ということで、今回よりクラビ編に入りました。
貝の墓場を含めて、全部で9スポットの予定をしていますので、適当にお付き合いください。


解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

14.9.14

Wat Phra Borommathat & Muang Kao Thung Yang / Uttaradit

さて、ウッタラディット市街を通り過ぎ、中心から3kmほど西に向かった幹線道路沿いに、結構有名らしいお寺があります。
お寺の名前はワットプラボロムマタート(วัดพระบรมธาตุ)というようですね。



さっそくの本堂ですが、こんな感じで北部タイを思わせる趣です。
(まあ、北タイですけど)
ちょっと遅い時間なんですけど、まだまだタイ人参拝客でにぎわっているようですね。



本堂の壁面には、こんな感じのレリーフが施されていて、なかなか見ごたえがありますね。



で、ここが本堂入口です。
入口自体は、結構質素ですね。
すでに中身がチラ見えしていますが…
とりあえず入って見ましょう。



内部はこんな感じです。
柱とか壁面とか、結構装飾が剥げてしまっているのが残念?ですが、それだけに御本尊のどぎついゴールドが一際目立っています。



御本尊のアップです。
ちょっと変わった顔の形をしていますが…
なんかロボットみたいです。
丸みがあまり感じられないのが原因ですかね。



一応壁面には、こんな感じでなかなか古そうな壁画もあったりします。



で、境内の奥にはこんな感じの、仏陀入滅のシーンを再現したジオラマ?があります。



規模は大したことありませんが、やはりこれだけ弟子が取り囲んでいると、見事ですね。



周りには、他にも微妙なサイズの大仏なども配置されています。



で、順番が逆になってしまいましたが、本堂裏にはお約束の仏塔がそびえ建っています。
まあ、規模も面白さも大したことないんで、説明も難しいですね。




なんかハート形の池がありますが…
ところで、そもそもこのお寺には、古代都市遺跡があると聞いてやってきたんですけど、どこにも見当たりませんね。



と、外に出たところに、不自然な穴がありますね。



なになに?
ムアンカオトゥンヤン(เมืองเก่าทุ่งยั้ง)…
これが古代都市の跡ってことでしょうかね?



たしかに、そういわれてみると、人工的な穴に見えなくもありませんが…



古代の堀の跡…
ぐらいしか思いつきませんね。
(本当は何かということは、特に調べていませんのであしからず)



Dec./'12
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ぶっちゃけ、本堂はそれなりです。
入滅ジオラマは、写真では面白そうですが、規模が小さいので、思ったよりも見ごたえありません。
で、本命?の古代都市があんなんなので、まあ評価もこんなものでしょう。
唯一の救いは、街の中心から近いところなんで、まあ近くに寄ったら、覗いてみるのもいいかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 17°36'00.32" N
100°03'19.24" E


より大きな地図で 変スポ を表示

0 件のコメント: