ノンブアウドン旅行編、全13か所の予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

16.6.16

Wat Chalo / Bangkok

バンコク南部線から2km弱ほど北に向かったところに、ワットチャロー(วัดชลอ)というお寺があります。
すでに夕方4時ごろなんで、逆光っぽいんですが…
頑張っていきましょう。


このお寺唯一無二の目玉が、こちらの船の形の本堂です。
写真が黒っぽいのは、先に言い訳しておいた理由のせいです。
これ以上下がれないのですが、フレームに収まり切りません。
もちろんデカいのもありますがね。


ということで、無理やりパノラマで撮ってみました。
でも、うまく撮れなかったようで、ところどころ写真にずれが生じちゃってます。


船の脇には、ナーガ君を作っているようです。


で、どうもこの橋を越えたところ…
船の胴の部分にある扉が入口みたいですね。


内部…船底部分はこんな感じでがらんとしちゃってます。
言い換えると、”なにもありません”。


でも、甲板に上がる階段はあるようです。
とりあえず登ってみましょう。


ということで、目に入ってくるのは、先ほどの船首部分のようです。
後ろから見ると、なんかイメージ違いますね。


で、後ろを振り向くと先ほど船の上にあった本堂が現れます。


内部は…
さすがに船の上ともなれば、規模が小さくなってしまうのは、やむを得ないところでしょうか。
ただ、内装自体もかなり質素なようです。


ご本尊様のUP。
手前の金色のがご本尊様で、後ろは影の仏陀?
どちらがご本尊様かよくわかりませんね。


ちなみに境内は、こんなのぐらいしかありませんでした。


Jan./'14
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
こちらも、バス、汽車などで近くまで来ることができるため、比較的バンコクから行きやすいところにあるといえます。
ただね~、これだけのために来るのはちょっと考えものですね。
まあ、暇な休日に、ふと思い立って近場のデイトリップするとか、そういったときには、周りの下町感なんかも楽しみながら来れるので、ありかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°48'21.64" N
100°28'35.71" E



1 件のコメント:

Cougue さんのコメント...

マレーンポー様。こんばんは。お久し振りです。

この寺の船の形の本堂が
カンチャナブリ県の地獄寺、Wat Sra Long Rua(訪問済み)
の船の形と少し似ていますね。

そしてこの寺の所在地をググッてみたらバンコク都ではなく、
ノンタブリー県バーンクルアイ郡となっていました。

もし本当に所在地がノンタブリー県ならば、
当ブログ初のノンタブリー県のスポットになりますね!