マイマップの仕様が変わり、それぞれの記事に地図を貼る方法が分からないまま2年…
ようやく、貼り付け方わかりましたので、過去にさかのぼって、地図貼り直しました。
これで、少しは場所が分かりやすくなりましたかね?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.4.16

Wat Muang Mai / Samut Songkhram

ワットバーンケーノーイから、支流のクウェーオム川を…
ざっと1.5kmぐらいですかね、さかのぼったところに、地元民にもあまり愛されていなさそうなお寺、ワットムアンマイ(วัดเหมืองใหม่)というお寺があります。


ほとんど参拝客もいない、この境内には、こんな感じにぽつぽつとコンクリ像が並んでいます。


こちらはシンハが左右を守っていますが…
まあ、大したものはなさそうです。


その先には、こんな感じに仏塔もありますが…
本堂とかと一体ではなく、独立して立っているんですね。


仏塔の後ろ側には、このようなウィハーンが建っています。
パッと見、比較的新しそうな作りですね。
それより手前の土手…
仏塔か何かの残骸でしょうか。


ウィハーン内部です。
外の見た目と同様、比較的新しめの、鮮やかな内装です。
ど真ん中の仏足石、邪魔ですね~


こちらがご本尊様。
まあ、小ぶりですし…
もしかして、金箔ベタベタのお方がご本尊様でしょうか。
…と、話をそらしている場合ではありませんね。


周りの壁には、すべてではないですが、このように地獄絵図が展開されています。
こちらは閻魔様に裁かれた人が地獄鍋に直行?の図のようです。
確かに”移動のムダ”を省いた、理にかなった配置ですが…


こちらは地獄ツリー…
と、その周りで逃げまどいながら、グサグサと刺しまくられる罪人が…


こちらでは、命乞いする罪人を横目に、のこぎりで切り刻み、逆さ地獄に…
と、一つの絵に、複数の地獄の様子が詰め込まれています。


あ、ここはただの地獄ツリーだけだった…
でも、犬も執行人も、あまり執拗に罪人を追い立てていないですね。


こちらも、畜生界に落ちた罪人が救いを求めて懺悔…
じゃなくて命乞いしている図ですね。
でも、どこのシーンにも登場するこのおかた、どこでも見た感じ救いの手を差し出していないですよね。


ああ…
これはまた、罪人を捌いて、つるして、地獄鍋にぶち込む、所謂調理の図ですね。
犬が小さくて、餌を待っておとなしくしているのが、かわいらしいですね。


こっちも絵は違いますが、内容は同じような感じです。


ということで、地獄絵はこちらの壁一面のみのようすね。
他の壁は、とりあえず下段は、基本的に仏教の挿話っぽいです。


で、上段…
地獄の反対側は、全部かどうかわかりませんが、ジャータカっぽいですね。


実は、他にもウィハーンはあるんですが…


中身は普通だったり…


なんか、古そうで歴史がありそうで…
おそらく本堂なんでしょうけど、壁の中にすら入ることが出来ないんです。
残念。


Jan./'14
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ということで、とにかくほぼ地獄絵だけしか、特筆するもののないお寺です。
まあ、絵だけで言えば、なかなか枚数も多いのですが、これだけのために来るには、ちょっと…
すごく弱いアピールポイントです。
ちょっと行きにくく、かつ分かりにくいのもマイナスポイントでしょうか…

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°26'29.04" N
 99°55'43.23" E



0 件のコメント: