実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

1.12.07

Wat Sothon Wararam Worawihan / Chachoengsao

チャチェンサオ県の市街地の中心近くにこのワットソートンワララムウォラウィハーン(วัดโสธรวรารามวรวิหาร…多分タイ人はワットソートンと省略して言うと思いますが)というお寺があります。
ここは何でかはよく分かりませんがタイ人には超有名ですが、観光客には全く無名のお寺です。
お寺の周りは大渋滞。
それにしても結構でかい建物です。



とにかく客が多い。
しかもタイ人ばかりです。



上の写真は道路側…多分裏側からのものです。
正面に回るとこんな感じ。 人と比べるとでかさも分かるという物です。



この建物、実は大半が大理石等の石で出来ています。
これを見た後では、バンコクの大理石寺は小さく見えることでしょう。



中も人がいっぱい。
ワットプラケオとかは観光客でいっぱいですけど、こっちはタイ人でいっぱい。
すごいですね~いろんな意味で。



でも本尊(だと思う)はこんなにちょろっとしかないの…
なんででっかい仏像作らないんだ~~!
(建物の裏で、タイ人がこぞって数千バーツ単位で寄進してました…儲かってるんでしょうね)



床も全面石を使って贅沢に装飾しています。
この絵も凝っていて、全部違う色の石を埋めて削って作っているみたいです…
そのくせこのような微妙な絵なのがまたミスマッチでいいですね。



天井もこんなに高いぞ!



ここの本堂の横に、何故か同名の中華風のお寺も併設されています。



こっちも”ついでに”タンブーンするんでしょう、それなりにタイ人入っています。
でも、やっぱり主は先程の本堂で、こっちはあくまで従なんでしょうね。



ちなみにここはバンパコーン河の側に建っています。
寺の境内からは河が一望できます。
この河には”カワイルカ”がいるらしいですが、残念ながら見られませんでした。



おまけ…
駐車場にあったトイレ(♂)
どんなけ必要だっちゅ~の!
客いないし。



Jul./'07
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
本当は★4つでもいい位です。
金だけはふんだんに使われているので豪華です。
しかも比較的新しいようなので外観も綺麗。
しかもタイのほかのお寺みたいに金ぴかをそんなに全面に出していないので、比較的上品に見えます(もちろん比較として)。
まあ、バンコクからも近いですし、チャチェンサオ駅からもそんなに離れていない…と言うところもGood.

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 40'25.38" N
101°04'02.19" E


View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

謎コメンタ さんのコメント...

ここ行きました。人が一杯で、観光バスなども留っていて警官が交通整理していました。とにかく綺麗でお金が有りそうでした。庭から観光船も出ていましたよ、乗らなかったけど。

マレーンポー さんのコメント...

すごい豪華で綺麗ですよね。
そのわりに外国人の姿はほとんどなし…
勿体無いですね。