マイマップの仕様が変わり、それぞれの記事に地図を貼る方法が分からないまま2年…
ようやく、貼り付け方わかりましたので、過去にさかのぼって、地図貼り直しました。
これで、少しは場所が分かりやすくなりましたかね?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

14.12.16

Wat Chom Photyaram / Chachoengsao

チャチェンサオで一番有名なお寺、ワットソートンのほど近く…
直線距離でおよそ1km程度のところに、ワットチョムポートヤーラーム(วัดชมโพธยาราม)というお寺があります。



門から境内まで、結構距離あります。
実は以前より、この道を通るたびに金色の仏塔が気になっていたのですが、なかなか機会が無くて訪問できていませんでした。
今回は、わざわざ目的地の一つとして設定、やってきたわけです。



本堂は、やはり?固く閉ざされています。
まあ、目的の物ではないので、気にせず次に行きましょう。



ということで、こちらが金色の仏塔です。
つ~か、仏塔の周りは結構荒れているというか、整備されていませんね。



仏塔正面。
おそらくブッダガヤを模したと思われるこの仏塔、表面は何となく凹凸を作ってありますが、やはりちょっと小さいですかね。



基部の外壁にはちゃんとブッダも安置されています。
小さいですけど。



内部は至って普通の仏陀が安置されていて、ちょっと残念です。
本物のブッダガヤがどうなっているのか知りませんが、せっかくまねるなら、もう少しこだわってほしかったかな?



さて、仏塔の横の荒れ地をぐるっと回ると、なんかコンクリ像っぽいものが点在しています。
ちょっと覗いてみますか…



あれ?
これ、地獄の残骸ですかね?



こちらは半分立っているので、すこしだけ当時?の雰囲気が伝わってきます。



これはなんでしょうね。



こっちは、まだ健在なのでしょうか。
それとも、黄色い紐が結んであるのでそう見えるだけで、これもただの残骸なのでしょうか…
とりあえず”犬の散歩”地獄にしか見えません。



こちらもお犬様かな?



こちらの扱いはかなりひどいですね。
山積みです。



こんな感じで、昔は”地獄”だったという名残しか残っていないようです。



おやすみなさ~い。
地獄を再建する気はあまりなさそうですね、残念。
事前調査では、地獄ツリーとかもあったようですが…



境内には一応ブッダもあるよ。



一応アップ。
大したことないですけど。



Jan./'14
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
地獄が健在なら、当然評価はもっと上がるんですが、現在は残骸だけですしね~
一応当時の様子はある程度想像できますが…
なので、売りが仏塔のみという、残念な状態ですし、まあ無理してくるほどのところではありませんね。
場所的には幹線道路沿いで、ワットソートンにも近いですし、ついでに寄るのはありです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°40'31.46" N
101°02'53.25" E

0 件のコメント: