戦艦なのか、巡洋艦なのか、はたまた魚雷艦なのかよく知りませんが、記念として整備されています。



後ろ側から…
お尻にも誇らしげに”チュンポン”の文字の入ったプレートがついていますね。



さすがに朝早いのか、誰もいません。
一応こんな感じに上がることができます。
でも、船内には入れないようですね…残念。

   

こちらが船首側。
一応主砲でしょうか…



こっちは船尾側ですが…
同じに見えますね。



魚雷も展示されています。
まあ、さすがに信管とか火薬とか抜いてある…と信じたいです。



これは、ミサイル発射口でしょうか…
めちゃくちゃ古い船ってわけでもないんですね。



あ、機銃発見。



ちなみに、これがサイリービーチのメインロードです。
さすがに朝なんで閑散としていますが、この辺の道沿いのお店の一部で、シュノーケリングツアー扱っているみたいです。
一応張り紙とかあったし。



Apr./'10
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
先に言っておきます。
ちょっと失敗しました。
どうもここの上に、船の形のお寺もあったみたいですね。
時間的余裕も無かったんで、そこまで探検しなかったんですけど…
話をもどして、船自体は、まあこんなものでしょう。
特に船内に入れない以外は制約も無いですし、まあまあ面白いです。
サイリービーチ自体は…あまりきれいじゃなさそうなんで、ここで泳ぐことは無いですが、シュノーケリングツアーの出発口としては役に立ちそうです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  10° 23'54.78" N
  99°16'44.97" E


View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

もし、この県のこの辺を通ったら寄ってみます。
なんせ南へは、プーケットで乗り継ぎ以外は、フアヒンと貴Blogで紹介してあるワットフアイモンコンまでですから。
車を買ってドライブしたい!!

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
私もですよ。
南方面に行くときは、つい海を優先してしまうので、ちっとも開拓できていません。
このチュンポン訪問も、パンガーの海のついでというか寄り道というか…
ぶっちゃけ次のスポットに行きたいが為に寄り道したようなものですからね。